2017年05月01日 (月) | 編集 |
父親を亡くしてから、つぶ鹿はひたすら多忙だ。

父親の自動車保険は更新手続きをしたばかりだった。

その保険を解約するのが大変だった。

保険会社がいうには、死亡者には解約出来ないので、家族に名義変更の上で解約するのだと。

しかも、同居家族がいるならその人物だという。

その上、TELによる聞き取り調査があるのだそうだ。

母親は認知症で、まともな会話が出来ないのでダメ。

それでは弟でと思うと、こいつは嫌だと言う。

何度も保険会社と交渉の末、ようやくつぶ鹿に名義変更して解約、という事にしてもらえた。


それにしても、ネットの保険会社というのは保険料は安いが、TELはなかなか繋がらないし、毎回オペレーターが異なるので、同じ話を何度もしなければならなくて始末が悪い。


解約出来るまで1ヶ月程掛かってしまった (-_-;)


父親の自動車も11年落ちで、来年からは自動車税の割り増しになるし、車高も着座位置も低くて長時間乗ると腰にきついので、処分する事にした。


しかし、簡単にはいかない。


父親が生まれてから死ぬまでの全ての戸籍が必要なのだ。


全ての相続人を明らかにするためには、
戸籍法が変わる度に古い戸籍情報は全部事項証明書から抹消されるので、その改製前の原戸籍を全て取得しなければならない。


父親の生誕地の役所に問い合わせた所、他所で生まれて後に転入している、と言われた。

???

そんな話は聞いた事もない。

どの自治体から転入したかは教えられない、原戸籍に記載されているからそれを見ろ、と言うのだ。


???

あちこちの親類に問い合わせても、誰も知らない。


ひょっとすると、庶子だったのでは?という疑いが沸き上って来た。


しかし、現在の戸籍の全部事項証明書には問い合わせた◯◯市出生、とあるのだ。



仕方ないので、◯◯市にある原戸籍謄本と除籍謄本を取り寄せた所、◯◯市の生まれと記載されていた。


◯◯市役所の市民課のおねーちゃん、出鱈目を言いやがって!

       ヽ(`Д´)ノ

続いて、現在の本籍地の役所で全ての原戸籍をくれ、と言って出て来た原戸籍謄本を見ると、明らかに間が抜けている。


◯◯市と現在の本籍地の間を何往復かしていたようなので、他にも原戸籍があるようだ。


ネット上の情報では、大正生まれだと原戸籍は4〜5つあるらしい。


戸籍法の改正は昭和23年と平成6年にあったので、昭和23年以前と昭和23年〜平成6年の2つの原戸籍があるのだろうか?


自治体2つ分なら、合計4つなのか  (゚Д゚)?


現在の戸籍の全部事項証明書には、

【改製日】平成26年1月11日
【改製事由】平成6年法務省令第51号附則第2条第1項による改製

とある。


何だか、良く分からん  (´;ω;`) ブワッ


結局、原戸籍集めはガ◯バ◯の行政書士がやってくれたので、車を処分する事が出来た。


行政書士は、自分が取り扱う案件の関係書類を取り寄せられるのだそうだ。



役所の手続きも大変だった。

2回に渡って、延べ4時間くらいかかった  ( ;´Д`)  


年金関係の手続きも一筋縄ではいかなかった。


こういった手続きは、同居家族でないと出来ないものが多く、父親と別居のつぶ鹿には大きな壁になっていた。


父親と同居している (筈の) 弟は、父親の入院中に一度も病院に行かず、退院してからも一切介護をせず、つぶ鹿が3日徹夜で介護しても知らぬ顔で毎日外食していた、というとんでもない奴なのだ。


つぶ鹿が心房細動の発作で父親の火葬に行けなかった時、
こいつは役所の手続きは全て自分がやると宣言して、
葬祭費用の領収証を自分の名前にしてしまった。


おいおい、葬祭費用を出したのはつぶ鹿だというのに。。。

        ( ´゚д゚`)  


翌日、こいつは「俺は何もやらない!」と言い出した。


領収証がこいつの名前なので、後期高齢者の葬祭費用5万円の申請ができず、葬祭業者に頼んでつぶ鹿の名前の領収証に変えて貰うのに1週間かかった。


こいつはいざとなると必ずケツを捲るので、何も任せられないのだ。



結局、全て自分でやるしかないという結論になった。



最大の難関は、預貯金通帳が入っている金庫が開かない (らしい) という事だった。

1回は開くかも知れないが、一旦閉めたが最後、2度と開かないかも知れない、という大問題に直面したつぶ鹿はどうする?


           Part 2 に続く  (`・ω・´)



スポンサーサイト