• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2015年12月10日 (木) | 編集 |
前回10/20は絶不調で46も叩いてしまい、当面の目標である35を切る、は遥か夢の彼方かと思われた。

昔の録画をじっくりと見直した結果、良いショットをした時は軽く、ゆっくり振っていた事に気付いた。
昨日、それを心掛けて素振りして、感覚を掴めたような気がした。

ショートコースに行くのは50日振りだ。

何度か行くチャンスはあったのだが、天候不順だったり、コケて側頭部を打撲したり、腰痛発作を起こしたり、心臓発作 www に襲われたりで行けなかったのだ。


いつもより30分程遅く出たが、心配された渋滞も無く70分弱で到着。


1H 102Y

151210 1H

ピンは左やや奥、僅かにアゲインストか。

ボールは20年前の糸巻きバラタ、Royal Maxfli 。

かつて一世を風靡したボールだが、打感の柔らかさと強烈なスピンでつぶ鹿のフィーリングにぴったりだ。

当然、経年変化でゴムが劣化している筈なので、いつまで使えるものか危惧されてきた。

9鉄でピンに向かって行ったが、僅かにグリーンに届かなかった。

2打目から新たに入手したWilsonのDX2 Softを使ってみた。
世界一柔らかいというコンプレッション29 。

Royal Maxfli の赤がコンプレッション90なので、とてつもなく柔らかいボールだそうだ。
パットの練習では糸巻きバラタのような感触だったので気に入っていた。

9鉄で転がしたが2.5m程ショート。

しかし、ここからのパットを沈めて Par 。 \(^o^)/


2H 100Y?

151210 2H

ピンは左奥で、グリーン左手前の樹々の後ろのように見える。

葉は落ちているのでスタイミーという程ではないが、昔から何度も枝に当てている。

8鉄で打った瞬間、打球が高いのに驚かされた。
糸巻きバラタのスピンの効いた低い球とは明らかに違う高さだ。

辛うじてグリーンの中央手前に乗ったが、ピンまでは8m程ありそうだ。

上りの1stパットをかなりオーバーしてしまい、返しの下りを外して 4 。
Wilson DX2の球足がやけに長く感じた。

[広告] VPS


3H 132Y

151210 3H

ピンは右やや手前。

7鉄で打ったが、上体が起き上がってしまい右に押し出し。

右の斜面を転がり落ちてピンの右やや手前に乗った。

ここから2パットの Par 。


4H 113Y

151210 4H

ピンはやや右の奥。

8鉄の高〜い球で、ピン左やや手前2m弱にナイスオンした。

このホールでは2回バーディを獲っているのだが、23年振りのバーディチャンスに (`・ω・´) シャキーン となった。

上りのほぼストレート、狙った通りに打ったがカップ際に左にそれて、惜しくもバーディを逃し Par 。

[広告] VPS


5H 142Y
151210 5H

10日前の夜中に心臓発作 www が7時間続いたので、高台にあるTeeに上がる長い階段を恐る恐る上がった。 (;´Д`)

これまでゴムマットと小さな人工芝だったのが、天然芝になっていた。

尤も、芝の下は明らかに砂で余り感触は良くない。

ピンは中央手前で、ややアゲインスト。

手前からのアプローチは困難なので、ピンをオーバーしても奥に打ちたいところだ。

7鉄で低めに打ち出そうと思ったのだが、ボールの10cmくらい前をダフってしまい、球の行方を見失った。  ( ̄◇ ̄;)

行ってみると、かなり右手前のすり鉢のラフに少し入ったところにあった。

ラフといっても殆ど枯れているので、SWで軽く上げようとしたがグリーン手前エッジにショートした。

ここからパターでピン左50cm程につけ 4 。

[広告] VPS


6H 231Y

151210 6H

右からの横風、ピンは右のかなり奥。

3UTで打ち、右に押し出してOBかと思われたが、思った程は曲がらずにカート路に止まった。

ドロップして、爪先上がりの枯れたラフから9鉄で抑えて打ったが、右手前バンカーの左手前までしか行かなかった。

ここから9鉄で転がそうとしたのだが、グリーン手前に張り巡らされたロープに当たりそうな雰囲気もある。

上を越そうとして球が上がり過ぎ、辛うじてぎりぎりグリーン手前に乗っただけ。。。    _| ̄|◯ ガックシ

ピンまでは12mくらいで、最後はだらだらと上っている。

いかにもショートしそうな状況で、案の定1stパットを2.5m程ショートしてしまった。 (--;)

大ピンチだったが、これを沈めて 5 。


7H 157Y

151210 7H

ピンは中央のかなり手前、左手前バンカーが効いた位置にある。

女性用7Wで打ったが、もろにトップ。

しかし、打球は失速してお辞儀するどころか加速上昇するように伸びて行き、ピンに向かって一直線に手前エッジまで行った。

     キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ !!!!! 

マルキュウによれば、まるでプロのような球筋だったそうだが、録画を見るとミサイルのような弾道だった。

これには驚いた。

当たり損ないがこんな力強い打球になるとは、最近のボールの進化を思い知らされた。

2打目はエッジからAWでピン左50cm程につけ、楽々 Par 。

[広告] VPS


8H 151Y

151210 8H

151210 8Hの紅葉?

前回はトリプルパーの 9 を叩いたこのホール、最近は完全に苦手ホールになってしまった。

ピンは左奥で、グリーンは右から左に下っているので、相当難しい位置だ。

Teeに立つと、右の林がせり出してかなりの圧迫感がある。

右林に打ち込む事が少なくないので、3UTでトップ気味に打って転がって行けば、と企んだ。

しかし、トップどころか酷いチョロで右サイドの枯れたラフへ。。。。

        m9(^Д^) ぷぎゃー!

小細工をするとろくな事が無い。

2打目、8鉄で確実にグリーンに乗せようと打ち、ピン右やや奥3m少々につけた。

しかし。。。ここからはかなりの下りだ。 (;゚д゚)

無理せずに寄せに行ったつもりが、2m以上オーバーしてしまった。

カップを過ぎてからフックしていったので、返しのラインは上りスライスの筈だが、スライスに狙った筈の2ndパットがストレートのラインに出てしまった。  (>_<)


これは右に切れてダメ、と思った瞬間、曲がらずにスルスルと転がって入ってしまい、4 。


9H 149Y

151210 9H

ピンはやや左のやや手前でバンカー越え、軽いフォローの風だ。

7鉄でTee upを高くして高い球を狙ったが、フケて出たうえに風に乗れずグリーン右手前にショートした。

ピン方向に打つにはバンカーの右端がかかるので、バンカーを避けて確実にグリーンの何処かに乗れば良い、と考えた。

AWで低めに打ち出そうとしたがピン方向に出てしまい、バンカーの縁近くにキャリーして、キックも悪くバンカーに転がり落ちた。

しかもバンカーのアゴが深い場所で、やや左下がりだ。 ^^;

いやな状況だが、バンカーは得意なのだ、と言い聞かせてSWを振った。

狙い通りの所に落ちてピンそば1mくらいについた、と思ったのだが、ダラダラと転がって5mくらいオーバーしてしまった。

糸巻きバラタなら考えられない転がりだ。 ( ´゚д゚`)

下りの1stパットを60cm程オーバーしたが、返しを入れて 5 。




終わってみれば、ゴルフ再開後ベストの34 。

当面の目標だった35以下をクリアして、スコアの上ではどうにか昔のレベルに追いついた。

相変わらずインパクトでグリップが体から離れてハンドアップになった結果、フェイスが右を向いて押し出しを連発したが、「ゆっくりバックスイングする」が出来つつある。

今回から使い始めたWilsonのDX2というボールの力も大きいように思う。

Wilson DX2

糸巻きバラタ亡き今、バラタのような感触のボールを追い求めてきたが、インパクトの感触に関してはバラタに近い、極めて柔らかい打感だ。

スピンが少なく、打球の高さには面食らったが、何度か右OBかと思われたショットがOBを免れたので、曲がりも少ないようだ。

パットですら曲がりが少なく、球足が長く、トロトロと転がって入ってしまうのには感心させられた。

但し良い事ばかりではなく、ピンそばに寄ったと思われた9Hのバンカーショットが止まらずに5mもオーバーしたのを見ると、アプローチのスピンはかなり少ないようだ。

これは慣れれば何とかなるかも知れない。

次の目標は自己ベストの31を更新する事だ。

あと4ストローク減らすのは容易ではないが、ショットとパットが噛み合えば不可能な数字では無いと思う。

20年前の自分を越えられたら、もはや思い残す事はない?


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック