• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2013年07月23日 (火) | 編集 |
あの選挙の様子を1ヶ月以上遅れてBSで見てしまった。

◯K◯なんぞに興味はないが、知らずに貶すのも問題かと思って、一応見てみたのだ。
ひょっとしたら、一人くらいつぶ鹿好みのまともなメンバーがいるかも、という期待もあった ^^;

30位台に、まともなコメントをする人物がいて、むむっ!と思ったのだが、去年のコメントが「応援よろしくお願いします」だったのを知って、こりゃ駄目だ、という結論に至った。

この1年で成長したのだ、と言われれば返す言葉はないけれど。

興味深いのは、日経による戦前の予想でダブルスコアで1位と思われたメンバーが2位に終わった時のコメント。

「こんなに腹を抱えて笑った選挙は初めて。これから◯K◯がどんなお笑いグループになるか楽しみ」

という趣旨の発言だったが、
本当は悔しいくせに問題をすり替えているように思えた。
自分はお笑いグループのセンターに興味はない、と言わんばかりの雰囲気を感じた。

実際、このメンバーが腹を抱えて笑う場面が何度も映されていた。

30〜50位台のメンバーの中には、順位が低くてショックだったのか、思いのほかに良くて嬉しかったのか知らんが、階段を降りて来る際に腰が抜けたようにヨタヨタしたり、スタッフに支えられながら辛うじて降りる人物がいた。

2位のメンバーはこれを見て松◯明◯ばりに歯を剥き出して大笑いしていたものだ。

나쁜 여자ぶりが滲み出ているように思えるのだが、絶海の孤島といえども万が一炎上すると困るのでこれ以上は書かない。 


この選挙の光景を見て、どこかで見たような・・・と思ったのだが、宝塚の配役発表の場面と酷似していた (((( ;゜Д゜ ))))

至る所で、「何であいつが!?」という羨望と嫉妬と欲望の火種の渦巻く世界には違いない。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック