• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2013年02月25日 (月) | 編集 |
歯に穴が空くのは圧倒的に歯と歯の間の見えない所が多い。
一目見て分かるような物はかなりの大穴で、樹脂を充填してハイ終わり、にはならないと考えるべきだ。

つぶ鹿の症例で分かり易いものを御紹介したい。

前歯篇

上の前歯のX線写真。
歯間部にキノコ型の陰影が見えるが、これが悪い部分だ。

1┴1X-ray

肉眼的には少し黒っぽいだけで、穴があるようには見えない。

1┴1術前

開けてみたところ。
キノコ雲のような形で内部に浸潤しているのが分かる。

1┴1術中

充填終了。
どこを治療したか分からないくらいだ。

1┴1術後


奥歯篇

X線写真上では歯間部に幾つか陰影が見える。

臼歯の咬翼法

口の中を見ると、歯間部が黒っぽい。

└456 術前

少し開けたら、この通り。

└456 術中01

概ね悪い所を取って行くと、これだけの穴になってしまう。

└456 術中02

樹脂で充填。どこが充填部か定かではない。

└456 術後

素人目には一見綺麗で、いい治療のように見えるのだが・・・奥歯に関しては決して良い治療ではないのだぞ


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック