• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2013年03月26日 (火) | 編集 |
携帯初心者やライトユーザーにはSoftBankのガラケーを使っている人が多いようだ。

つぶ鹿の知り合いにも少なからずSoftBank携帯ユーザーがいるのだが、彼らの多くはSoftBankの罠にはまっていると思われる。

こういった方々にTELしても、留守電センターに繋がれてしまう事がしばしばある。
かけた方は通話料が発生し、受ける筈の側は留守メッセージを聞くのに料金が発生するから始末が悪い。

http://mb.softbank.jp/mb/service/3g/call/option/ によると
「留守番電話(無料)」とあるので、料金は発生しないかと思いきや、月額利用料が無料なだけで、上に小さく ①④①⑥(有料)とあり、更に下の方に「国内で伝言を聞く際や各種設定を行う際は、ソフトバンク携帯電話へかけた場合の通話料がかかります。」と記載されている。

ホワイトプランなら無料、というわけでもなく、ホワイトプランの注意事項に「各種特番サービス(1406/1416/*や♯で始まる番号)への通話は、時間帯に関係なく21円/30秒がかかります」となっている。

このページ、(意図的に?)実にわかりにくく書かれており、無料と思っている人も多いのではないか。
30秒の留守メッセージを聞くのに21円也、というのはかなり割の良い商売のように見える。

端末の簡易留守録音機能を使えばこのような料金は発生しないのだが、初期設定で簡易留守録音の応答時間よりも留守電センターの応答時間が短くなっているので、留守電センターに飛ばされてしまう。 ( ̄◇ ̄;)

何度かけても留守電センターに繋がる方がいたので、端末の設定を見せて貰ったら、応答時間がコール数回で留守電になるように設定されていた。御本人は何も設定していないと言うので、これが初期設定らしい。
勿論、つぶ鹿が応答時間を長く変更した。

メールにも罠があって、SoftBankのメールは最初に50文字程度の先行受信メール(無料)が来て、その後必要に応じて全文受信するのだが、初期設定では全文自動受信になっているようだ。(全ての端末かどうかは知らん)

続きを受信


短い文章なら無料の先行受信で済んでしまうし、読む必要がなければ残りを受信しなければパケット代が発生せず、何かと便利だ。
全文自動受信したメールにデータの大きい画像なんぞ添付されていたら、数百円のパケット代がかかってしまう。

パケット定額、メール定額など利用しない初心者は注意が必要だ。

つぶ鹿は、パソコンのアドレスに来るメールをSoftBankに転送しているので、パソコンを開かなくてもどんなメールが来たか分かるし、ウィルスらしいメールが来てもパソコンで受信せずに削除出来るので、セキュリティ上も有効なのだ。

他にもGPSの位置情報罠というものがあるのだが、つぶ鹿の端末にはGPSがついていないので、ここでは触れない。

いずれにしても、SoftBank携帯は至る所に仕掛けられた罠を見抜けないと、支払がどんどん増えるようになっているのだぞ。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック