• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2014年09月23日 (火) | 編集 |
以前にも鹿の金属冠の作り方を書いたのだが、手間とコストばかりかかって、バカらしくてやっていられない。


今日入れた冠も、延べ3時間程かけて作った。

それで¥7.6kくらいなのだが、1gで1400円位する金銀パラジウム合金を2g程度使い、消費電力1000W以上の電気炉が必要なので、原価はかなり高い。


自分の人件費別で原価率50%くらいだろうが、手作りのオーダーメイドで国家資格がなければ出来ないものが原価率半分以上などというものが他にあるのだろうか。

大量生産される缶飲料の原価率は25%程度らしいから、話にもならない。

鋳造されて出来たものは以下のようなものなのだが、使うのは矢印部の僅かなものだ。

FMC鋳造体

金属冠本体の5倍くらいの金属を溶融させなければならない。

これは鋳造収縮とか鋳巣といったものを考慮した結果なのだが、かなり無駄がある。


余った分は溶かして再利用すれば良いかというと、そう美味くはいかない。

合金を溶融すると、融点の低い成分は飛んでしまうので、合金としての性質が変わってしまい、何度も使えるわけではない。

低価格の鹿用金属3Dプリンターがあれば、たちまち作れるだろうに・・・と思っていたら、既に家庭用金属3Dプリンターが発売されていた。

http://www.3d-caddata.com/news/minimetalmaker

キットなら¥75kで買えるのだから、安い?ものだ。

もっとも、同じものが「鹿用」と銘打ったら価格は5〜10倍になりそうだ。

更に、金属3Dプリンターだけでは金属冠は作れない。

3Dスキャナーが必要だからだ。

今の所、3Dスキャナーは¥300万以上するのが問題だ。

いずれは低価格の3Dスキャナーも発売されて、電気炉や鋳造機は必要なくなる時代が来ると思うが、それでも安心は出来ない。

キ◯ノ◯やエ◯ソ◯のインクジェットプリンターは本体は安いが、インクがバカ高いのと同様に、鹿用金属3Dプリンターもインクのような金属粉がとてつもなく高くなるような気もする。

そんな時代までつぶれかけの鹿を続けている筈も無いのだが、ハイテクメカ好きのつぶ鹿としては使ってみたいのが本音だ。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック