• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2015年12月01日 (火) | 編集 |
一昔前、電車の中やコンビニの前でウンコ座りする若け〜連中が多かった。

最近は見かけなくなったが、連中のマナーが向上したから、というわけでも無さそうだ。

近頃の小学生には体育座りすると後ろに倒れてしまう児童が少なくない、という。
筋力とバランス感覚不足で出来ないらしい。

和式トイレでウンコ座りしたらそのまま便器に尻を落としてしまいそうだ。 (;´Д`)
      


今時の小学生は体育座りどころか、鉛筆もまともに持てない。

小学生に限らず、若い者も中高年でさえも鉛筆やペンの持ち方がおかしい。

指先の力が無いので指で持つ事が出来ず、親指と人差し指の付け根で巻き込むように「握る」しかないように見える。

そればかりか、筆圧が弱い為にHBでは硬過ぎて薄い字しか書けず、2B〜6Bの柔らかい芯でないと読める字にならないという。
    ( ̄◇ ̄;)

つぶ鹿が小学生の頃は、HBどころかFやH〜3Hを使っていたものだが。

鉛筆も箸も持てず、ウンコ座りも出来ない世代は座る事すら出来なくなりつつある。

少し前までは、電車内で寝そべるような座り方をする若け〜者を良く見た。

「少し前」というが、つぶ鹿は滅多に電車に乗らないので見る機会が減っただけなのかも知れない。

当初はだらしない座り方、と受け止めていたのだが実はそうではなく、座る筋力も無いのではあるまいか?

座るだけでもある程度は背中や腰の筋力が必要だからだ。


体育座りが出来ない小学生を目の当たりにした整形外科医は、将来は親が寝たきりの子を介護する時代が来るのではないか、と危惧していた。


あべ心臓は介護離職ゼロを目指す、と言っているが、たとえ親の介護が無くなったとしても子の介護の為に離職する、という時代が来るのではあるまいか?

      (((( ;゜Д゜ )))) ガクガクブルブル


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック