• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2012年12月19日 (水) | 編集 |
李明博の天皇陛下侮辱発言以来、韓ドラは一切見なかったのだが、これは見ている。もう4回目?の放送だが、見る度に新しい発見があったりするのだ。



鬱陶しかった九尾狐が姿を消した時、男主人公が「ネドソ・・・ネドソ・・」と呟いていたが、NORAZOの項で紹介した、(ネドソと読む→)내.도.소(僕の逃げた彼女を紹介します)のパクリらしい、と気付いた。

同じ脚本家 (ホン姉妹) の作品で、つぶ鹿が韓ドラのベスト3に挙げている「ファンタスティック・カップル」や、チャン・グンソクのアバター顔が気色悪い「イケメンですね」を知っていると、至る所で楽屋落ちがあって面白い。恋敵の女の嫌なキャラが、これら2作品とかぶり過ぎなのが気になるが・・・

他に似ている何かがある、と思ったら、高橋留美子の「うる星やつら」だと気付いた www

因に、つぶ鹿の韓ドラのベスト3とは以下なのだ。
 王と妃
 ファンタスティック・カップル
 バリでの出来事

ところで、韓ドラは1話60〜70分なのだが、民放の1時間ドラマは実質45分程だから、15〜25分もカットされているのだ!
1/4以上もカットされているものを見て、韓ドラファンだという方々がいるが、どうかと思うぞ。

「僕の彼女は九尾狐」も最終回で九尾狐が消滅した後の男主人公の喪失感がばっさりカットされていた。

つぶ鹿は ↓ で韓ドラのノーカット版を見ている。
http://www.tudou.com/cate/ach30a1000005b-2c-2d-2e-2f-2g-2h-2i-2j-2k-2l-2m-2n-2o-2so1pe-2pa1.html



僕の彼女は九尾狐<クミホ>  DVD-BOX1 [DVD]僕の彼女は九尾狐<クミホ>  DVD-BOX1 [DVD]
(2011/03/25)
イ・スンギ、シン・ミナ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック