• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2013年02月22日 (金) | 編集 |
つぶ鹿が中学の時に放送されていた米ドラマ、Star Trek(宇宙大作戦)は面白い作品だった。
オープニングの「人類初の試みとして、5年間の調査飛行に旅立った宇宙船エンタープライズ号の脅威に満ちた物語〜」に胸がわくわくしたものだ。

エンタープライズが未踏の宇宙で出会う超常現象や超能力を持った宇宙人に対して、知恵と勇気で立ち向かっていくストーリーは、ヒューマニズムにも富んでいて、まさしくアメリカ人のフロンティア精神の現れだった。



TVシリーズが終了して12年後に映画版が登場し、Part6まで作られたが、さすがに主人公はじめレギュラー登場人物が60歳になると無理が生じ、新メンバーによる別シリーズにとって替わられた。

The Next Generation


Deep Space 9


Voyager


Enterprise


しかし、つぶ鹿には次々と登場する新シリーズは面白くも何ともなかった。
ストーリーもつまらないが、俳優が煮ても焼いても食えないような人間味に欠ける連中ばかりだ。
あちらにもゆとり世代があるのか?

オリジナルシリーズは面白いけれど、45年前の作品のSFXは今見ると余りにも時代遅れである事も確かだった。
オリジナルを忠実にリメイクしたら面白いと思うのだが、鉄腕アトムもDr.スランプもリメイクは見られたものではなかった事を思うと、期待する方が無理だと諦めていた。

そんな時、Youtubeで発見したのがこれ ↓

Star Trek New Voyages


初めはオリジナルのリメイクだと思っていたら、そうではなく続編で、しかもアマチュアの制作だというから驚く。
オリジナルのエンタープライズの船内を見事に再現して、メカの効果音も全く同じなのである。俳優もオリジナルからのゲスト以外はアマチュアのボランティアという。

素人の演技といえども、新シリーズの俳優と何ら遜色ないレベルに達しているように思える。
オリジナルの俳優のような味を求めるのは無理というものだろう。
古き良き60年代を彷彿させるストーリーも良いが、アマチュア故、作品数が少ないのが誠に惜しい。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック