• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2017年05月25日 (木) | 編集 |
開かないのではないかと危惧された金庫が無事に開き、全ての預貯金通帳を手にして手続きを終えたつぶ鹿、肩の荷が下りたと一安心・・・


しかし、現実は甘くなかった  ( ̄◇ ̄;)


無いと思われていた◯△証券からの郵便が届いて、休眠口座があった事が判明した。

残高、38円!!!

     ガ ━━━━ (゜Д゜;) ━━━━ ン !!!! 
 

この38円の日本株MRF (投資信託) の為に、大変な苦労をする事になる。


なにしろ「休眠口座」だから、当然遺言書には書いていない。


遺言書、戸籍の全部事項証明書、印鑑証明、住民票etc. いろいろな書類を提示して、つぶ鹿名義の◯△証券口座を作り、そこに日本株MRF38円也を移管してから解約と言うアホのような手続きが必要だった。


やっとの事で、自分の銀行口座に38円が振り込まれたのを見て、その38円のために何百倍もの労力をつぎ込んだ空しさに目眩がした。


今度こそ終わりだろうな?


しばらく休養したい、と思っていたその時
まさかと思う二の矢が飛んで来た  Σ (゜Д゜;)


父親宛に、「期末配当のお知らせ」なる葉書が!


      (((( ;゜Д゜ ))))  ガクガクブルブル


あらかじめ、こんな事があっては堪らん
と思い、生前の父親には

まさか、「タンス株」はないじゃろうな??

と念を押してあった。



「ない!」

という言葉を信じた自分が迂闊だった。  ◯| ̄| _


郵便物を調べても、◯△証券以外の証券会社のものは見つからない。


証券口座が無いのに、配当の知らせが来る。。。


考えられるのは一つだ。


現在は紙の株券は廃止されて電子化されているのだが、電子化手続きをしていないタンス株は証券会社ではなく信託銀行の「特別口座」に入っている筈だ。


信託銀行に、心当たりの無い株の配当の知らせが来た、これは特別口座のタンス株なのか?
と、問い合わせたところ、案の定タンス株だった  ( ;´Д`)


特別口座のタンス株を相続するには、大変な手間と手続きが必要だ。

つぶ鹿は証券口座を4つ (5つだったかも知れん w) 持っているが、何れも「特定口座」の源泉徴収あり、というものだ。


「特別口座」のタンス株を移管できるのは「一般口座」で、「特定口座」に移す事は出来ない。


相続者全員が証券会社に「一般口座」を作って、そこに分配して移管しなければならないのだ。


いずれ信託銀行からタンス株相続手続きの書類が送られて来る。


これまで何もしない、何も出来ない、情報弱者のプータロー次男が証券会社の手続きをするとも思えない。


それを見て、わが心臓君が駄々をこねないと良いのだが。。。w

       ;y=ー( ゜д゜)・∵.


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック