• 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
2016年12月27日 (火) | 編集 |
フルグラに始まったつぶ鹿のシリアル挑戦、チェコ製に続いてポーランド製を試してみた。

ポーランド製シリアル

350gで198円と、フルグラのほぼ半値だ。

バナナ、シリアル、ヨーグルト、ジャムという組み合わせで、自作パンとコーヒーとともに朝食にしている。

Crunchy.jpg

朝食シリアル.JPG


成分は以下のように表示されている。

オーツ麦フレーク、グルコースシロップ、乾燥果実 (レーズン、パイナップル、ココナッツ、パパイア) 、オーツ麦粉、バナナチップ (バナナ、植物油脂、砂糖、はちみつ) 、植物油脂、大麦粉、とうもろこし粉、食塩 / 乳化剤 (大豆由来) 、香料、pH調整材、塩化Ca、保存料 (亜硫酸塩)

ワインのような保存料が入っているのが気になる。


フルグラは甘くて閉口したが、これもかなり甘い。

しかし、嫌な甘さではなく、蜂蜜の甘みのようだ。


そこそこの噛み応えもあり、なかなか宜しい。


暫くはチェコ製とポーランド製を交互に食してみるか。




スポンサーサイト
2016年12月09日 (金) | 編集 |
往路 アンデルセン経由  約70分
復路 味菜畑経由     約75分

往路、左後輪で異物を踏み、チェックのため何度も停車して遅くなった。



1H 102Y

161209 1H

ピンは右手前、ほぼ無風。

ボールはMX-SPIN 。

上体は起き上がらなかったにも係らず、9鉄で押し出して右手前の枯れたラフ。

9鉄で転がし上げようとしたが、エッジ手前にショート。

ここからパターでピン左50cm程につけ、1パットの 4 。



2H 148Y

161209 2H

ピンはやや左の中程、ほぼ無風。

ボールはMX-SPIN 。

グリーン左手前木々の一番右の高い木の後ろに見える。

それを意識したかどうか分からないが、スタンスがやや右を向いている。

ここは5鉄で打つと決めていたにも係らず、25° の5UTを持ってしまう。

インパクトでグリップが浮き、しかもヘッドがインサイドから出て、更にトウに当たったものだからモロに右に出て、フロントTeeの右の木に当たって左に跳ねて、フロントTee先に落ちて来た。

2打目、8鉄でグリーンを狙ったが、右手前にショートした。

3打目、9鉄で転がすがピン奥へ2.5mくらいオーバーしてしまった。

この下りのパットを50cmくらいショートして、下りの嫌な距離を残したが、これを入れて 5 。


大崩れする事の多いこのホールで 5 なら、まあ許せる範囲か。。。



3H 132Y

ピンは右奥、ほぼ無風。

ボールはMX-SPIN 。

6鉄で届く筈だが、またしても25° の5UTを持ってしまう。

前回から使い始めたこのクラブがどれ程飛ぶのか知りたかったからだ。

161209 3H

 ↑ 例に依って、グリップが浮いて体から離れ、ヘッドのトウが下がってフェイス面が右を向き、しかもトウに当たっている。

全く進歩のないスイングだわ。。。 ◯| ̄| _

大きくフケて右斜面のOB域へ行ったが、斜面を落ちるのが見えなかったので暫定球を打った。

ボールをHEX CONTROLに換える。

同じ25° 5UTで、1球目程ではないが右斜面に押し出した。 

             ( ;´Д`)

幸い、どちらも右斜面下のラフにあった。

2打目を9鉄で転がすが、ピンを4m程オーバーして下りのパットを残した。

1stパットを60cmくらいショートして嫌な下りを残したが、ここから入れて 4 。




4H 113Y

161209 4H

ピンはやや右の手前、ほぼ無風だ。

以後、ボールはHEX CONTROL 。

8鉄でダフってしまったが、何故か高い球でピン方向に飛び、右バンカーより手前のFW (?) に止まった。

ピン手前なのでアプローチは難しいが、9鉄で転がそうとしてショート、グリーンに乗らなかった。

エッジまで1m弱あったが、芝は枯れているのでパターを使い、ピン左やや奥70cmくらいにつけ、これを入れて 4 。

161209 4H素振り

 ↑ 素振りはシャフトもヘッドもグリップに隠れて見えない。
 ↓ ショットは素振りより肩の回転不足でトップが浅く、上体が突っ込み始めている。これは酷いわ・・・ (--;) 

161209 4Hショット

ここまで4ホールで5オーバー、良くはないが大崩れも無く、まずまず順調かと思われたのだが。。。 ( ´゚д゚`)

[広告] VPS


5H 142Y

161209 5H

ピンは左奥、いつも風が強い高台のTeeでも風は感じない。

Tee Gr.の固い砂地にティペッグが殆ど刺さらず、えらく高いTee up になってしまった。

クリーンに打てれば良かろうと思ったが、トップの低いスライスで擂り鉢を越えられず、左上がりの芝の薄いラフ?に止まった。

ピンまで60Yくらいと見て、PWで打ったが、これもトップの低いスライスで奥のバンカーの奥のアゴの上の、左下がりの薄いラフに行ってしまった。

ピンが近く、左下がりから上げなければならない。 (;゚д゚)

目の前のバンカーにわざわざ入れるのだけは避けたいと思ったら、トップして低く出て、グリーン手前のバンカーに転がり込んだ。

           (´;ω;`)

例に依って砂が少なく、固く、アゴが高いバンカーだ。

SWを持って来ないので、AWを開いて打った。

これがクリーンに当たってしまい、奥のOBに行ってしまった。

       ガ━━━━(゜Д゜;)━━━━ン!!!!

6打目はAWを更に開いて打ったが、今度は固い砂にソールが跳ねて、開いたフェイスの方向に飛び出して、グリーン右奥のラフまで飛んでしまった。

7打目、PWで転がすがグリーン上で止まらず、グリーン左奥にこぼれる。

パターの8打目が2m程ショートして、2パットの 10 。


ここで死んだ。。。 _| ̄|◯ ガックシ



6H 231Y

ピンはやや左の手前、Teeでは風は感じなかった。

25° 5UTで打ち、フケて出て右斜面にキックして、爪先上がりのラフに止まった。

特設Teeの手前の、最初の旗の更に手前で、まずまずの当たりをしたマルキュウの僅か5Yくらい先に過ぎない。

161209 6H

 ↑ フェイスの中心付近に当たっているが、腕とシャフトが一直線、トウが下がっている筈だ。

デシャンボーのようにもっとアップライトなクラブなら、これで良いのかも知れないが・・・


2打目地点ではかなりのアゲインストになっていた。

グリーンエッジまで120Yくらいありそうなので、7鉄でやや右を狙って打った。

そこそこの当たりで、ややフックしてピンの左手前4mくらいに乗った。

このパットを70cm程オーバーしたが、返しを入れて 4 。

5Hでは大叩きしたが、プロでも難しい231YのPar 3、今回で平均ストローク 4.99 のこのホールで 4 なら、まあ許せる範囲だったのだが。。。

[広告] VPS



7H 157Y

161209 7H

ピンは左奥でバンカーの先に見え、かなりのアゲインストだ。

低い球を打ちたいので、3UTを短く握ってパンチショット風に打とうとした。

上体が起き上がらずに低い球になったが、左に出たので右手を離したが既に手遅れで、左手前バンカーの手前に行った。

爪先上がりのこのライから、LWで上げようとしたが、噛んで辛うじてバンカーを越えて相当な左上がりで、右足のスタンスが取れないバンカーのアゴの上に止まった。

右足の置き場が無いので、ピンよりかなり右を向いて9鉄でピン方向に打ったが、7mくらいショート。

1stパットを2m程オーバーしてしまい、下りの返しを入れられずに 6 。

[広告] VPS



8H 151Y

ピンはやや左手前、アゲインストの筈だ。

いつも球が上がってしまうので、3UTでTee up せずに打った。

しかし、打球は高くはないが右に出て、木に当たって右特設Tee手前の枯れたラフに転がり出た。

161209 8H

 ↑ 腕とシャフトが一直線になった結果、ヘッドのトウが下がってフェイスが右を向いている。

2打目をAWでザックリ、3打目もLWでザックリしてしまい、4打目のAWでピン左手前3.5m程につけた。

しかし、1stパットを大オーバーしてしまい、返しも外して3パットの 7 。




9H 149Y

161209 9H

ピンは右の一番奥、アゲインストの筈だ。

161209 9H shot

 ↑ 25° 5UTで打ったが、ネックに当たって赤く見える左の生け垣そばに転がった。 本日最低のショットだ。。。。

       。・゜・(ノД`)・゜・。

少し前方のフロントTeeが107Yなので、ピンまでは135Yくらいか?

ただ、前方の上には木の枝が有り、いかにも当たりそうだ。

7鉄で枝を避けて右に打ち出し、グリーン右手前の芝の薄いラフに行った。


グリーンの奥は重いと分かっているのだが、パットの大オーバーが何度もあったので一筋縄ではいかない・・・

結局、8鉄で転がしたが、矢張り奥は重くて5mくらいショートした。


カップをオーバーして下りのパットを残したくないと思いつつ、1stパットを1.5mくらいもショートしてしまったが、この上りを入れて 6 。



何と、49 (18パット)。。。 ・゚・(つД`)・゚・。

ショット好調で41のマルキュウに 8 打も負けた。


前回のラウンド以後の10日程、毎日腹筋運動をしたのだが、効果は感じられずに軽い腰痛だけが残った。


球を打つと素振りのようにいかないのが悪いのか、それとも昨年からトップを低くしたスイングに変えたのがいけないのか定かではない。

かつての中島常幸のようなプロでもスイング改造中は不調だったから、つぶ鹿ごときが短期間で良いスイングを身につけられるわけもない。


しかし、ゴルフ再開後の最高のスイングが、再開直後の ↓ このショットだったことを考えると、元のスイングで良かったのか?とも思うのだ。

[広告] VPS





2016年12月04日 (日) | 編集 |
少し前までは某国が成蹊大国だったが、いまや我が国も勝るとも劣らないレベルに達している。

TVで見る顔は100%成蹊だと言って良いのでは有るまいか?

芸能人、歌手、モデル、アナウンサー、スポーツ選手、気象予報士、料理研究家、道路交通情報センターのお姉ちゃん、etc.


成蹊の手法は決まっているので、皆どこかで見たような、他の誰かのような顔になっている。

具体的には ↓ こんな顔だ。

般若.jpg

鼻筋一直線 or 額から鼻が生えたアバター顔
少し前の朝ドラの主人公が顔中鼻だった

眉のあたりの額を突出させ、頬骨も突出させた結果、宇宙戦艦アンドロメダの2連拡散波動砲かカプセル怪獣ウィンダムのような異様な奥目顔

本人は彫りの深い顔にしたつもりだろうが、全体を突出させた結果、かえってのっぺりした顔になってしまう

奥目は、瞳が黒くない白人が紫外線の影響を減らす為に進化した結果じゃあるまいか。

日本人が真似ても可笑しいだけだ。


顎を尖らせる or ラッセル車のようにしゃくれさせた顔

顔面の皮膚を後方に引っ張って無表情で目を見開いた顔

目頭切開、目尻切開で目を異様に大きくした顔


成蹊で良くなった例など見た事が無い。
100%醜悪な顔になっている。

成蹊美人ならまだしも、成蹊ブ◯は見られたものではない。

ゴーリキーのような顔になりたい、という若い女性が多いらしいが、他人のような顔になって何が楽しいのか。

こいつらにアイデンティティというものはないらしい。

最近見た成蹊例で酷かったのは以下の2人だ。

某球技の女子プロ、安◯柱選手。
絶対成蹊していないと思われる低い鼻が愛嬌あったのだが、結婚してからおかしくなり鼻根部を高くした。

鼻を高くすると、そこの皮膚が引っ張られるので、目の表情も変わる。

ドロ〜ンとした胡散臭そうな無表情な目になってしまった。


もう一人は、某競技の高◯皿選手。
安◯柱と同様に鼻根部を高くして、目も変わった。
一見、メイクのように見せているが、明らかに成蹊に見える。

いつもインタビューで見せていた困ったような表情が消えた。

2人とも、元の顔の方がずっと良かった。
いずれも好きな選手だっただけに大いに失望した。

         _| ̄|◯ ガックシ

成蹊しても劣化は避けられないので、定期的に手直しの成蹊を続けなければならない。


一旦「成蹊」したら、2度と元の顔には戻れないのだが、本人はそれで良いと思っているのだろうか。