• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2014年07月17日 (木) | 編集 |
全英女子オープンを見ていたら、朴仁妃のスイングが目に止まった。

変なスイングだと思ったからだ。
一見すると、手でヒョイと上げて手で振るかのように見える。

他の選手なら「ひで〜スイングだ www」で終わったと思うが、相手は朴仁妃。

昨年、アメリカのメジャー3勝、圧倒的な強さで賞金女王と世界ランク1位になった、女子ゴルフ史上最強とも言われる選手のスイングが「ひで〜スイング」であろう筈が無い。


個人的には朴仁妃は大嫌いだ。

あのドランクドラゴン塚地のような濃い顔、常に仏頂面で笑った事があるのか、と思う程の超無愛想で5頭身メタボ体型。

つぶ鹿の美学では到底許せない存在だ。

これは以前のスイングなので、全英で見たスイングとは少し違うかも知れない。





好き嫌いを超越して良く観察すると、肩の回転でゆっくりとバックスイングして、ダウンスイングから加速して振り抜いている。

下の方は、インパクトまで右踵が上がらず、ベタ足のままだ。
ベタ足は全英の3日目にトップ争いをした安宣柱もそうだった。
つぶ鹿自身もベタ足を貫いている。


偉そうに講釈する割には、つぶ鹿のスイングは酷い  ^^;

バックスイングで頭が浮き上がり、左肘が折れつつトップで左手首が甲側に折れてクラブヘッドの軌道がループする。

更に、ダウンスイングでは右脇が空き、頭が下がりつつ左に動き、インパクト前には再び頭が上がり、インパクト以降は左脇が空いてしまう。
   (;´Д`)  カッコワルイ 。。。


ゴルフは格好が第一!と言いながら、自分は格好悪いのである。
    (-_-;)

[広告] VPS

朴仁妃を参考にして、肩の回転主導でバックスイングするように変えてみた。

[広告] VPS
 

一見して背筋が伸びて、高く構えている事が分かる。

何と、頭の上下動がほぼなくなり、左への動きもかなり少なくなった!

トップで左肘の折れが減ってコンパクトになり、左手首が甲側に折れてクラブヘッドがループするのも解消している。

更にダウンスイングの右脇、インパクト以降の左脇の空きも減っていた。
ダウンスイングのクラブヘッドが、バックスイングよりもインサイドから下りてくるのがわかる。

これは、ひょっとしてスイングに開眼したのだろうか? 
    \(^o^)/

ボールを打ったら全然駄目、という事もありうるので、次のラウンドまで戦々恐々だが。。。。 (`・ω・´) シャキーン
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック