• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2015年06月15日 (月) | 編集 |
今更「懐かしのショートコース」でもないので、タイトルを変えた。

県民の日サービスデーというのでマルキュウと一緒に行った。
カールは仕事なので行けなかった。

15日の五十日なので道路が混むかと思われたが、意外に空いていて1時間少々で到着。
いつもより15分程早かった。



1R目

1H 102Y

615 1H

旧8鉄でこすり球トップ、という情けない弾道?で、辛うじてグリーン手前の水路を越えて比較的平坦な、浅いラフへ。

ピンは右奥なので、9鉄で転がしてピン左2mにつけ、これを沈めて Par 。


2H 148Y

615 2H

5鉄のフケ球で右斜面を落ちて来て、特設Teeの少し先の左上がりのラフに止まった。

ここから9鉄で転がそうとしてザックリ、3打目も9鉄でやや上がっているグリーンに転がし上げようとしてエッジに蹴られてグリーン右手前で止まる。

4打目も9鉄で転がし、右奥のピンの左70cmにつけて1パットの 5 。


3H 132Y

615 3H

7鉄でまたフケ球になり、右斜面を落ちて来て良く言えばFW?センターの、左バンカーの横に行った。

ピンは左手前で、今までならPWでピッチ&ランを狙ったのだが、トップしたりスピンが効き過ぎて止まってしまうのを恐れ、9鉄で転がしてピン手前2.5m程についた。

「ついた」と言う程寄ってはいないのだが、トップしてグリーン奥に行かないだけ良かった、と思う事にする。

ここから2パットの 4 。


4H 113Y

615 4H

旧8鉄で低い球でいこうと思ったのだが、吹き上がって大ショート、右手前バンカーの手前に止まった。

Teeでは余り風を感じなかったのだが、思った以上にアゲインストだったのだろうか。

ピンは左奥で、バンカーにはかからないので9鉄で転がしたが、グリーン中央付近で止まってしまい、6m程残した。

これを2パットの 4 。


5H 142Y

615 5H

小山の上のTee Grではかなりのアゲインストだ。

6鉄で低く打ち出そう、などと小細工をしたらボールの頭を叩いてしまい、下のフロントTeeのそばの平らな所に止まった。

フロントTeeからは104Yとなっているので9鉄で打ったが、風に負けてスライスしてグリーン右手前に辛うじて乗った。

ピンはグリーンほぼ中央、上りのフックラインの筈だが、1stパットを大オーバーしてしまい、2ndパットも大オーバーで結局 4 パットの 6 。
     _| ̄|◯ ガックシ 


6H 231Y

615 6H

ここはフォローの筈なのだが、3UTで右に押し出し、マウンドにある木の後ろに行ってしまった。

木を避けて9鉄でFW右に出すだけ。

グリーンエッジまで110Yくらい、ピンは右奥なので130Yくらいと見て、7鉄で低く打ち出そうとしたが、とんでもない低いスライスで右OB境界の金網に当たり、右ラフにキックした。

ここから60Y?程をPWでピン左手前2.5m程につけたが、2パットの 6 。


7H 157Y

615 7H

明らかにフォローの風。

5鉄で打ったが、またまたフケ球で右OB手前の排水溝に入った。
ドロップして9鉄で転がし、グリーン中程やや左のピン手前2.5m程につけてこれを沈め Par ^^;

1Hといい、このホールといい、転がしアプローチが冴えてParを拾った。


8H 151Y

615 8H

ここもフォロー。

6鉄でチョロしてしまい、右のラフへ。
ピンは左奥で残り60Yくらいか?

2打目は9鉄で低く打ち出し、ピン右手前 2.5m程につけたが、このパットを入れられず 4 。


9H 149Y

615 9H

6鉄でチョロしてしまい、FWセンターだが、ピンは左手前でバンカー越えの40Y少々を残した。

上げるアプローチが苦手なつぶ鹿はここまで殆どを9鉄で転がして来たのだが、今度はそうはいかない  (;´Д`)

ザックリとかトップを恐れるのが一番いかん、と自らに言い聞かせてAWを持ち、うまく上げてピン手前 2m少々につけたのだが、これを入れられず惜しくも 4 。


トータル39 (17パット) 。

5H&6Hで 6 叩いたのが痛かったが、1Hで2m、7Hで2.5mのパットを入れたのが救いだった。
4パットで帳消し、とも言えるが。。。 (;゚д゚)

上げるアプローチはもうどうやっても巧くなりそうもないので、9鉄の転がしに徹したのが良かったようだ。

しかし・・・・・それが甘かった事が後半に証明されてしまうのだ。

    (((( ;゜Д゜ )))) ガクガクブルブル


「小学生に負ける」篇に続く  (σ・∀・)σ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック