• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2012年12月11日 (火) | 編集 |
ほぼ100%の家庭が洗面所に歯ブラシを置いていると思われる。


しかし、考えてみて御覧なさい。


使用後の歯ブラシは濡れていて、口の中の細菌がたっぷりだよ。

濡れたまま、緑膿菌だらけの湿度の高い洗面所に置いていたら、翌朝には大量の細菌が増殖している筈。


こういった歯ブラシに付着する細菌数は、便器に溜まっている水の中の細菌より多いそうだ。  Σ (゜Д゜;)


その歯ブラシを再び口の中に・・・ぞっとする話だ。


つぶ鹿は朝食後用、昼食後用、間食後用、夕食後用、就寝前用と5本の歯ブラシをコップに入れて食卓に置いてあり、日中はベランダに干している。

細菌の繁殖は最小限に抑えられていると思う。


近年では、口の中の雑菌が多いと肺炎になり易い、という事で、特に老人介護の場では肺炎を防ぐために口の中を清潔にしようとしている。


もともと、細菌性疾患にかかる原因は細菌感染を起こし易い生活習慣とか衛生観念にあるのだが、分かっていない人が多い。


歯周病はその最たるものだ。


歯周病になるような生活習慣、衛生観念を改めない限り何をやってもだめ!
と言っても、「お前の方で何とか汁!」という手合いが多い。


こういった連中はお引き取り願っていたら、誰も来ないつぶクリになったでござる。。。。

         m9(^Д^) ぷぎゃー!



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック