• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2017年09月15日 (金) | 編集 |

今年の初ラウンドに行って来た。


往路 国道経由   70分弱
復路 味菜畑経由  約70分 



1H 102Y

ピンは右手前、右からのフォローか?

8鉄で抑えて打ったが、右にフケてカート路右の小山の裾の爪先上がりの草むらに行ってしまった  (-_-;)

170915 1H

 ↑ グリップが体から離れて腕とシャフトがほぼ一直線になり、その結果トウが下がってフェイスが開いたのだろう。


かなりの爪先上がりで引っ掛けが嫌なのだが、ピンより左へ止めて上りのパットを残したい。。。

PWで打ったが、恐れとは逆にシャンク気味に右に出て、ピン右奥のエッジに転がった。

下りのアプローチを残したが、PWの3打目がザックリ気味にピン右上3m程のパットを残した。

ここから2パットの 5 。



2H 148Y

170915 2H

ピンは中央やや左。

3UTで打つも、フケて右の斜面を転がり落ちて、グリーン右手前のFWに止まった。

ここからPWでピン左50cm程につけ、これを沈めて Par 。

       \(^o^)/



3H 132Y

170915 3H

ピンは左奥、風はフォローだ。


3UTでは大きいと思ったが、抑えて打てば良かろう、と考えたのが間違いだった。


昔ならそう出来たかも知れないが、今の自分には到底無理だったのだ。

ヒール or ネックに当たって、左のハザードにコロコロ・・・

          _| ̄|◯ ガックシ


3打目を同じ3UTで打ちやや右に出たが、ドローがかかってグリーン右に乗ったように見えた。

行ってみると、グリーン右奥のラフにこぼれていた。

やはり、21° の3UTでは大きすぎた。


左下がりラフから4打目をPWで転がそうとしたが、トップしてグリーン左のカート路まで行ってしまった。

カート路左のラフにドロップしてPWでピン左手前80cm程に寄せて、これを入れて 6 。

このHで+3は痛かったが、2Hに続いて良いアプローチをしたのが救いだった。
       


4H 113Y

170915 4H

ピンは右手前。

8 鉄で低く抑えて打とうとしたが、シャンク気味に右斜面に出て、右特設Teeのやや先の斜面途中のかなりの爪先上がりの草むらに止まった。


1H同様に左に行き易い状況だが、ピン方向にはバンカーがあるので、そこも避けたい。

9鉄で出すだけのつもりが、かなり引っ掛かって左特設Tee先のラフに行った。

3打目をPWで打ち、ピン右奥5m程にオーバーしてしまった。

ここから2パットで 5 。  



5H 142Y

170915 5H

ピンは左奥。

5鉄を持って来なかったので、3UTか6鉄しかない。

かつて、同じようなピン位置で6鉄で丁度良かったのだが、今回は全く自信無し。


3UTで抑えて打とうとして、本日3回目の判断ミス。

ヘッドアップしてネックに当たりチョロ、左カート路を転がって特設Tee手前のラフに行った。

バンカー越えなのだが、ピン迄の距離が良く分からん。。。

PWで低く打ち出してと企んだが、思惑に反して高く上がってしまい、ピン左手前5m程についた。

ここから2パットの 4 。




6H 231Y

170915 6H

ピンは右やや手前、風はTeeでは右からのフォローのようだが、突然アゲインストになったりして、良く分からん。

3UTの低いフェードで、特設Teeの少し先のFW右に行った。

グリーンエッジまで55Yくらいか?


ピン迄は65YくらいとみてPWで打ったが噛んでしまい、低い引っ掛けで左バンカーとエッジの間に行った。


ここからPWでピッチ&ランしたが、思った程転がらず、ピン左手前3m程で止まってしまった。

ここから2パットの 5 。

170915 6H フィニッシュ

そこそこのショットをしているのに、この崩れたフィニッシュは。。。orz




7H 157Y

170915 7H

ピンは左奥、右からの強いアゲインストだ。

3UTでヒールチョロ、左の金網に当たって止まった。

ドロップしたが、相当な爪先上がりだ。


酷い爪先上がりは本日3回目、ここから引っ掛けは怖い。。。


それでも距離は稼ぎたいので、7鉄を持つ。

案の定、低い引っ掛けで左バンカーの左へ出て、ハザードに入ったか助かったか、という方向に行った。


念のために7鉄で暫定球を打つが、セミチョロでカート路が右に曲がる少し先迄しか行かなかった。


ここからはバンカー越え、8鉄でトップしてバンカーに転がり込んだ。


昨年はどのバンカーも砂が少なく、SWだとソールが跳ねてうまくいかなかったので、今回はSWをはずして60°のLWを持って来た。


しかし・・・

ボールはアゴの下の、砂がへこんだ所に入ってしまっていた。

ソールの薄いLWでは無理で、アゴを越えられずに転がり落ち、アゴの直下のさっきよりもライの悪い、噴火口のような所に入ってしまった。

         ( ̄◇ ̄;)

これは絶対出ない、と判断して、アンプレアブルして元の所から8打目を打った。

これがグリーンに乗るだけで、長いパットを残した。


良く考えてみたら、アンプレアブルしたのならライの悪い元の所ではなく、別の所にドロップできた筈だ。


この長いパットを2m以上オーバーしてしまい、返しも入れられずに3パットの 11 。
      。・゜・(ノД`)・゜・。



8H 151Y

ピンは右やや手前、強いアゲインストだ。

このホールは右林に打ち込む事が多く、アドレスから3UTのフェイスをやや被せて打った。

170915 8H

 ↑ 例に依ってグリップが浮いて、ヘッドのトウ側が下がっているのが分かる。
そのためフェイスは右を向く筈だが、あらかじめ被せてあった分、右に出ずに済んだようだ。

思惑通りに低いドローになって、グリーン手前に乗ったかに見えた。

行ってみたらエッジ手前だった。


9鉄で転がしたが、かなりショートしてしまい2パットの 4 。

PWの方が良かったか?

170915 8H フィニッシュ

しかし、6H同様に酷いフィニッシュだ  (>_<)



9H 149Y

170915 9H

ピンは左奥、強目のアゲインストだ。


8H同様に3UTでフェイスを被せて打ち、低い弾道でピン左手前6m程に乗った。


このホールのグリーン奥は重い、という事は分かっていたのだが、1stパットを2m以上ショートしてしまった。

しかし、次のパットを強めに打って入れ、本日2つ目のPar 。

170915 9H フィニッシュ

この日一番のショットだというのに、6H&8Hと同じ酷いフィニッシュだ。

         ( ´゚д゚`)



46 (17パット) 。。。 ( ;´Д`)


まあ、今年初、練習無し、前日の素振りなし、動画でのフォームチェックなし、ならこんなものだろう。


8H、9Hの3UTのショットは一見良いように見えるが、フェイスを被せて打ったら左に行かないとおかしいのだから、所詮は小細工に過ぎない。


救いは7H以外のパットが良かった事と、2H&3Hで良いアプローチが出来た事だ。


これは最後の2H以外で使っていたUS仕様HEX CONTROLの感触が良かったからかも知れない。


クラブを間引いたのも良くなかった。

結果的に25°のUT、5鉄、SWが無いのが痛かった。

次は横着せずに持って行くぞ。

       (`・ω・´) シャキーン




スポンサーサイト
2017年09月01日 (金) | 編集 |

前回の「単体DACを導入した (・∀・)」で書いたのだが、Blu-ray プレーヤーでSACDを再生しても余り良くなかった。


但し、このSACDは1984年録音だから、DSD録音ではなくPCM録音をDSDに変換したものと思われた。


そこで、1990年録音のSACDを聴いてみた。

こちらもPCM録音のDSD変換の筈だから、余り期待もしなかった。


しかし!


出て来た音は明らかに違う。


単体DACを導入した (・∀・)」で書いたように、SACDのDSD信号はプレーヤーのデジタル出力からは取り出せず、PCMに変換されてしまう。


Blu-ray プレーヤーの設定でPCM変換のサンプリング周波数を192kHzにしても、DACのサンプリング周波数インジケーターでは88.2kHzになっている。

サンプリング周波数


これはBlu-ray プレーヤー側の仕様なのだろう。


それでも、量子化は24bitの筈だから、44.1kHz、16bit のCDと比べると高域の伸びと切れ込みが全く違う。


Blu-ray プレーヤーで聴くSACDは、個々の楽器は良く録れているが、音楽全体が捉えられていないもどかしさがあったが、デジタル出力から単体DACを通した音は個々の楽器も、オーケストラ全体の響きも良く聴こえる。


金管の炸裂や弦の熾烈なアタックが明らかに違う。


SACDを聞き終わってから、同じ曲同じ指揮者とオケのCDを聴いたら、まるでラジカセのような貧相な音に聴こえた。


尚、前回は試していなかったアップコンバート機能の音はどうにも良くなかった。


元々入っていない信号を予測して付け加える、という手法は「でっちあげ」でしかないだろう。


ソースによっては効果があるかも知れないが、いずれ結論を出せるだろう。