• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2013年11月24日 (日) | 編集 |
WindowsXPのサポート終了が来年4月に迫って来た。

サポート終了とは、そもそも何じゃらホイ?という人が多いと思われるが、新たに発見されたセキュリティの穴を塞ぐ為のアップデートが行われない、という事だ。

そう言われても何じゃらホイ?という人が多いに違いない。
要は、パソコンを乗っ取られて殺人予告の書き込みをされ、犯人とされて逮捕されるような危機を未然に防ぐ手段が無い、という事。
  (((( ;゜Д゜ )))) ガクガクブルブル

つぶ鹿はWindowsXP機を2台使っていて、来年4月以降にどう対応するかが悩ましい。

WinXP 2台

右の方は2006年モデルで、株取引専用。
証券会社の取引用ソフトでしばしばCPUの使用率が100%になってしまい、取引に支障が出ているので、買い替える以外になさそうだ。

問題は何に買い替えるかだ。
Windows8も8.1も評判が悪いので、Windows7しかないのだろうか。
Windows7機はすでに出荷終了で流通在庫のみだ。
気に入った機器が手に入るものか・・・
円安で価格が上がっているのも問題だ。

お役目御免のXP機はつぶクリで事務用として余生を送ってもらおう。

左の方は2009年モデルで、株以外用。
OSを入れ替えて使えば良いのだが、貧乏なつぶ鹿には新しいOSを買うのもかなり辛い。

こいつはWindowsVistaのダウングレードモデルなので、XPとVistaの両方のリカバリーディスクが付属している。
いざとなったらサポート継続されるVistaを入れる、という手があるのだが、悪名高い糞OSのVistaにして、何年分ものWindows updateを延々とやるかと思うと、気が滅入る。

XPのままで使い続ける、という選択肢もなくもない。
大事なデータは入れていないし、Internet Explorerを使わなければ案外大丈夫だったり・・・しないだろうな (-_-;)

Macではセキュリティの更新はとっくに終わった4世代前のOS、9世代前のOSまでネット接続して使っている。
流石にネットバンキングなどは新しいOSのMacBook Airでやるが。

Windowsの方が危険な事は確かだが、あえて矢吹丈ばりのノーガード戦法を試してみるのも面白いかも? ( ̄◇ ̄;)

ubuntuなど入れる手も考えたけれど、資金を入れていない証券会社の取引用ソフトも使っているので、Winでないとダメかな・・・
freemenさん、情報Thx !
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
無料OS、ubuntu・lubuntu・puppy linux等があります。
2013/11/25(月) 07:30:54 | URL | freemen #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック