2016年06月23日 (木) | 編集 |
昨年5月に書いたPart 2でギュンター・ヴァントの演奏を余り高く評価していないが、彼の名誉のために追加しておきたい。

1970〜1980年代の演奏は良かった。


1979年 NHK交響楽団



かつてNHKFMで放送され、つぶ鹿は第4楽章だけカセットに録音して愛聴していた。
改めて聴いてみると、後年の人工的な弱音がなく、金管の強奏やティンパニの強打が豪快でかなりの名演だった。

N響は強奏部でも汚い音を出さず、到底N響とは思えない透明な響きを出している。

ヴァントの第5番としてはつぶ鹿が最も気に入っている演奏だ。


1974年 ケルン放送交響楽団



N響盤より更に前の演奏で基本的にはN響盤に近いが、金管の咆哮が五月蝿くなる寸前で留まっている、という印象だ。

この響きを耳障り、五月蝿いと感じる人もいるだろうが、「俺のブルックナーはこうだ。文句あっか!」と言わんばかりの演奏には「遅れて来た巨匠」と言われた晩年には失われてしまったものが有るように思う。


1989年 北ドイツ放送交響楽団



1970年代のケルン盤、N響盤と1990年代のミュンヘン盤、ベルリン盤の間に位置する解釈だと思う。

金管やティンパニがやや大人しくなり、やんちゃ坊主がゆとり世代になったかのような、良く言えば中庸、悪く言えば特徴を欠く演奏という感じだ。

名演だとは思うが、いまひとつ印象が希薄な気がする。

手兵の北ドイツ放響という事もあって、指揮者の意思がオーケストラに十分伝わっていて、これが一番と受け取る人も当然いるだろう。


1991年 ベルリン•ドイツ放送交響楽団



上記89年盤よりも金管を強奏して、70年代のスタイルに近いように思う。

オーケストラの特質のせいか、録音のせいか、その金管がやけに汚く聴こえる。
若き日のスタイルを踏襲しようとしても、似て非なる物になってしまったのだろうか。

ヴァントの第5番としては最も中途半端な存在と感じる。



1995年 ミュンヘン•フィル



翌年のベルリン•フィル盤に近い解釈だが、同じミュンヘン•フィルでもチェリビダッケの演奏と比べるとオーケストラをコントロールし切れていないもどかしさが有る。

オーケストラの技量ではベルリン•フィルに劣るかも知れないが、ティンパニ奏者の気迫の凄まじさが聴き所だ。

あまりにも豪快で、終楽章のコーダではティンパニが強すぎてコラール主題が聴き難いが、このティンパニ奏者の活躍がなかったらベルリン•フィル盤の陰に隠れて存在感の薄い演奏になったと思われる。



YouTubeをいろいろ見て行くと、未知の指揮者に出会う事がある。
大抵はつまらない演奏なのだが、↓ この演奏には驚かされた。

ガブリエル•フムラ指揮 
ワルシャワ•フィルハーモニー管弦楽団



フムラという指揮者は全く知らなかったし、どことなく俳優のリック•モラニスに似ていて ww、到底良い演奏をするとは思わなかったのだが。。。。

調べたら、80〜90年代にはN響に客演していたらしい。

5分程聴いて、これはかなりの名演だと気づいた。

弦と木管の音色が透明で、金管は渋い響きを出している。
強奏部でも響きが混濁せず、何よりも聴いていて抵抗が無い。

最後にコラール主題が鳴り響くところでは、感動で胸が熱くなった。

この感触は余程良い演奏を聴かない限り得られないものだ。


終演後、フムラの容姿がリック•モラニスからロリン•マゼールに変わったように思えた w w w

昔からブルックナーを得意とする指揮者は80過ぎの年配ばかりだったが、現在70歳のフムラが数々の名演を残して欲しいものだ。



スポンサーサイト
2016年06月18日 (土) | 編集 |
3月からスマホを使っているが 、Wi-Fi 運用なので通信費用は発生しなかったのだが、雑誌の付録で最大4ヶ月500MB使える無料のSIMを2枚入手したので、使ってみる事にした。

BIC SIM

 ↑ このようなパッケージが送られて来て、ネット上で手続きすれば使えるようになる。

docomoの回線を借りているMVNOの IIJ mio から又借りしているビックカメラのSIMだ。

500MBなんぞあっと言う間に使い切って、およそ役に立たないかと思ったが、そうでもなかった。

月初から使えば、4ヶ月目の月末まで使えるので、500MB/120日だとすると一日当たり4.17MB程使える計算になる。

Androidの設定からモバイルデータ量を見て、日々の使用量を知る事ができるが、今日迄26日で 56.11MB だった。

160618 モバイルデータ量

楽々4ヶ月目の月末まで使えてしまう。 (^^)

各アプリのデータ使用量も分かるので、大食いアプリには注意すれば良い。
SIMは2枚あるので、年末まで使えそうだ。

以前、Google Play ストアがかなりのデータを使う、と書いたが、Google PlayはWi-Fi運用のみにしたらSIMのGoogle Playデータ使用量は僅か403Bになった。


Wi-Fi運用できる環境なら、Google Playを追い出せばかなりのデータ量節約になりそうだ。


更に、普段は機内モードにして使用時だけ解除。
通話はガラケーでするので、こういった手法が採れるのだ。
         (・∀・)

GPSも地図アプリを使う時だけON 。

機内モードはセルスタンバイ問題も回避できるので、電池のもちがかなり良くなり、1週間以上使えるようになった。  \(^o^)/


目下の最大の問題は「眼に悪い」事で、眼鏡なしではとても使えたものではない。

一日中スマホから目を離さない連中は、若くして老眼に悩まされるに違いない。




2016年06月10日 (金) | 編集 |
日本人の大半が「五月晴れ」の意味が分かっていない。

五月 (さつき) とは旧暦の5月で、現在では6月の事。
「五月晴れ」は梅雨の6月の晴れ間の事なのだが、もはや誤用が定着して5月の晴天日になってしまった。


先週が余りにも酷かったので、今日も行って来た。

往路復路とも三山経由で60分弱だった。


1H 102Y

160610 1H

ピンは右奥、風は殆どないようだ。

9鉄で打って押し出し、カート路付近に落ちたがキックが悪くて、サブグリーン?でやっていたアプローチのレッスンの方に転がってしまった。

サブグリーン上の数十個のボールから自分のボールを一瞬で発見して、ドロップしてサブグリーン越しにPWで打ったがカート路手前にショート。

3打目もPWで打ち、ピンまで4mくらい残した。

ここから1stパットが1mくらいオーバーしたが、返しを入れて 5 。

[広告] VPS


2H 148Y

160610 2H

ピンは中央付近のかなり奥、風はややフォローか?

やや上りだし、160Yくらい打たないとだめだろう。

アイアンでは届く気がしないので、3UTで抑えて打とうと思った。

しかし、これが酷いトップ。

幸い、方向はピン真っ直ぐだったのでコロコロと転がってグリーンを駆け上がり、ピン手前5〜6mのいい所に乗ってしまった。

1stパットを1m程ショートしたが、ここから入れて Par 。

[広告] VPS


3H 132Y

160610 3H

ピンはほぼ中央のかなり手前。
風は特に感じなかった。

7鉄で押し出してしまったが、右斜面を転がり落ちてピン真右のエッジに行った。

PWの2打目が2.5mくらいショートしてしまい、2パットの 4 。

[広告] VPS


4H 113Y

160610 4H

ピンはほぼ中央のかなり奥。
ここも風は特に感じなかった。

3Hで上体が起き上がって押し出したので、インパクト以降上体を起こさないように・・・と打ったつもりだが、シャンク気味に右に出て斜面を転がり落ちて右手前バンカーの更に手前に止まった。

ピンまで40Yくらいあるように見える。

AW (ロフト52°) で抑えて打って思ったよりも高く上がってしまい、ピン傍に落ちたのだが、トロトロと転がって4mくらい奥で止まった。

ほぼストレートのこのパットを入れて Par 。

[広告] VPS


5H 142Y

160610 5H

ピンはやや左のかなり手前、明らかにアゲインストだ。

手前にはずすとアプローチが困難なので、ピン奥に行っても良いと思って7鉄で打った。

またしても押し出してしまい、グリーン右手前のエッジに行った。
ほぼピンの真横だ。

2打目は9鉄で巧く転がし、ピン手前70〜80cmにつけてこのパットを入れ、Par 。

マルキュウは3鉄 (カーボンアイアンだが)でいいドローを打ち、グリーン右奥に乗せたが、惜しくも3パットで Par を逃した。

[広告] VPS


6H 231Y

160610 6H

ピンはやや右の一番奥、風はフォローのようだ。

3UTで左ラフへヒールチョロしてしまい、エッジ迄130Yくらい残した。

ここで1年以上封印していた5UT (ロフト28°) 登場。

このところ多用していた女性用7Wは余りにも弾道が高すぎて、打球を見失う事も多く、それ以上に高弾道ゆえに距離感がうまく合わなかった。

つぶ鹿は低い弾道が好みなのだ。

5UTはさっぱり打てないので使っていなかったのだが、現在はスイングも変わっているだろうし、ひょっとすると打てるのではないか?と思ったのだ。

そんなわけで、2打目は5UT 。

やや押し出したが、そこそこの当たりで右手前バンカーの横へ行った。
弾道も高過ぎず、許容範囲だ。

ピンは一番奥なので、9鉄で転がそうとしたが、噛んでしまって10mくらい残した。

1stパットを2mもショートしたが、2ndパットを入れて 5 。

[広告] VPS


7H 157Y

160610 7H

ピンは右手前、風はフォローなのかアゲインストなのか良くわからん。

6Hで使えそうだった5UTで打ったが、押し出しの高い球でグリーン右手前の、右カート路左に落ちた。

ピンが近いのでアプローチは難しいが、9鉄で転がそうとしてグリーンに乗らず、3打目はPWでトップしてピン先7m程に行ってしまった。

        (´;ω;`)

ここから2パットの5 。

[広告] VPS


8H 151Y

160610 8H

ピンはほぼ中央の奥、アゲインストだ。

ピンまでは165Yはありそうだが、アゲインストだと175Yくらい打たないと届かない筈だ。

3UTか、とも思ったが6Hのチョロが脳裏をよぎったので、5UTを持った。

右林が嫌なので、少しフェイスを被せて低いフックが出れば、と小細工してしまった。

しかし、小細工は大抵裏目に出る。

酷いシャンクで、低く出た球は右林を直撃して、出て来ないように見えた。

念のために暫定球を打ったが、押し出しの高い球で右林の上をかすめてFW右に行った。

160610 8H 暫定球

7W程ではないが、つぶ鹿の好みに反して、まだまだ弾道が高すぎる。


最初の球は林の一番下の木の根元にあったが、辛うじて左になら打てる位置だった。

2打目はPWでFWに出すだけ、3打目の9鉄でグリーン奥のピンを狙った。

しかし、これが酷いシャンクで、ピンのほぼ真右のグリーン右の浅いラフに行った。

4打目を9鉄で転がしたが、ピン迄は下りで今ひとつ突っ込めずにフックして行き、2m程残した。

このパットを入れられず、 6 。

[広告] VPS


9H 149Y

160610 9H

ピンは左のかなり手前、バンカー越えぎりぎりにある。
Teeでは特に風は感じなかったのだが・・・

7鉄でTee upを高くして、高い球を狙った。

打球はピンに向かって行ったが、バンカーか?と思ったらバンカーの更に手前に落ちた。

球の所に行ってみると、どうもアゲインストだったようだ。

前日の雨でバンカーには水溜まりがあり、砂が殆どなくて、バンカーに入っていたらかなり悲惨だったと思われた。

しかし、状況は簡単ではない。

ボールはバンカーの目の前だし、ピンはバンカーのすぐ先に見える。
ピン迄は10Yくらいだろうか?

1160610 9H 球の行方

こういう時のために持って来たロフト60°のLWで柔らかく上げて、ピン手前2.5mくらいにつけた。

このウェッジはかなり振っても余り飛ばないので、インパクトで調整する心配が少ない。

しかし、このパットを入れられず、4 。

[広告] VPS



38 (16パット) で、辛うじてこれまでの平均ストロークを上回った。

これまでより少しアウトサイドにバックスイングしているようだが、インパクトの音が良くなったか?

ボールを柔らかいWilsonからやや硬いMacgregorに替えたので、そのせいでインパクトの音が変わっただけかも知れない。

Wilsonは当たり損なった時の「ペシャッ」という音がいかにもヘタレ風なので以前使っていたMacgregor MX-SPIN に戻したのだ。


上体が起き上がって、右に押し出すケースが多い。
背筋や腹筋がまだまだ弱いのだろう。


うっかり筋トレなどやろうものなら各部の関節を痛めるので始末が悪い。

20〜30年前の筋力に及ぶ訳も無いが、このままでは進歩しない事も明らかだ。。。 

   _| ̄|◯ ガックシ 





2016年06月03日 (金) | 編集 |
2週間ばかり酷い腰痛で殆ど動けなかった。
朝起き上がるのに壁や柱に掴まりながら10分くらいかかった。


ほぼ回復したと思って行ってみたのだが・・・


往路 65分
復路 55分 程だった。


1H 102Y

160603 1H

ピンは左奥、やや左からのアゲインストか?

9鉄で当たり損ない、グリーン右手前の特設Teeの更に手前に止まった。
↑ スタンスがやや右を向いており、打球もスタンス通りに右に出ている。

2打目はPWでピン右手前6mに止まってしまった。

ここから2パットの 4 。

[広告] VPS


2H 148Y

160603 2H

ピンはやや左の奥、アゲインストのような、フォローのような良くわからない風。

7Wでシャンクしてしまい、右斜面からフロントTeeの前方に転がった。

ここから9鉄で打ったらまたシャンクして、右斜面を転がり落ちて右特設Teeの手前に行った。

3打目をPWで打つも、またまたシャンクしてグリーン右手前のエッジに止まった。

ここからパターで打ち、ピン左手前2mにつけたが、これを入れられずに 6 。


1995年11月に腰痛で本コースに行った時にもシャンクが止まらなかったが、上半身と下半身の動きのミスマッチだろうか。



3H 132Y

160603 3H

ピンはやや左のやや手前、風はアゲインストのようだ。

7鉄で打って、グリーン右手前にショートしたが、右に出なければ辛うじて乗ったのではないかと思われた。

2打目をPWで打ち、ピン右手前2.5m程にショート。
1stパットを1mくらいショートしたが、これを入れて 4 。

[広告] VPS


4H 113Y

160603 4H

ピンはほぼ中央のかなり奥、明らかなアゲインストだ。

高く上がってしまうボールなので、アゲインストだと吹き上がってショートする、と読んで7鉄を短く握って低い球でいこうと考えた。

しかし、昔ならともかく現在は小細工しようとして巧く行った試しが無い。

案の定、低いフックになってしまって左のハザードに行ってしまった。

池だけれども、ボール周辺の水は涸れているので打てなくはないのだが、明らかな凹みにあるし、前方にはカート路との境界にロープがある。

ロープ自体は動かせない障害物だとして無罰でドロップ出来るとも考えたが、潔くアンプレアブルしてカート路右側のラフ (というより草むら) にドロップした。

3打目を9鉄で低く打ち出そうとしたが、上方の木の枝に当たってしまい、FW左に落ちた。

ピンまで30Yくらいと思ったのだが、PWの4打目がグリーンオーバーして奥のバンカーに入ってしまった。   (´・д・`)

バンカーには余り砂が無く、ピンまで5mくらいだ。

SW → ホームランが脳裏をかすめたので、AWで打った。

これがピン左1m程につき、パットを沈めて 6 。




5H 142Y

160603 5H

ピンはやや右やや手前、明らかなアゲインストだ。

弾道の高い7Wだとかなり風の影響を受けそうなので、6鉄を短く握って低く打とうと思った。

しかし、Teeのどこにもティペッグが深く刺さる所が無く、かなり高めのTee upになってしまった。

フォローを抑えれば良かったのだが、振り切ってしまったので思ったよりも高い球になり、フケ気味に右に出てピンの真右のエッジに落ちた。

右に出なければピンに絡んだ筈だが、そう巧くいかなかった。

PWの2打目は2m程ショートして2パットの 4 。




6H 231Y

160603 6H

ピンは左のかなり奥、風は廻っていてフォローなのかアゲインストなのかさっぱり分からん。  ヽ(`Д´)ノ

風がどうであれ、低い球を打ちたかったので、ハーフトップ気味に当たるように構えた。

しかし、小細工はまたしても失敗で、低いフックで左の水路方面に消えた。

暫定球を打ち、これは高い球で右の段の上、カート路左のやや深いラフに行った。

左の特設Teeよりは少し後ろなので、ピンまで110Yくらいだろうか。

ラフに喰われて飛ばないかも知れないが、フライヤーで飛びすぎる事はあるまいと考え、8鉄で抑えて打った。

グリーン左の中央やや手前に乗せたが、ピンまでは10mくらい残った。

ここから2パットの 6 。




7H 157Y 

160603 7H

ピンはやや右やや手前。
風は右からのフォローだったり、右からのアゲインストだったり一定しない。

7Wでフックになってしまい、左手前バンカーの更に左の、ハザードとの境界の網傍に行った。

ドロップしてバンカー越えのピンにSWで上げて、ピン近くに落ちたと思ったのだがグリーン右奥にこぼれた。

ピンまでやや下りを9鉄で転がそうとしてザックリ、ボールは全く動かなかった。    ;y=ー( ゜д゜)・∵.

4打目を同じ9鉄で転がし、ピン右1m程につけ、これを沈めて 5 。

[広告] VPS


[広告] VPS


8H 151Y

160603 8H

ピンは右奥、風は良くわからん。

鬼門のホールだ。

大抵右の林に行って崩れるので、ゴロでもハーフトップでも、兎に角林に行かなければ良い、と決めていた。

Tee upする所が無いので、禿げたマット上からTee upしないで7Wで打った。

マットにダフってしまい、↑ の画像ではスクエアなフェイス中央付近にインパクトしているように見える。

しかし、打球は低いフックになって左手前バンカーに入った。

行ってみると、案の定バンカーには砂が少なく、しかも固く締まっている。

ピンまで距離はあるがSWだとホームランが怖いので、AWでエクスプロージョンした。

しかし、思った以上にソールが跳ねてホームラン、奥のバンカーに行った。
このバンカーも似たような砂の状態で、ピンも近いので今度はSWにした。

この選択が見事に裏目に出て、またホームランで最初のバンカーのTee側の縁のラフに止まった。

この左下がりからSWで上げようとしてシャンク、ボールはバンカーに転がり込んだ。   
       m9(^Д^) ぷぎゃー!

恐る恐るSWで打った5打目はグリーン手前に乗るだけで、ピンまで10mくらいを3パットしてしまい、 8 。

        _| ̄|◯ ガックシ




9H 149Y

160603 9H

ピンはやや右やや手前、風はフォローだ。

7鉄で高めのTee upで風に乗せようと打ち、まずまずいい当たりをしたと思ったが、手前バンカーを直撃、左下がりのライに止まっていた。

例によって、砂が少なく、固く締まっている。  (´・ω・`)  

AWで打ったら、シャンク気味で脱出できず、3打目のAWでピン奥7mくらいまで転がってしまった。

ここから2パットの 5 。


[広告] VPS


48 (18パット)で前回&前々回より5打悪かった。

今年になってから 47 → 37 → 55 → 43 → 43 → 48

過去127Rの平均ストロークも38を越えてしまった。 orz

2週間も殆ど歩かなかったので、下半身の筋力の衰えは明らかだったが、それにしても酷すぎる。

          。・゜・(ノД`)・゜・。






2016年06月01日 (水) | 編集 |
日々放送されるニュース映像の中には、如何なる訳か再び見られる事なく消滅したかと思われるものがある。


長野オリンピックのスキージャンプの時の事だ。

H田M彦選手の「ふなき〜」というヘタレな言葉は有名だが、その後の映像は何故か無かった事になっているらしい。

つぶ鹿も一度?しか見られなかったのだが、前回のオリンピックで期待はずれに終わったH田M彦選手が「ふなき〜」の大ジャンプを見て、
「辛かったんだよう」
と言って号泣する映像は二度と見る事は無かった。


高速道路で飲酒運転の大型トラックに追突されて炎上、子供2人が死亡した事故は有名だが、事故直後を後方から撮影した映像を一度だけ見た事がある。

燃えさかる車から母親だけが逃げ出して半狂乱になって叫んでいた。


この事故は危険運転致死傷罪の成立の原因となったものなのだが、母親だけ逃げてしまったのはまずかったのだろうか、この映像を再び見る事はなかった。

福岡で起きた同様な飲酒運転追突事故で、我が子を救おうと何度も海に潜った母親とは大違いなのは明らかだった。


上記2例はマスメディアによって隠蔽された、と思しきものだが、以下はどう捉えるべきか。


何時何処の事だか失念したが、天皇皇后両陛下が避難所を訪問なさった時の事だ。


皇后陛下は座布団に座られて、「遠巻きになった」被災者と話しておられた。

突然、皇后陛下は座布団の先端を掴むと、お座りになったまま、まるで空飛ぶ絨毯のように1m近くも前方に跳躍なさった www

www とは不敬だ、として命を狙われるかも知れないが ww、可笑しいというよりは皇后陛下の驚異的な身体能力には驚いた。

その場で即興的に行ったとは考えにくい。
巧く行かなかったら大恥をかくし、間違いなく叩かれるからだ。

密かに練習して、成功を確信なさっていたに違いない。

皇后陛下の庶民的な一面を見せていただいた、と考えている。


しかし、この映像も二度と見る事は無かった。

YouTube を探してもないようだ。


どう考えても宮内庁の仕業だろう。

テレビ局から没収されて、宮内庁の地下深い倉庫にでも入れられ、再び日の目を見る事はないのだろう。