• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2015年12月21日 (月) | 編集 |
SFファンなら分かるかも知れないが、StarTrek TOS のエピソード The Immunity Syndrome のパクリだ。

つぶ鹿は最近この単細胞物体に悩まされている。
こいつの所為で命すら落としかねない状況だ。

こいつは自分が理解出来ないものは全て否定する、というガリレオを宗教裁判にかけた連中並みに始末が悪い。


大部以前の事だが、1km程離れた所に巨大マンションが建つ事になった。

電波の反射でTVの受信障害が起きる、という理由で対象地域がケーブルテレビで見られるようにケーブルを引き込む事になった。


ところが、単細胞物体はこれが理解出来ない。

こいつの家の裏にも巨大マンションがあるのだが、1km先のマンションが影響あるわけが無い、詐欺に違いない、と言ってケーブルの引き込みを拒否した。

ケーブルテレビの業者がつぶ鹿の所に来て、後々ケチをつけられても困るので何とか言ってもらえないか、との事。

つぶ鹿は何を言っても無駄だから、として業者に深く同情した。

周囲でケーブルを引き込んでいないのは単細胞物体の家だけだった。

裏のマンションに当たって反射する電波の時間差、位相差は僅かだ。

しかし、1km先のマンションに当たって反射して来る電波の時間差、位相差は遥かに大きく、当時のアナログ地上波放送では少なからずゴーストが発生する筈だ。

それ故の対策なのに拒否した挙げ句、ゴーストありの放送を平気で見ていた (らしい) 。


つぶ鹿は古い15インチのブラウン管TVにケーブルを繋いで、アナログ停波後も最近までデジアナ変換の放送を見ていた。

勿論、自称公共放送の受信契約はしなかった ww (・∀・)



或る日突然、単細胞物体は新型スズキアルトを買う、と言い出した。

新聞広告を見て決めた、という。。。 ( ̄◇ ̄;) ナンダソリャ

車ならすでにあるし、アルトのスペックも何も知らないのである。

全高1525mm の現在の車に乗る時も腰を屈めてかなりジタバタしているのだが、アルトは全高1475mm、室内高1215mm だ。

つぶ鹿はスペーシアやタントのような全高1740〜1750mm の方が乗り降り楽だぞ、将来車椅子生活になっても畳んだ車椅子を載せられるぞ、と忠告した。

しかし、単細胞物体は聞く耳を持たない。

車椅子のために車を買う気はない、と豪語する。

もう、勝手にしてくれ。。。 ヽ(`Д´)ノ と放置に決めた。


単細胞物体はディーラーを呼んで、見積を出してつぶ鹿に見せた。

そこには4WDと記されていた。 Σ (゜Д゜;)!!

おいおい、何の為に10数万も高く、重く、足元が狭い四輪駆動を?と突っ込んだら、案の定4WDの意味も知らなかった。

騙されている事にすら気付かない単細胞物体は、そのまま契約する雰囲気だったが、幸い?体調を崩してこの話はうやむやになった。



後日、単細胞物体は「自分の」印鑑証明が必要になり、役所に赴いた (らしい) 。

そこで何を勘違いしたのか、配偶者と次男の印鑑証明もとってしまった。

更に、その印鑑証明を紛失した、として再び役所に行き、今度は次男の印鑑登録証を紛失した。  ( ̄□ ̄;)

その上、印鑑登録証紛失を次男に知られまいとして、密かに印鑑登録をし直そうとしたのだ。


これは役所から次男に問合せが来て発覚した。

本人以外が印鑑登録するには委任状が必要なのだが、単細胞物体は委任状を偽造したらしい。 (-_-;) (-_-;) (-_-;)

これを知った次男は激怒したが、単細胞物体が印鑑登録証を勝手に持ち出せる事の方が問題だ。


役所のHPによると、印鑑登録証があれば無条件で印鑑証明がとれる。

それ以前に、紛失した印鑑証明の印影をスキャンして印鑑を削り出すことすら出来る。

昔は預金通帳に印影があったのが、今は無くなったのは印鑑の偽造を防ぐ為だ。

悪意ある第三者が、紛失した印鑑証明や印鑑登録証を犯罪に使う可能性も十分あるのだ。
         (((( ;゜Д゜ )))) ガクガクブルブル 


単細胞物体はつぶ鹿と同じ遺伝子を持っているので、つぶ鹿は気の休まる暇がない。

9月の初めから胃がキリキリと痛み始め、潰瘍の薬を飲む羽目になった。

幸いにして、胃の痛みは2ヶ月程で緩和したが、今度は以前から2〜3年毎に起きていた心臓発作?に襲われた。

午前1時頃に始まった発作が7時間程続いて、流石に命の危険を感じた。


大変間の悪い事に、この頃にマイナンバーの通知書が送られてきた。

当然、単細胞物体はマイナンバーの何たるかは分かっていない。

印鑑証明事件を上回る恐ろしい事態が待っているのは明らかだった。

             つづく。。。 (´・ω・`)


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック