• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2017年04月21日 (金) | 編集 |
前回の記事で、YouTube のHans Rosbaud 指揮 SWF 交響楽団とされる演奏、つぶ鹿の疑い通りに別物の演奏だった。

この動画をアップしたドイツ人?、とんでもない野郎だわ。

マタチッチ指揮 ミラノRAI交響楽団のブルックナー 交響曲第5番のついでに買ってみたのだ。

マタチッチ Bru 5

HMVではこのCDが1962年と表記されているが、注文して届いたのは1953年のモノラル録音だった。

Rosbaud No5

多分、騙されていると知りつつ、このCDを加えないと送料378円がかかるので敢えて注文したのだ。

CD自体は825円なので、447円で買ったと思えば別に腹も立たない。

モノラル録音だが、24bit 96kHzマスタリングで音質も演奏も決して悪くはない。


では、YouTube のHans Rosbaudとされる演奏は誰のものか?


「どこかで聴いたような」演奏と書いたが、どうもPart 1で紹介したルドルフ・ケンペ指揮ミュンヘン・フィルのようなのだ。


この演奏は、YouTube からは削除されているし、CDは廃盤、レコードは2セット持ってはいるが、レコードプレーヤーを接続している装置はアンプが壊れて聴けないので確証はないが。


それにしても、1953年のモノラル録音を1962年 (当然ステレオ録音) と称して売るHMVの体質には腹が立つぜ  ヽ(`Д´)ノ  


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック