• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2014年04月11日 (金) | 編集 |
危険は承知でXPを使い続ける事にした Σ (゜Д゜;)

既にインストールCDを作ってあるLinuxを入れるのが面倒だ、という事情もあるのだが。。。 ^^;

ノーガード戦法とか顔面受け、といった雰囲気もあり、かなり危険を伴うのでこれを読んで真似をしてはいけない。

つぶ鹿は自己責任で行うので、結果どうなるのか知りたくもある。

元々Windowsにはセキュリティ上危険を伴う機能がかなりあり、これらを無効にする事で或る程度のセキュリティ向上が期待出来るのではないか、と考えた。


他のパソコンから、離れた場所の自分のWindows機を操作できる、という機能がある。(リモートデスクトップ)

本人が使えば便利なリモート操作だが、他人が使えたらパソコン乗っ取りに他ならないので、こういった機能は片っ端から無効にする。

インターネットオプションのセキュリティのタブにある項目も、ガチガチに固めてある。
この設定をしていないユーザーも多いのではないかと思われるが、XP以外のOSでもセキュリティの設定が適切でなければ危険な事に変わりはない。

近々、つぶ鹿が犯行予告や不正アクセスの疑いで逮捕されたら、自己責任が裏目に出た結果、と思って笑ってやって下さい。
    (;´Д`)

 ↓ によると、中国ではマイクロソフトによるXPのサポートが継続するのだという。 (-_-;)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA3901T20140410
2014年 04月 10日 10:43 JST
[北京 9日 ロイター] -米マイクロソフトは、パソコンメーカー、レノボ・グループ(聯想集団)など中国企業数社と提携して、 同国国内の基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」ユーザー向けにサポートとセキュリティサービスを提供する。 (以下略

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック