• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2015年09月29日 (火) | 編集 |
マルキュウと2人で6/15以来のショートコースに行った。

今回もカールが居ないのだが、彼はあろう事か大学の非常勤講師になってしまい、なかなかつぶ鹿のスケジュールと合わなくなってしまった。

コースまで70分程かかった。
途中の私鉄の踏切がネックなのだが、線路をくぐる道路を建設中なので、いずれは渋滞が解消されると期待している。


1H 102Y

かつては一番得意だったこのホール、ゴルフ再開以後まともに乗せられた事が無い。

ピンはやや右のやや手前、やや右からのアゲインストだ。

この所、ダウンスイング〜インパクトで上体が起き上がり右に出がちなので、上体を起こさないように心掛けた。

↓ は上体の起き上がりは抑えたものの、左肘が下がって低いフィニッシュになってしまい、酷いトップになった (-_-;)

150929 1H

しかし、水路を越えてグリーンに乗って、ピン右手前1.5m弱についてしまった。

このパットが入ってしまい、このホール1991年12月5日以来のバーディ。

たとえ結果オーライでもバーディはバーディなのだが、◯本◯子が言う「朝イチのバーディはろくな事が無い!」を思い知る事になる  ヽ(`Д´)ノ 

[広告] VPS


2H 148Y

150929 2H

ピンは右のやや手前、風は特に感じない。

1Hでは「上体の起き上がりを防ぐ」がテーマだったが、このホールではもう一つの課題に挑戦した。

「ダウンスイングで頭を左に動かさない」だ。

インパクトでは頭はボールの後ろにないといけないのだが、つぶ鹿は頭が左に動いてヘナヘナ球になりがちだ。

トップからインパクトまで頭を右足の上に留める、を目標にして打った。

しかし、これが巧く行かずに右足体重になってしまい、如何にもジジイ風の明治の大砲インパクトになり、ボールの頭を叩いて目の前の水路に落とした。   m9(^Д^) ぷぎゃー!

そのままTeeから3打目を打ったが、これもトップでFront Teeの少し先のラフに止まった。

今は亡きサザエさんが「打てない!」を連発した状況だ。
    。・゜・(ノД`)・゜・。

ここから9鉄でグリーン右手前のセミラフにもって行き、右手前のピンに9鉄で転がしたが2m弱オーバー、これを入れられずに 7 。
       _| ̄|◯ ガックシ


3H 132Y

150929 3H

ピンは左奥、風はややフォローなので8鉄で届くと思ったのだが、大きく右にフケて斜面を転がり落ちて右手前のセミラフへ。

グリーン奥へ下っているように見えるので、2打目はPWで転がしたが2.5m程ショート、ここから2パットの 4 。
[広告] VPS


4H 113Y

150929 4H

ピンは左手前でややアゲインスト。

8鉄で抑えて打ったつもりがフケて吹き上がり、右手前バンカーの手前に行った。

150929 4H 02

↑ グリップが体から離れているので、ヘッドのトウ側が下がり、その結果フェイスが右を向いてフケ球になっている。

ボール → カラー → ピンが等距離くらいなので、PWでカラーに落とそうとしたが止まってしまい、4m少々を残した。

しかし、このパットを沈めて Par 。  \(^o^)/


5H 142Y

150929 5H

ピンは右奥。

またしてもボールの頭を叩き、Front Tee右の左下がりのラフに行ってしまった。  (;´Д`)

ここから9鉄で辛うじてグリーン手前ぎりぎりに乗せたが、ピンまでは15m程ありそうだ。

1stパットが1.5mショートしてしまったが、これを入れて 4 。


6H 231Y

150929 6H 01

150929 6H 02

ピンは右やや手前。

3UTで右OB 2発 。。。 ( ̄◇ ̄;)

どちらも同じようにフケて吹き上がり、右へ。

動画を見ると、肩が回転不足で手打ちになっていた。

特設Teeからの前進6打はPWでグリーン手前にショート。
右やや手前のピンに対してPWで打って、乗るだけショート。

1stパットを1m以上オーバーするも、返しを沈めて 9 。
       ◯| ̄| _


7H 157Y

150929 7H

ピンは右奥、軽いフォローだが、試みにマルキュウの7Wで打ってみた。

ロフト26度でアイアンで言えば4番と5番の間、やや4番寄りという所か。

打った瞬間、打球を見失った。

とんでもなく右や左には行っていない筈だが。。。と思っていたらグリーン右手前に落ちて来た。

どうも打球がとてつもなく高かったので見失ったようなのだ。

右奥のピンに対して9鉄で転がそうとしたが、大ショートで7m程残した。

1stパットが左に大きく曲がって、2ndパットも入らず 5 。


8H 151Y

150929 8H

ピンはやや左のやや手前、アゲインストの風の中、再びマルキュウの7Wで打った。

物凄く高〜い球で軽いドローになって、やや左手前のピン右奥4m程に乗った。
フェイス面を見たら、ややトウ寄りに打痕があった。

まるでPWのような高い弾道で、これでは見失うのも無理はない。

1stパットが惜しくもカップをかすめて、楽々Par  (σ・∀・)σ

[広告] VPS

[広告] VPS


9H 149Y

ピンは右奥。

夢よもう一度、と三たびマルキュウの7Wで打った。

これは見事なチョロで、Front Teeの先のラフに行った。
 ↓ フェイスが開いて、ヒールというより殆どネックに当たっている。

150929 9H 01

 ↓ マルキュウもフェイスが開いてヒールに当たり、右端に見えるマウンドの向うに行ってしまった。 2人とも振り遅れか?

150929 9H 02


つぶ鹿の球はグリーンエッジまで55Y程、ピンは右奥だ。
9鉄でグリーンに落とせば転がって行く、と踏んだのだが、グリーン中央付近で止まってしまった。

ピンまで8mくらいか。
グリーン奥は上っていて重いと分かっているので、強めに打ったら2m位オーバーして返しも入れられず、3パットの 5 。


結局 42 (18パット)で、41 (17パット)のマルキュウに1打及ばなかった。
「小学生に負ける篇」の44よりはマシだが。。。

前回まではヒールチョロに悩んでいたマルキュウ、今回はこれが1度もなく、進歩を見せた。

つぶ鹿はゴルフを始めて間もない頃、女性用の合板ヘッドの3Wを使っていた事があるのだが、これが低く力強い球が出て重宝していた。

ネットで2480円で買ったチタンヘッドの女性用7W、軽くてシャフトが柔らかく、振り抜き易いのだが、ひょっとして新たな武器になるかも知れない。 (・∀・)イイ !
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック