• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2013年06月24日 (月) | 編集 |
富士山が世界遺産に決定して関連銘柄の株価は急騰したのだが、一部では大量虐殺も起きている。

これは富士急の過去5日の株価チャートだが、1150円前後だった株価が世界遺産期待で1200円前後に上がり、世界遺産決定してからの初取引の今日は凍死家の阿鼻叫喚が・・・

富士急


またしても大手機関投資家による個人投資家へのハメ込みだろうか?

 「大人」が材料が出て株価が上がりそうな銘柄を大量に買う
 →株価急騰
 →乗り遅れまいとする投資家殺到
 →株価更に上がる
 →そこで「大人」がどっと売りを出す
 →株価急落
 →買ってしまった投資家、青くなって投げる
 →株価更に下がる
 →売りが売りを呼び、株価更に下がる
 →阿鼻叫喚 投資家が凍死家になる

というのがこの手のハメ込みのパターンなのだが、今日は買い気配で始まって始値の09:06の1289円が高値で、あとは下がる一方。

終値は前日比 ↓10.76%の1070円。
5/1にストップ高の1065円だったので、この辺が適正株価だったのかも知れない。


株の世界では「噂で買って事実で売れ」というが、まさにその通りになってしまった。

今日、富士急を買った皆さん、御愁傷様・・・

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック