• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2017年08月19日 (土) | 編集 |
1988年製の定価59,800のCDプレーヤーを使い続けて来た。

バブル時代のオーディオ製品は金が掛かっていて、今のデフレ時代のコストダウン至上主義とは全く異なる、物量投入のものが多かった。

ずしりと重い重量8.5kg 、昨今の薄型軽量プレーヤーとは次元の違う重さだ。


重いという事は、大きくて強力な電源トランスや厚い鋼板の筐体を採用している、という証拠だ。


但し、信号を読み取るレーザーピックアップの出力が落ちたらしく、一部のCDや少なからぬCD-Rが読み込めなくなっていた。


読み込めないディスクはBlu-ray プレーヤーで聴いていたのだが、こちらは薄型軽量で重量2kg 、音は歪みが少なく、綺麗なのだが重量感や力強さは不足している。


新たなCDプレーヤーを買う手もあるのだが、これはという製品が見当たらない。


新製品は少なく、重量級モデルは皆無だ。


今更、5〜7年前のモデルを買うのもどうかと思うので、単体DACを買う事にした。


DAC.jpg


TEAC の UD-301-SP 、amazonで30,980円だった。


DACというのは、CDやDVDのデジタル信号をアナログ変換する回路で、CDプレーヤーやDVDプレーヤーに内蔵されているものだが、単体DACはこの回路を独立、単体にしたものだ。


29年前のCDプレーヤーに同軸出力で繋ぎ、天板に鉛のスタビライザーを2個乗せたら、目の覚めるような鮮烈な音に変身した。

        \(^o^)/

発熱も多く、長時間使用するとかなり熱くなって、時折音が途切れた事があったので、パソコン用のファンで冷却している。


DAC UD-301



つぶ鹿の持っているICレコーダーはサンプリング周波数96kHz、量子化24 bit の高音質録音ができるのだが、この録音が入ったパソコンをUSBで繋いで再生する事もできる。



Blu-ray プレーヤーでSACDを再生してみたが、これは良くなかった。

         _| ̄|◯ ガックシ

SACDのDSD信号は、プレーヤーからデジタル出力する事ができず、PCMに変換されてしまうからだ。


DACのサンプリング周波数インジケーターでは44.1kHzになっているので、CDと同じになってしまっている。


そこで、Blu-ray プレーヤーの設定でPCM変換のサンプリング周波数を192kHzにしてみたが、これでもいまひとつだった。  (--;) 


CDのような、目の覚めるような鮮烈な音にはならないのだ。。。


アップコンバート機能というのもあって、44.1kHzの入力を176.4kHzにアップコンバートできるというものだが、これはまだ試していない。


まあ、それでもオーディオマニアの遊び道具としてはいろいろと楽しめそうだ。

      (・∀・)!!



スポンサーサイト
2017年08月07日 (月) | 編集 |
前回、法定相続情報証明制度について書いたばかりなのだが。。。


亡父名義の不動産の中に未登記の建物があった。


これは、今の土地を祖父から相続して家を建てようとした時に、元々あった離れなのだが、登記されないままになっていた。


前住人 (父親の従兄弟?) の時代から未登記だったのかも知れんが、当時中学生だったつぶ鹿には分からん。


未登記の不動産を相続するには、未登記のままで市税事務所に「未登記家屋納税者に関する届出書」を出せば良い事になっている。


要は、固定資産税さえ払えば、誰の持ち物だろうが知ったこっちゃない、という事なのだろう。


念のためにTELで問い合わせて、「法定相続情報一覧図」を提出すれば、戸籍関係書類の束は不要なのだな?と聞いてみた。


これに対する市税事務所の資産課家屋班の答えは、

そんなもの知らん!」だった。


      ガ━━━━(゜Д゜;)━━━━ン!!!!   


つぶ鹿が「法定相続情報証明制度」が本年 5/27 から始まったのだぞ、と説明しなければならなかった。

         ヽ(`Д´)ノ 

担当者は「不勉強で〜」と言い訳しつつ上司の所に行って暫しの間の後、ようやく「法定相続情報一覧図」を出せば他の戸籍関係書類は不要、という回答を得た。



市税事務所は以前にも、相続人代表者指定届を出した後も、バカをやってくれた。


つぶ鹿が「相続人代表者」だ、という届けをすると、被相続人への税金関係の連絡、請求は相続人代表者宛に来るようになる、というものだった。


それにも係らず、固定資産税の口座振替ができなかったので、いついつ迄に支払え、という請求を故人宛に寄越しおった。


C市西部市税事務所の資産税課、おまえらの事だよ!


こいつら、やる気あるのかね?

         ( ̄◇ ̄;)