• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2014年09月08日 (月) | 編集 |
ショートコースで散々な目にあわされたロフト28度のユーティリティ。

3Uと同様に現物を見ずに買ったのだが、メーカーのサイトにあった画像と大部感じが違う。

3U 5U

T-Zoid.jpg

この画像はロフトからして番手が違うのは明らかだが、つぶ鹿手持ちの方は歯がシャフトよりかなり前に出ているうえに、ややフックフェイスに見える。
メーカーサイトの仕様にはフェイスアングルの記載は無いので、フックフェイスかどうかは判断出来ない。

画像ではスクエアフェイスに見えるのでこのモデルを選んだのだが、以前も書いた通り、つぶ鹿はフックフェイスと出っ歯のクラブは苦手なのだ。

ショートコースでの1R目の8Hと9Hではそこそこの球筋になったのだが、これはアドレスでフェイスをやや開いて構えたからだ。

当然、ロフトはやや増しているから本来の飛距離は出ない筈だし、2R目の2Hの3打目のように開いたフェイスが災いして、とんでもなく右に出る可能性がある。

重量とバランスは 3Uは 340g D1 、5Uは 360g C9

5Uのヘッドと、3Uのシャフトのグリップ側に鉛を貼って使ってみる事にした。
そのうち何とか打てるようになるだろう。 ^^; 
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック