2016年08月04日 (木) | 編集 |
昔々の高校時代にレコードで聴いていたものが、CDで入手出来るので買ってみた。

Guess Who のアルバム、Wheatfield Soul / Shere The Land / Canned Wheat が含まれた3枚組で、UKの Iron-bird というレーベルのものだ。

ジャケット

問題はディスク3の Canned Wheat にあった。

つぶ鹿はレコードプレイヤーを2台持っているが、どちらも使っていない。
自宅では置き場所がなく、仕事場ではメインアンプが壊れて使えなくなっているからだ。

更に、レコードの Canned Wheat は傷があって、針飛び (今や死語だ)してまともに聴けなかった。

そこで今回のCD購入となった訳だ。


ところが。。。。

何と11曲のうち、6曲で編集ミスがあり、前奏が前のトラックの最後に入っている、という信じがたい仕様になっていた。

最初は通して聴いて、前奏と本編の間に微妙な間があっておかしい、と思ったが、リモコンの数字キーで曲を選んだり、次トラックキーでスキップすると前奏なしで途中から始まってしまう。


完全に欠陥商品だ。

かといって、販売側 (HMV) に物言いをつけても、CD自体がそうなっているのだからどうにもなるまい。


そこで自分で編集する事にした。


CD を iTunes にAIFFファイルとして読み込み、Mac 付属の Garage Band に読み込んで、最後に入っている前奏部分をカット、本来の曲のファイルの最初に移植する事にした。

GBの波形

 ↑ 上の波形で最後に余計な波形が含まれるのが分かる。
下の拡大波形の左側が曲の最後の部分、右側が次の曲の前奏部分だ。

前奏部分をカットして本来の曲の冒頭に移植すれば良いのだが、繫ぎ目が不自然にならないようにするのには苦労した。

編集の終わったAIFFファイルを iTunes でCD-Rに焼いて出来上がり。


時間と労力を消費したが、なかなか面白い経験だった。
   
     (・∀・)!!


HMVではこのCDを欲しい物に登録している人が24人いる。

買ったら困った事になるぞ!  ヽ(`Д´)ノ 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック