• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2014年01月03日 (金) | 編集 |
かつて我が家には多くのS◯N◯製品があった。
「あった」と過去形にするのは、全て短期間で壊れて使えなくなったからだ。

パスポートサイズのHi8ビデオカメラはトラッキング不良で映像ノイズが出る上に、再生途中で勝手に止まるようになり使えなくなった。
カメラ部分だけは使えそうなので、HDDレコーダーに繋げば防犯カメラとしては使えるかも知れない。

Hi8の据え置き型デッキもトラッキング不良になり、ガイドポストをいくら調整してもノイズが取れないので放置していたら、いつの間にか電源すら入らなくなった。
電解コンデンサーの液漏れで電源が入らなくなるのは、安物?パーツを使ったS◯N◯製品の持病らしい。
S1500.jpg
Hi8の録画テープは山ほどあるのだが、Hi8の再生機器が絶滅した今となっては「偶然に」S-VHSにコピーしておいた僅か一部以外は見る事すら出来なくなった。  (-_-;)

そのS-VHSも消滅して、今のデッキが壊れたらアウトだ。
S-VHSからDVD-Rにコピーしたものも、いずれは紫外線の影響で再生出来なくなるのだろう。 (ノД`)

MDP (レーザーディスク&CDのコンパチブルプレーヤー) はメカの樹脂製(ポリプロピレン?)ギアが摩滅してトレーが開かなくなった。
昔からS◯N◯タイマーなどと言われて、保証期間が切れる頃に壊れるように設計されていた、という説があった。
樹脂製のギアなんて、1年で舐められても当然の素材だろう。


DAT (知らないだろうな) はテープが動かなくなり、イジェクトも困難になったため、パソコンに繋いでDAコンバーターとして辛うじて使っている。
パソコンとアンプを繋ぐ安物のオーディオインターフェイスよりは遥かに高音質なのだが、いつ電源が入らなくなるか分からない。
   (((( ;゜Д゜ )))) ガクガクブルブル

59ESJ.jpg

液漏れを起こした基盤上のコンデンサーを全て交換して復活させた、という強者もいるようだが、いざとなったらつぶ鹿も挑戦するか。

Hi8基盤

S◯N◯の中ではTVだけは15年程使えたが、樹脂製の回転メカが無かったからだと思っている。

かつてS◯N◯が主導した独自規格製品の多くは消え去った。
Lカセット、Fe-Crカセットテープ、β方式VTR、8mm&Hi8ビデオ・・・

それでも数々のS◯N◯製品を買ってしまったのは、どうしようもない、と知りつつも何故か魅力のある悪女のようなものか ^^;

もうS◯N◯の製品は絶対に買わないぞ <(`^´)> キッパリ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック