• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2017年05月09日 (火) | 編集 |
つぶ鹿は現在はマイカーを所有していない。


高校時代は自動車クラブで、ギアボックスの分解とか平気でやっていたのだが、排気ガス対策以後はわけの分からんパーツが増えて、自分で手入れをしなくなった。


最初に持った車はルノー5。

Renault5.jpg

CAR GRAPHIC の長期テストで、矢鱈と壊れるけれども魅力的なモデルと感じたので、当時の自分としては大枚はたいて購入した。


乗り心地の良さ、快適なシート、乳母車の幌のように開閉出来るサンルーフ、ステアリングのレスポンスの良さ、etc. 実に魅力的な車だった。


しかし。。。



最初に遠乗りした時に、突然のオーバーヒートに襲われた。 

       ( ;´Д`)

何と!


冷却ファンが外れていた!!


ある程度の速度で走行していれば冷えるが、渋滞するとたちまち湯気を噴く。



結局、渋滞が収まる深夜まで待って、辛うじて帰宅出来た。


その後もルノー君は壊れ続け、毎月どこか故障で入院する事になった。


それでもこのフランス車の魅力には抗し難く、壊れても壊れても乗り続けたが、修理費用が嵩み、3年後に泣く泣く手放した。



新たにやって来たのが、ホンダのアコードエアロデッキ。

エアロデッキ


これもいい車ではあったが、ルノー君のような魅力はなく、国産車の品質の良さが取り柄ではあった。


こいつの欠点は、最低地上高が妙に低く、腹を擦り易い事にあった。


ちょっとした段差を乗り越えた際にトランスミッションのケースが割れて、盛大にオイル漏れを起こして緊急入院した事があった。


その後、つぶ鹿は車に興味が無くなっていき、山一、拓銀、三洋証券の破綻に始まる経済危機もあり、ゴルフもやめてしまったので車検切れを期に手放した。



何年かは車無しの生活を続けたが、嵩物を運ぶ必要に迫られて、背の高い軽を物色して十数年落ちのミニカトッポを手に入れた。

トッポ


高級?輸入車からボロの4ナンバー軽になるとは、まさに潰れかけの鹿の象徴だった。

       ・゚・(つД`)人(´Д⊂)・゚・。


車はまともに走って、曲がれて、止まれれば良い、という単なる道具に過ぎなくなってしまった。


それでも滅多に乗らないので、車検と車検の間に燃料補給が僅か1回!という状況になってしまった。

           ( ̄◇ ̄;)


それなら不要だ、という事でこれも処分することになった。



数年間、車無しでも特に困る事はなかったのだが、突然にゴルフを再開したものだから、またしても車が必要になった。



そこで父親の車を借りる事にしたのだが、こいつは背が低くて着座位置も低く、腰痛持ちのつぶ鹿には1時間乗るのがやっとだった。



自分の車を持たねばダメだ、と思っていた矢先に父親が昇天してしまった。



車の相続にはかなり面倒な手続きが必要で、しかも4月に入ると自動車税が掛かってしまう。


結局、この車は処分して、自分の車を物色する事になった。



条件は、背の高い軽でAピラーが余り寝ていない事。


最近の車は矢鱈とAピラーが太く、更に昔の三角窓のような梁が入っているのだが、プリウスのようにAピラーが寝ていると右前方の視界に難があるからだ。



そこで目を付けたのが、スペーシアとタント。


家から徒歩で行ける距離にスズキの販売店があるので、行ってみることにした。



           Part 2 に続く  (σ・∀・)σ



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック