• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2012年12月13日 (木) | 編集 |
あのCMを見て、Win8を入れればパソコンの液晶がタッチスクリーンになると思い込んでいる人が多いらしい。
家電量販店のPCコーナーで液晶をこすって、動かん!動かん!と騒いでいるオッサン続出、という事か。 (´・ω・`)ショボーン

しかし、そう思われても仕方の無いCMだと思うのだ。
かつて、Win95が発売された時、パソコンなしでWindowsだけ買ってしまった人々すらいたらしい。

あのタッチスクリーンも使い易いとは思えない。
スマフォでもタブレット端末でも、タッチスクリーンは水平〜45度くらいに寝かせて操作するのではないかね?
ノートパソコンの垂直に近い液晶でタッチ操作は使いにくいと思うのだ。

MacBook Airのマルチタッチトラックパッドは秀逸で、従来のトラックパッドの機能に加えてiPhoneやiPadのタッチスクリーン同様の操作が出来て、大変便利だ。

マウスではWinの2ボタンは使い易いと思うが、トラックパッドでは2ボタンがかなりのスペースを占領し、Winではマウス必須だった。
ノートパソコンの周囲にマウスを動かすスペースを確保するのは楽ではない。 iBook G4もトラックパッドだけで操作が出来たが、Airのマルチタッチトラックパッドを使ったら、もう元のトラックパッドには戻れない。

NECのWin 2ボタン 狭いパッド
NEC Win

iBook G4 1ボタン 広いパッド
iBook G4

MacBook Air ボタンなし 広大なパッド
MacBook Air
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック