• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2012年11月28日 (水) | 編集 |
国民年金の事を書いた翌々日、保険料全額免除の通知が来た。
このまま全額免除が60才になるまで続いたとすると、年間517,800円の年金が貰える計算になる。 1ヶ月あたり43,150円という事か。

60才から繰り上げ受給も出来るのだが、この場合は30%減額なので、1ヶ月30,205円になってしまう。
貰えるうち貰った方が良いのかも知れん。
国民年金が破綻する事は無いとしても、受給開始年齢が上がる、受給額が下がる、というのは多いにありそうだ。
そもそも、65才まで生きていける自信も無い www

↓ によると、繰り上げ受給を受けた場合の「減額率」は一生変わらない、とある。

http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5539

受給額そのものが下がったら減額受給額も下がって、3万を切るのは明らかだな。 年金受給額の計算は ↓ でできる。

http://nenkin.yoyuu.com/400/ent322.html#kiso_sisan

国民年金保険料免除通知書を見ると、
免除が承認された方へ保険料の追納のお勧め、などと書かれている。
将来受け取る年金額を増額するために追納をお勧め〜、とふざけた事を記載しておる。

保険料の支払能力があれば免除にならん!と言っておきながら、あなたのためだから、追納したら?とはどういう精神構造なのかね。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック