• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2014年06月20日 (金) | 編集 |
ママチャリからの落車ダメージもかなり癒えて来たので、同じく故障あがりのマルキュウと一緒にミニコースに行って来た。

ほぼ1ヶ月振りのゴルフだ。

落車で左肩を強打して以来、肩が思うように回らないのだが、リハビリと思ってクラブを振る方が良いかも知れない ^^;

1H 52Y
SWで3球打って、1球目はピン右6m程に辛うじて乗せた。
2球目、3球目ははピン右1.5m程につけた。

6:19 1R 1H
   
6:19 1H久のバンカー

マルキュウは1球目はバンカー、このバンカーショットをピン奥1.2m程につけた( ① ) ( ̄□ ̄;)

2球目はバンカーかと思われたが、バンカーを駆け上がりピン右1m程の、つぶ鹿の内側に乗せ( ② ) 、3球目はグリーン右手前に辛うじて乗せた。
   
6:19 1H ピンそば
   
このホールはまずまずだったのだが。。。。


2H 77Y
ここはPWで打ちたいのだが、今回も持って来なかった。

1球目は9鉄で辛うじてグリーン手前いっぱいに乗ったが、2球目は9鉄で左バンカー奥にはずした。
3球目はAWに持ち替えて右手前に大ショート。
[広告] VPS
   
マルキュウは3球とも良いショットをしたが、惜しくもグリーン手前。
[広告] VPS
   

3H 66Y
AWで打ち、3球中1球も乗せられなかった  _| ̄|◯ ガックシ 

6:19 3H
   
ピンが手前なので60Y弱打つ感じなのだが、やや打ち下しで普通にAWで打つと大きいのでインパクトが緩んでしまった。

前回の2R目はピンが奥だったのでAWでちょうど良く、全てピンそばにつけたのだが、ピン位置の10Y程の差が結果に大差をつけることになった。
   (´・ω・`) ショボーン

マルキュウは1球をピン右5m程に乗せ ( ① ) 、また差をつけられた。


4H 69Y
ピンが左の木に隠れていて、打ち辛かった。

6:19 4H
   
AWで打ち、3球中辛うじて1球がピン右手前に乗ったが、1球は手前のエッジ、もう1球はダフって、恥ずかしくも池ポチャ。。。 (-_-;)
[広告] VPS

マルキュウも1球池ポチャ。


5H 48Y
SWで3球中1球がピン左手前に辛うじて乗った。
2球はハーフトップでグリーン左奥にはずした。

6:19 5H 01
   
マルキュウは3球全て乗せた ( ① ② ③ ) 。
[広告] VPS


6H 92Y
工事中のためクローズ。

7H 66Y
1球目はSWで打ってピンの方向に飛んだが、手前エッジ。
2球目はAWでピンそばにつけたが、AWの3球目は右エッジ。

マルキュウは3球中2球をいい所に乗せた( ① ② ③ ) 。
① ② はハーフトップかと思われるような低い球だったにもかかわらず、スピンが効いてピタリと止めて感心させられた。
    ( ̄◇ ̄;) スゴイ 。。。

6:19 7H 01

これだけ見ればプロのような光景。。。 (^_^;) 
  
6:19 7H 02

ちなみに、つぶ鹿が「ピンを狙う」時の各クラブの距離は、
SW 45〜55Y
AW 60〜70Y
PW 70〜80Y
9鉄 80〜100Y
8鉄 100〜120Y

よくよく飛ばないジジイだと言われそうだが、ショートアイアンやウェッジはフルショットするクラブではないので、これで良いのだ (・∀・)
   
8H 40Y
このホールから4球ずつ打った。
SWで4球全て乗せ、1球がピンそばに。

6:19 8H 01
   
しかし、マルキュウもいい所に3球乗せて来た。

6:19 8H 02
   
つぶ鹿はSWを使う40〜50Yはマルキュウには勝てない。
60〜90Yは得意なのだが。。。 (;´Д`)


9H 45Y
SWで苦手なこの距離。
4球全てピンの方向に飛んでいるのだが、距離感がさっぱり。

6:19 9H 01
   
マルキュウも ① はピン真横に距離ぴったり、 ② はピンに一直線だったのだが、つぶ鹿と隣り合って奥にこぼれた。

6:19 9H 02

このホールは前後左右が狭くて打ち難い。
[広告] VPS

SWはロフト56°で、60°のウェッジも持っているのだが、40〜50Y打つにはこちらの方が良さそうだ。


帰宅して動画を見たら、背中が曲がり、肩が回っていなくて酷かった。

   ガ ━━━━ (゜Д゜;) ━━━━ ン !!!! カッコワルイ。。。

左手首、左肘、左肩を庇っているにしても、躍動感ゼロのもろ老人のスイングだ。 orz orz orz

↓ これは1993年の70Y程のホールでのスイング。
[広告] VPS
     
これを見ると、現在はヘッドアップして上体が起き上がるのが早い事が分かる。
右足踵を上げずに、頭を残せば右への押し出しが無くなるか。

せめて先月の好調時に戻ってくれれば。。。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック