• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2017年05月23日 (火) | 編集 |
マイカーがなくて困る事、これまではゴルフ場に行く手段だった。


ゴルフ場といっても、本コースに行ったのはこの4年で僅か3回、もっぱらショートコースだった。

家から22km程のそこへ行く手段、ママチャリで2度行ったけれど、クラブ6〜7本積んで行くのは大変だった。

ゴルフママチャリ01

ゴルフ場は行かない、という選択肢もあるのだが、もっと困ったのは遺言執行者の職務である不動産の名義変更手続きにあった。


法務局まで行くにはターミナル駅からのバスがあるのだが、何と午前中は7時05分と11時10分の2本しか無い。

        (´;ω;`) ブワッ


行ったが最後、今度は帰路のバスも12時台1本、13時台1本、14時台なしだ。

法務局の手続きが1度で終わるとは考えられないので、とてもバスで行く雰囲気ではない。




・・・というわけで、スズキの販売店に行った。


スズキなら候補はスペーシアとワゴンRの2車に絞られていた。



出迎えた前歯の可愛いM咲さんの案内でワゴンRから見る。


以前乗っていたミニカトッポやスペーシア程のトールボーイではないが、室内高は十分に感じられた。

足下やダッシュボード周辺も広々している。


スペーシアも見たが、室内高がある分上下には広いが、足下はワゴンRよりも狭く左右も狭く感じる、ダッシュボードも圧迫感があってワゴンR程の開放感は無い。


もっとも、これはスペーシアが傾斜地に停めてあった事も関係しているだろう。

左側が低く傾斜しているので、運転席右窓が迫っているように感じられたのだと思う。


スペーシアはワゴンRよりかなり高価なのだが、M咲さんはワゴンR推しのようだった。


2015年の暮れにつぶ鹿が書いた「単細胞物体との衝突」では、
父親が別の販売店に騙されてアルトの4WDを掴まされそうになった話を書いたが、M咲さんとは大違いだ。 



どこのメーカーの車種も同じなのだが、昔から欲しい装備はセットオプションになっている事が多く、欲しいものだけをつけられる事は稀だ。


つぶ鹿が欲しいものは、全方位モニターだのナビではなく、FM/AM付きCDプレーヤーだけなので、これを選べるワゴンRに決定した。


ワゴンRに決めたもう一つの理由は、アイドリングストップ機能がないのはワゴンRの最低グレードだけだ、という事もあった。


つぶ鹿はアイドリングストップ機能を嫌っている。


信号が青になる度にスターターが回るのは耳障りだし、バッテリーの負担も大きく、大容量のバッテリーが搭載されている筈だ。


バッテリー交換になった際に、大容量のバッテリーは高価で重く、交換が楽でないという事情があるのだ。



こうして車種は決まったのだが

しかし。。。。


問題は、駐車場にあった。


昔、ルノー5やアコードエアロデッキに乗っていた頃は、駐車場を次々と追い出され、最後は駐車場まで行くのに車が欲しいくらいだった。



近所の不動産屋を回っても、月極駐車場の空きは殆ど無い。


あったとしても、アパートを借りられそうなくらい高かったり、徒歩8〜10分とかの遥か彼方ばかりだ。


ミニカトッポはつぶクリの車庫に無届けw で置いていたのだが、
家から2km以内ではないし、販売店を共犯にもできない。



合法的につぶクリの車庫に保管する手はないかと思案した結果、県警に問い合わせてみた。


車庫の所有者は亡父で不動産の名義変更は済んでいないのだが、つぶ鹿の相続人代表名で保管場所の自認書を出せる事が分かった。

          \(^o^)/


というわけで、現在は納車待ち。


取説をダウンロードして読んでいるが、昨今の車は取説無しではとても運転出来そうも無いわ。

       
年寄りの証拠だろうか 。。。  m9(^Д^) ぷぎゃー!


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック