• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2014年02月06日 (木) | 編集 |
前回エラそうに書いたバンカーショットの打ち方、苦手なケースはスルーしたが (;´Д`) 、それではいけないと思って補足しておきたい。

基本的には前回の
1. ボール手前の砂を打つ (エクスプロージョン) 
2. クラブフェイスを開き、目標に向ける
3. 左を向く (オープンスタンス)
4. 左足体重
5. アップライトに上げて振り抜く

以上を実践すれば、誰でもつぶ鹿程度のバンカーショットはできる筈。

↓ 逆に言えば、ひとつでも欠けるとうまくいかない。
[広告] VPS

バンカーは苦手でもアプローチは上手かったサザエさん
[広告] VPS

但し、以下のケースでは別の打ち方が必要になる。
これらは苦手だ 。。。 (--;)

a ピンまで距離がある場合
b 目玉の場合
c 砂が少ない or 硬い場合

距離のあるバンカーショットはSWでは届かない事が多い。
砂を打つエクスプロージョンでは、距離は通常の1/3というから、せいぜい30Yくらいが限度と思われる。

AWやPWでアプローチ同様に打つとザックリし易いので、フェイスをやや開く。
これくらい寄ればバンザイなのだが・・・滅多にない
[広告] VPS

砂が少ない or 硬いとシャンクが怖い  ( ̄◇ ̄;)
[広告] VPS

目玉は滅多に遭遇しないが、振り抜けないので、フェイスは開かずにぶつけるだけ。スピンは効かないのでダラダラと転がる。
[広告] VPS

以上はグリーン周りのガードバンカーの話で、クロスバンカーは苦手なので触れない事にする。
ボールだけクリーンに打たないといけないのだが、ダフってしまって上手くいった試しが無い。 m9(^Д^) ぷぎゃー!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック