• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2016年03月04日 (金) | 編集 |
前回は不本意な結果に終わったので、今回は前日に素振りと動画でフォームチェックして、万全?の体制で臨んだのだが。。。


日大前駅経由の新ルートで往路65分、復路55分だった。


1H 102Y

160304 1H

ピンは左やや手前、風はフォローだ。

9鉄で抑えて打ったが、フェイスが開いて押し出し、ピン真右のエッジに行った。
距離はぴったりだったが。。。

ピンまでやや下りを9鉄で転がし、1m + オーバーしてしまい、これを入れられず 2 パットの 4 。


2H 148Y

160304 2H

ピンは中央手前、風はフォロー。

5鉄で打ち、ピンに一直線に飛んで行ったが、グリーン手前にショート。

ボール ↔ エッジ ↔ ピンが等距離くらいだが、9鉄で転がしてピン左手前3m程を残した。

1stパットが50cm程オーバーしたが、返しを入れて 4 。

[広告] VPS


3H 132Y

160304 3H

ピンは中央奥、ここはなぜかアゲインストだ。

155Yくらい打たないとピンまで届かないのだが、6鉄を持ってしまった。
20年前でも6鉄で155Yは無理だった。  (;´Д`)

まあまあの当たりをしたと思ったが、風に負けてヘナヘナとスライスして右手前のエッジへ 。

距離的には辛うじてグリーン手前に届く程度だったので、2クラブくらい足りなかった。

2打目は9鉄で転がすが、ピン左手前に4mくらいショートしてしまった。

ここから2パットの 4 。


4H 113Y

ピンは中央手前。
風はフォローかと思うと右からのアゲインストに変わったりで定かでない。

8鉄で低く抑えて打ったつもりが、風に負けてスライスして右バンカー手前のラフに行った。

ピンが近いので9鉄で転がすわけに行かずPWでいったが、5mもショート。

2パットの 4 。

マルキュウは手前エッジから巧く寄せて、Par 。

[広告] VPS


5H 142Y

160304 5H

ピンは左奥、ここも4H同様の訳の分からん風だ。
左からのフォローのような、左からのアゲインストのような?

Teeの後ろが林なので、風が良くわからない。
風がなければ6鉄で打つので、これでいってみた。

吹き上がって大きくスライスして、右OB近くの土の上に行った。

ここからだと、ピンの先は明らかに下っていて、オーバーするとグリーンを出てしまう恐れがある。

9鉄で転がし、6m程ショートして、2パットの 4 。

ここまで5Hすべて 4 、良いとは言えないが大崩れもないので、まずまずか。



6H 231Y

ピンは左手前、風は廻っていてどう吹くのか全く分からん。

この所さっぱり当たらなかった3UTで芯を食った音のGood shot で特設Teeの方向に飛んで行った。

行ってみると、特設Teeのマウンド手前のやや上り斜面にあった。

昔は4鉄で特設Teeの少し先まで飛んでいたので、よくよく飛ばなくなったものだ。

特設Teeからグリーン中央まで90Yくらいなので、
ボールからグリーン中央まで95Yだとすると
231Y - 95Y = 136Y しか飛んでいない計算なのだが

アゲインストだったにしても、余りにも飛ばな過ぎる。。。orz


2打目は9鉄で大きくスライスして、右のエッジに行った。
距離はピンにぴったりだったのだが。

ここから9鉄で転がすも、ザックリしてしまい、4mショート。

2パットの 5 。

[広告] VPS


7H 157Y

ピンはやや左の奥、右からのアゲインストのようだ。
ピンまで170Y弱、風を考えると180Y近く打たないと届かないだろう。

手持ちのクラブで180Yも打てそうなのは3UTしかないのでこれで打った。

もろにトップで、まるでダメかと思ったが、行ってみたら左手前バンカーの横、もう少しで乗る所まで行っていた。  (^_^;)

ピンまでは大部上っていそうなので8鉄で転がしたが、5mもショートしてしまった。       _| ̄|◯ ガックシ

しかし、ほぼストレートのラインだったのが幸いして、一発で沈めて Par 。

[広告] VPS


8H 151Y

最近の鬼門といえるこのホールを如何に乗り切るか、が課題だ。
崩れるパターンは右の林に打ち込む、と決まっているのだが。。。

ピンは中央のやや手前、右からのアゲインストだ。

5鉄で打ったがフケて吹き上がって木の枝に当たり、カート道の左のFW?右サイドに出て来た。

   ↓ 見事にフェイスが開いている。  (;゚д゚)

160304 8H

2打目を9鉄で打ち、引っかかって左バンカーとグリーンの間のライの良い所に落ちた。

グリーン上に近い芝なので、パターで転がしたが2mくらいショート。
2パットの5 。



9H 149Y

ピンはやや右の一番奥で、かなりのアゲインストだ。

175Yくらい打たないとピンに届かない雰囲気だ。

というわけで3UTを持つ。

芯を喰ったいい音の当たりで、球の行方を見失った。
ティペッグが見事な回転をしながら、Front Tee に向かって一直線に飛んで行くのが見えたからだ。

グリーンに行くと、左手前に乗っていた。

しかし、ピンまでは20Y以上ありそうだ。
グリーン奥はダラダラと上っていて、重いのは分かっているのだが、相当打ってもショートするのが常だった。

思い切って打ったつもりだったが、2.5m程ショートしてしまった。

このパットを入れられずに 4 。

[広告] VPS



37というスコアは、20年前の平均ストロークより辛うじて良いレベルなので、まあまあ良かったと思う事にした。

前回は47も叩いたので、大崩れしない事を第一に考えた。

トリプルボギーは打たない、最悪でもダブルボギーで収める、という目標は達成できた。    (・∀・)



しかし「好事魔多し」というが、疫病神はしっかりとつぶ鹿を捉えておった。


帰宅後、ビール180ml 、清酒 45ml を呑んで寛いでいた時に11月にも起きた心臓発作に襲われた。

この発作を起こすのは 5 回目なのだが、はじめの 2 回はつぶクリの近くのBarで知り合った内科医に診てもらい、心電図を採ったが異常は認められなかった。

いずれも1時間程で収まったのでそのままにしていたのだが、3〜4回目は夜中に発症して7時間程続いたので流石に心配になった。


今回は発症が17時前だったので、隣町の循環器内科の診療時間に間に合ったので受診した。

心電図による診断結果は「心房細動」だった。

     ガ━━━━(゜Д゜;)━━━━ン!!!! 

AEDでお馴染みの「心室細動」よりは生命の危険は少ないが、発作時の苦痛はかなりのものだ。

大病院の循環器内科を紹介されてしまったが、心臓血管系手術後間もない死亡例が数多くあって問題になった病院であった。

            Σ (゜Д゜;)




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック