• 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
2015年04月08日 (水) | 編集 |
驚異の習志野高校吹奏楽部に書いた通り、つぶ鹿はブルックナーが好きだ。

ブルックナーについて語ったサイトやブログはいろいろある。

あらゆる演奏を聴いているわけでは無いので、こういったサイトを参考にしたいのだが、どの指揮者の演奏がどうなのかが分かり難い事が多いので、自分でも書く事にしたのだ。

この人のサイトは脱線が多くて、演奏がどのようなものかが分かり難く、◯楽章の◯分◯◯秒からの〜、という表現が頻出して、そのCDを所有していないと分からぬ事だらけだ。

この人物が滋賀県立大学の準教授と分かるまで、あちこち何度もクリックして苦労した。
準教授ともあろう方が改行も御存知ないのだろうか?
とにかく読み難い。

ただ、ブルックナー以外にも自転車、将棋に興味を持ち、N岡T男先生の著作を読んでいると知って、とてつもなく読み難い糞文章を殆ど読んでしまった。

但し、ブルックナーについての考え方はつぶ鹿とは決定的に異なるようだ。


さて、最も好きな曲はブルックナーの交響曲第8番と言い切っているつぶ鹿だが、今回は8番に劣らず好きな5番を取り上げる事とした。


ブルックナーの9つの交響曲の中で、中央に位置する5番は前後の4番6番との脈絡が無いようにさえ見え、巨大で突然変異的な存在のように思える。

山脈に例えると        5    8
                 7   9
            3
           2   4  6
          1

但し、9番は噴火爆発で山頂付近 1/4 が吹き飛んでいる、と解釈している。 尚、0番と00番は聴いた事すらないので除外した。

ブルックナーは自身の交響曲のうち、未完の9番を除くと5番だけは生涯聴けなかったらしい。

その辺の経緯は割愛して、そろそろ曲について語っておこう。


この曲はモーツァルトのレクイエムに似ている、という説があるらしいが、確かに第1楽章の冒頭は似ていなくもない。
それよりも、終楽章がベートーヴェンの第9に似ている、とされている。

終楽章の初めに、1〜2楽章のテーマが現れて、これを否定するような構成や2重フーガを用いるところはそっくりだ。

第1楽章〜第3楽章も良いが、この曲の核心は終楽章にある。

ブルックナーの交響曲の中でも、5番は取っ付き難いと言われているが、この楽章の構造が分からないと、曲の魅力は分かり難い。

3つの楽章のテーマが否定されてからは

低弦から始まるフーガ主題
牧歌的な第2主題
フーガ主題に基づく嵐が第2主題も否定する (つぶ鹿の勝手な解釈)
金管によるコラール主題
コラール主題によるフーガ
コラール主題とフーガ主題による2重フーガ
第2主題の再現
第1楽章第1主題とフーガ主題の絡み
最後はコラール主題が高らかに鳴り響いて終わる。


ブルックナーのファンには、最後にコラール主題が現れる部分が好き、という人が多いようだが、つぶ鹿も同感だ。

結尾部でコラール主題が姿を消し、第1楽章第1主題とフーガ主題が絡みながら盛り上がって、ffでフーガ主題が鳴り渡る。
このままフーガ主題主導で終わってしまうのか?と思いきや、突如としてコラール主題が輝かしく現れる部分は素晴らしい。

8番の終結部と並んで、ブルックナーの作品中、最も胸が高鳴る場面ではあるまいか。

ここがダメだったら、それ以前がどんなに良くても演奏としてはダメ、と思っている。
それまで良かったのに、ここで急にテンポをあげる演奏があるのだが、つぶ鹿にはどうにもいただけない。

第4楽章
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮 
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団


2002年の来日公演の演奏。
弦や金管の渋い音色が大変良かったので、2010年録音のSACDを買ったのだが、コラール主題が異様に速いのにはガッカリした。
2重フーガの金管やティンパニも妙に弱くて、緩い印象だ。

来日公演がとても良かっただけに、誠に残念だ。
それでも名演には違いないのだが。。。

ルドルフ・ケンペ指揮 
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団


つぶ鹿が最も気に入っている交響曲第5番の演奏がこれ。
ブロムシュテット同様に第2Vnを指揮者の右にする対向配置が効果的だ。

40年も聴いていると、自分なりのブルックナー像ができているのだが、聴いていてそれに最も近く、抵抗が無い演奏だ。

但し、所有しているのはレコードのみ2セットで、困った事にレコード用のシステムはメインアンプが壊れて使用不能。
CDは目下廃盤で入手不能。 
どこかSACDで再発してくれないものか。


朝比奈隆指揮 
大阪フィルハーモニー交響楽団


朝比奈のブルックナーはウドの大木的な演奏が多く、永年聴かなかったのだが、YouTubeで視聴したこれが驚く程良かった。

十数年も聴かない間につぶ鹿の価値観が変わったのだろうか。

オーケストラが3流で、金管なんぞアマチュアのブラスバンド並みだが、1流のシカゴ交響楽団を指揮したものよりこれを採りたい。

但し、第2楽章第2主題の後半でテンポを落とすのは違和感満載だ。
これもレコードでは持っているのだが、CDは廃盤。


ロブロ・フォン・マタチッチ指揮 
NHK交響楽団


つぶ鹿が大好きなマタチッチの指揮。

会場の音響特性が悪い事もあって、録音は悪いし、N響の音色も汚いが、マタチッチの気迫に圧倒される演奏だ。
決め所のティンパニの打ち込みは凄まじいばかりだ。

特に第2楽章が深い響きで愛聴している。

終楽章は豪快だが、終結部でブルックナーの弟子フランツ・シャルクが書き換えた改訂版に従ってシンバル、トライアングル、ブラスバンドを加え、ティンパニが活躍するのだが、チンドン屋のような派手な響きになってしまうのが誠に惜しい。

このメタリックな響きはどう考えてもブルックナーではなく、ワーグナーだ。
シャルク改訂版がワーグナー風の響きで一般受けを狙ったものなので、当然と言えばそれまでだが。

改訂版とも違う妙な所でカットしたり、一部の音符を変えたりするのは違和感があるが、それでもつぶ鹿にとって愛着のある演奏だ。



セルジュ・チェリビダッケ指揮 
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団


この指揮者のブルックナーは余りにもテンポが遅く、到底つき合いきれない事もあるのだが、凄い演奏である事も確かだ。

終楽章第2主題の後半で、音楽が止まるかと思われる程テンポを落とすのは良くないし、最後のコラール主題でテンポをあげてしまうのは興醒めだ。

名物奏者、ペーター・ザードロの凄まじいティンパニの打ち込みを聴くだけでも価値はあると思う。
ザードロといえば、1990年の来日公演の8番の終演後の拍手喝采は凄かった。


以下、何時書くかも分からぬPart2に続く


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック