2016年11月03日 (木) | 編集 |
人生の1/3は眠っている事を考えると、如何に安眠を得るかは重大な問題だ。

この数年は低反発枕を使っていたのだが、最近は枕に頭をつけた時は良いのだが、暫くすると仰向けでいるのが辛くなる。

背中や腰が張って、同じ姿勢を採っていられなくなるのだ。

右を向いたり、左を向いたり、さまざまなポジションを試みて楽な姿勢を見つけるのに苦労する。

更にしばしば首が痛くなる。

夕方から痛み始め、寝る時には如何なる姿勢を採っても痛くて往生する。

そこで高反発枕に替えてみた。

高低反発枕

これまでの低反発枕も薄めだったが、高反発枕は更に薄く、余りの軽さに驚かされる。

頭をつけた瞬間は、恐ろしく低くてこれで大丈夫なのか?と思ったが、数秒後には一番厚くて首の当たる所が高い、と感じるようになった。


低反発枕は指で押すとなかなか凹みが戻らないが、高反発枕は一瞬にして元に戻る。

枕のポジションを決めるのに時間がかかり、なかなか寝付けなかったが、朝まで良く眠れた。

普段よりかなり眠りが深かったように思えた。

但し、目覚めは決して良いとは言えない。
熟睡から突然目覚ましで叩き起こされたような感じだ。


Amazonのユーザーレビューでも賛否両論で、人によって評価は両極端だ。

https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00GI3F9KO/ref=cm_cr_dp_see_all_summary?ie=UTF8&reviewerType=all_reviews&showViewpoints=1&sortBy=helpful


これが良いかどうかの判断は時期尚早だが、寝付きも目覚めも良く、首も腰も痛くならない枕に出会えるのだろうか?


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック