• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2013年07月02日 (火) | 編集 |
日本人を目の敵にしているあの民族、凄まじいまでの執着心は何処から来るのか考えてみた。

「あの民族」と一括りにして良いかどうかは分からんが、あの半島の歴史を考えてみると、彼らの「恨」の源流が分かって来るかも知れない。

ドラマ「朱蒙」以前の古朝鮮時代の事は良く分からないので、朱蒙が建国した高句麗以後の歴史を遡って行くと以下の変遷のようだ。

( )内はその時代を扱ったドラマ 

 高句麗、新羅、百済の前三国時代 (朱蒙、近肖古王、広開土太王)
→新羅統一時代 (海神)
→新羅、後高句麗、後百済の後三国時代 (太祖王建)
→王氏高麗統一時代 (太祖王建、千秋太后、武人時代、武神、etc)
→李氏朝鮮 (龍の涙、王と妃、大王世宗、張禧嬪、茶母、etc)
→大韓帝国 (済衆院)
→日本の統治
→韓国、北朝鮮

あの地域が一つの国家だった事は短いようで、三国時代の地図を見ると、北の高句麗、南の新羅と百済、という東西南北の対立が見てとれる。

前三国時代  
半島の三国

後三国時代
後三国

現在でも南北の対立だけでなく、旧百済の地域に住む人々は著しい差別を受けているという。
百済最後の王が、息子に幽閉された挙げ句に高麗に寝返って祖国を滅ぼしたという理由で、旧百済地方の人々は親不孝者、裏切り者の烙印を押されているらしい。

元々、高句麗は満州付近の民族が立てた国のようで、末期には自ら高麗と称していた。
新羅統一時代に高句麗を再興しようとしたのが後高句麗→高麗という流れのようだ。

李氏朝鮮は高麗の臣下のクーデターで興きた王朝なので、現在の韓国&北朝鮮のルーツは満州付近の北方民族という事になるのだろうか。

中国が高句麗は中国の一地域と称して、韓国で反発が起きているようだ。

あの民族は日本の統治ばかり問題にしているが、自分たちが独立王国だった済州島を侵略、同化した事は無かった事にするらしい。

ドラマでは唐や明に隷属するかのような場面をしばしば見るが、新羅が半島を統一する際に唐の力を借りて以来、頭が上がらなくなったようだ。

唐や明に毎年、大勢の生娘を差し出さなければならず、人々はこれを逃れる為に若くして結婚させたらしい。
従軍慰安婦どころの話ではない筈なのだが、これも無かった事になっているのだろうか。

高麗時代にはモンゴル帝国に蹂躙され、太子 (王位を継ぐ息子) を人質に取られ、王妃は代々モンゴルから送り込まれたのだが、これは恨んでいないのだろうか。
元寇の時、先陣を務めさせられて多大な犠牲を出した兵士は高麗軍だったらしいが、これも不問か。

モンゴル帝国も唐も明も今は存在しないので、「恨」の矛先は日本だけ、と言い張るつもりか。


高麗から朝鮮王朝にかけて、奴隷のような奴婢や白丁という階層があったわけだが、元々は戦に負けた側の人々だったらしい。(詳細は知らない)
男なら殺し、女なら奴婢にする、という場面をドラマで見るが、「女なら奴婢にして」どうするかは決まっている。

奴婢は金で売買され、奴婢の子孫は奴婢、という奴隷制度を確立していた。
そういう民族に従軍慰安婦云々と言われたくない。

日本の統治によって奴婢制度が完全に無くなったようだが、奴婢を保有していた連中は当然日本憎し、なのだろう。

現在、南米でスペイン語やポルトガル語が話され、アフリカの一部や南太平洋の島国でフランス語が用いられている。
多くの列強が他の地に進出したのは、時代を考えれば当然の事で、日本でなければロシアや他国に踏みにじられたのではないか。

考えてみれば、気の毒な民族だ。
同じ民族を東西南北に分断させると、極めて仲の悪い国家?になるのだろうが、それも日本の所為にするつもりだろう。

たとえ南北統一されたとしても、旧北朝鮮の人々は激しく差別されるに違いないし、旧百済差別も加えて、新たな三国時代の幕開けにもなりかねない?
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック