2015年12月29日 (火) | 編集 |
千葉の君津で餓鬼が祖父母を殺した事件が起きた。
例によって「誰でも良かった」のだそうだ。

かつて刑法には「尊属殺人罪」があった。
尊属を殺したら死刑又は無期懲役というものだった。

これはローマ帝国時代からあるもので、現代では韓国、台湾、フランスにあるのだそうだ。 ( 事実かどうかは知らん ww )


1995年に、「尊属殺人罪」は法の元の平等に反する、という事で違憲とされ刑法からは廃止された。


その原因となった事件が、永年実の父親から性的関係を強いられ、何人もの子を産んだり堕胎した娘が件の鬼畜父親を絞殺した、というものだった。

詳細は良くは知らないが、死刑又は無期懲役しかない「尊属殺人罪」では情状酌量の余地がないのが問題視されたらしい。


そもそも、「尊属」だ「卑属」だ、というのはいかにも旧民法や大日本帝国憲法的で嫌な言葉だ。

親や祖父母は尊く (尊属) 、子や孫は卑しい (卑属) というのは余りにも前時代的ではある。


しかし、昨今の親や祖父母への殺人事件の増加は、法の元の平等などと言っていられる状態ではあるまいに。

親や祖父母への殺人は社会的影響が大きいのだから、
年齢的上下関係に係らず、何親等以内かの親族に対する殺人は罪を重くして良いと思うのだ。

情状酌量の余地を残し、柔軟に適応すれば問題は少ない筈だ。
現代人が得意な言葉の言い換えで「尊属」「卑属」は別語にすれば良い。

保護責任者遺棄という罪だってあるのだから、発想は似たようなものではあるまいか。


福◯瑞◯あたりが大騒ぎしそうだが。。。www



スポンサーサイト
2015年12月21日 (月) | 編集 |
SFファンなら分かるかも知れないが、StarTrek TOS のエピソード The Immunity Syndrome のパクリだ。

つぶ鹿は最近この単細胞物体に悩まされている。
こいつの所為で命すら落としかねない状況だ。

こいつは自分が理解出来ないものは全て否定する、というガリレオを宗教裁判にかけた連中並みに始末が悪い。


大部以前の事だが、1km程離れた所に巨大マンションが建つ事になった。

電波の反射でTVの受信障害が起きる、という理由で対象地域がケーブルテレビで見られるようにケーブルを引き込む事になった。


ところが、単細胞物体はこれが理解出来ない。

こいつの家の裏にも巨大マンションがあるのだが、1km先のマンションが影響あるわけが無い、詐欺に違いない、と言ってケーブルの引き込みを拒否した。

ケーブルテレビの業者がつぶ鹿の所に来て、後々ケチをつけられても困るので何とか言ってもらえないか、との事。

つぶ鹿は何を言っても無駄だから、として業者に深く同情した。

周囲でケーブルを引き込んでいないのは単細胞物体の家だけだった。

裏のマンションに当たって反射する電波の時間差、位相差は僅かだ。

しかし、1km先のマンションに当たって反射して来る電波の時間差、位相差は遥かに大きく、当時のアナログ地上波放送では少なからずゴーストが発生する筈だ。

それ故の対策なのに拒否した挙げ句、ゴーストありの放送を平気で見ていた (らしい) 。


つぶ鹿は古い15インチのブラウン管TVにケーブルを繋いで、アナログ停波後も最近までデジアナ変換の放送を見ていた。

勿論、自称公共放送の受信契約はしなかった ww (・∀・)



或る日突然、単細胞物体は新型スズキアルトを買う、と言い出した。

新聞広告を見て決めた、という。。。 ( ̄◇ ̄;) ナンダソリャ

車ならすでにあるし、アルトのスペックも何も知らないのである。

全高1525mm の現在の車に乗る時も腰を屈めてかなりジタバタしているのだが、アルトは全高1475mm、室内高1215mm だ。

つぶ鹿はスペーシアやタントのような全高1740〜1750mm の方が乗り降り楽だぞ、将来車椅子生活になっても畳んだ車椅子を載せられるぞ、と忠告した。

しかし、単細胞物体は聞く耳を持たない。

車椅子のために車を買う気はない、と豪語する。

もう、勝手にしてくれ。。。 ヽ(`Д´)ノ と放置に決めた。


単細胞物体はディーラーを呼んで、見積を出してつぶ鹿に見せた。

そこには4WDと記されていた。 Σ (゜Д゜;)!!

おいおい、何の為に10数万も高く、重く、足元が狭い四輪駆動を?と突っ込んだら、案の定4WDの意味も知らなかった。

騙されている事にすら気付かない単細胞物体は、そのまま契約する雰囲気だったが、幸い?体調を崩してこの話はうやむやになった。



後日、単細胞物体は「自分の」印鑑証明が必要になり、役所に赴いた (らしい) 。

そこで何を勘違いしたのか、配偶者と次男の印鑑証明もとってしまった。

更に、その印鑑証明を紛失した、として再び役所に行き、今度は次男の印鑑登録証を紛失した。  ( ̄□ ̄;)

その上、印鑑登録証紛失を次男に知られまいとして、密かに印鑑登録をし直そうとしたのだ。


これは役所から次男に問合せが来て発覚した。

本人以外が印鑑登録するには委任状が必要なのだが、単細胞物体は委任状を偽造したらしい。 (-_-;) (-_-;) (-_-;)

これを知った次男は激怒したが、単細胞物体が印鑑登録証を勝手に持ち出せる事の方が問題だ。


役所のHPによると、印鑑登録証があれば無条件で印鑑証明がとれる。

それ以前に、紛失した印鑑証明の印影をスキャンして印鑑を削り出すことすら出来る。

昔は預金通帳に印影があったのが、今は無くなったのは印鑑の偽造を防ぐ為だ。

悪意ある第三者が、紛失した印鑑証明や印鑑登録証を犯罪に使う可能性も十分あるのだ。
         (((( ;゜Д゜ )))) ガクガクブルブル 


単細胞物体はつぶ鹿と同じ遺伝子を持っているので、つぶ鹿は気の休まる暇がない。

9月の初めから胃がキリキリと痛み始め、潰瘍の薬を飲む羽目になった。

幸いにして、胃の痛みは2ヶ月程で緩和したが、今度は以前から2〜3年毎に起きていた心臓発作?に襲われた。

午前1時頃に始まった発作が7時間程続いて、流石に命の危険を感じた。


大変間の悪い事に、この頃にマイナンバーの通知書が送られてきた。

当然、単細胞物体はマイナンバーの何たるかは分かっていない。

印鑑証明事件を上回る恐ろしい事態が待っているのは明らかだった。

             つづく。。。 (´・ω・`)



2015年12月17日 (木) | 編集 |
先週の結果に味を占めて、また行ってきた。

今年の目標は達成したので、今日は楽しめれば良いと思っていたが、現実は甘くはなかった。 ^^;

いつも青山の交差点を右折するのに時間がかかるので、直進する別ルートを試みる。

ストリートビューで見ると信号が多いのが気になるが、往路復路とも60分前後で普段のルートよりは多少早いようだ。



1H 102Y

151217 1H

ピンは右奥、ほぼ無風。

9鉄で打ってピンに向かって行ったが、グリーン手前にショート。
2打は9鉄で転がしたが、やや噛んでしまって4m程ショートした。

1stパット少しばかりオーバーしたが、返しを入れて 4 。



2H 100Y?

ピンは右奥で、ほぼ無風。

先週は8鉄でグリーン手前に乗っただけだったので、同じ8鉄で少し大きめに打ってみた。

[広告] VPS


フェイスの下の方に当たったのだが、高い球でピン左7m程に乗った。
距離感はピッタリだった。

151217 2H

カップまではほぼストレートのラインなので狙って打ち、一瞬入ったかに思えたが、惜しくも右を抜けて Par 。



3H 132Y

ピンは中央手前で、バンカーのすぐ先に見える。

手前に外すと寄せは困難なので、バンカーにかからないようにグリーン右を狙ったつもりが上体が起きて押し出し、右斜面を転げ落ちてグリーン手前のバンカー横に止まった。

151217 3H

ポジションとしては悪くない筈だが、ピンに近過ぎて却って難しくなった。

2打はAWでトップしてしまい、グリーン奥にこぼれた (-_-;)

下りの長いアプローチを9鉄で転がしたが4mもショートして、下りのパットを残してしまった。

ここから 2 パットの 5 。


4H 113Y

ピンは左の奥。

8鉄の押し出しこすり球で、右手前バンカー先の芝の殆どないラフへ。
ラフというよりもベアグラウンドに近い。

ピンまでは下っていて、バンカーの縁がかかる。

先週は9Hで同様の状況下でわざわざバンカーに入れてしまったので、絶対に同じへまはしまい、と思ったのだが、AWで打ったらトップしてしまった。

しかし、当りが悪かった事が幸いして、ピン右手前2.5m程で止まってくれた。

151217 4h

かなりの下りで、1stパットを1.5mくらいオーバーしてしまったが、返しを入れて辛うじて 4 。


5H 142Y

ピンは右手前。

先に打ったマルキュウが、目の醒めるようなドローボールでピン奥に乗せた。

[広告] VPS

20年前でさえもこんな素晴らしいショットは出た事はなかったが、こういう事がたまに起きるからゴルフはやめられない。

手前に外すと寄せは困難なので、大きめに打とうと7鉄を持った。

いい音のインパクトとともにグリーンの左にストレートに飛び、ピンの左奥15mくらいに乗った。

[広告] VPS


151217 5H

しかし、下りの長〜いスライスライン、打ち過ぎるとグリーンを出てしまいそうだ。

恐る恐る打った1stパットは4m近くショート。

残った下りの2ndパットを入れられず、痛恨の 4 。



6H 231Y

151217 6H

ピンは左奥いっぱい。

このホールは21度の3UTで打つ事にしているのだが、最近は右OB方向に飛ぶ事が多く、今回は外そうかと迷っていた。

替わりに使うとしたら3鉄なのだが、今の自分にまともに打てるとは思えず、結局3UTを入れてきた。

悪い予感は的中して、フケて出た球は右OBとの境界の金網のあたりに行った。    (;´Д`)

暫定球を打ったが更に右に行き、明らかなOB。。。orz

幸いにして最初の球がOB手前の排水溝にありセーフだったが、ドロップしたら芝の殆どない爪先上がりになった。

ピンまで130Yくらいありそうなので、無理せずに7鉄のフェードで右手前バンカーの左へもっていった。

ピンは左奥の上った所にあるので、かなり転がさないと届かない。

9鉄か8鉄か迷ったが、転がしに慣れている9鉄で打った。

これが意外な程転がらずに、カップまで10mくらい残してしまった。

ここからの1stパットを手前40cmくらいに寄せ、5 。



7H 157Y

151217 7H

このホールに来たら、突然アゲインストの風が吹き始めた。

ピンは右手前。

女性用7Wで打ったらインパクトでいい音がしたのだが、ややトウ寄りに当たったらしく低いフックで失速して左手前バンカーの更に手前ラフに止まった。

[広告] VPS


151217 7Hの球

ピンが手前だし、バンカーの右の縁がかかるので転がすわけにもいかない。

上げるしか無いのだが、つぶ鹿は上げるアプローチは苦手だし、ライも良くない。

熟慮?の末、60度のLWで上げようとしたが、ザックリしてバンカーの横。

3打目は更にピンに近づいて、一段と難しくしてしまった。

         ヽ(`Д´)ノ ウワアン

ザックリが怖いので、SWならソールが跳ねてザックリしにくいと思ったが、今度はトップしてグリーン右奥にこぼれてしまった。。。

もうこうなると正常な判断は困難になる。     
      
        ;y=ー( ゜д゜)・∵.

AWで柔らかく打とうとしてグリーンに乗らず、PTで確実?に乗せようとして2mオーバー・・・

絶体絶命のピンチだったが、この2mを入れて辛うじて 6 。



8H 151Y

151217 8H

このところ右の林に魅入られているこのホール。
アゲインストのような、左からの横風のような、風が廻っている感じだ。

ピンは右奥いっぱいで、Teeからは右の林ギリギリにピンが見える。

心の迷いは露骨にショットに現れて、女性用7Wで右林に打ち込む。

5鉄にクラブを替えようかと迷ったが、同じ7Wで暫定球を打ったら、7Hと同様な低いフックで左手前バンカーに転がり込んだ。

バンカーには余り砂が無く、ピンまでは30Yくらいか。

SWでエクスプロージョンしたつもりがクリーンに当たってしまい、グリーン右奥の9Hに近いカート路そばに行ってしまった。

砂利の混じった所でドロップする事も出来るのだが、ドロップ場所が樹の後ろになってしまうので、9鉄で転がそうとそのまま打った。

これがグリーン手前に止まってしまい、6打目をPTで打ってピンを2m程オーバーした。

上りのラインだが、これをはずして 8 。

またしてもこのホールで大きくスコアを崩す事になった。 
      
        _| ̄|◯ ガックシ 


9H 149Y

ピンは左手前でバンカー越えすぐに切ってある。

ここまで全ホールでピンがグリーン端にあり、かなり難しいセッティングだった。

バンカーも、バンカー手前もダメだ。

はずすとしたら右手前なので、7鉄でバンカー右を狙った。

これが酷いトップだったが、ダラダラと転がってピンの右奥12m程の所に止まった。

151217 9H

Teeでは無風と思われたが、グリーンに行くとアゲインストだった。

長〜い下りのフックラインを2mくらいオーバー、返しも1m程オーバーしてしまった。

「4パット」が脳裏をかすめたが、これを入れてどうにか 4 。



まさかまさかの43 (19パット) 。。。orz

プロの試合で、初日トップだった選手が2日目大崩れで予選落ちしたような雰囲気だ。

グリーンはともかくFWもラフも芝が無く、ピン位置も端ばかりで難しいコンディションだったとは思うが、先週の好調は何処へ。。。

         。・゜・(ノД`)・゜・。

先週はショット、アプローチ、パットが噛み合ったが、今回は最後まで噛み合う事が無かった。


動画を見ると、先週よりはスイングが速くなり、以前の悪い頃に近づいていた。

アドレスで背中が丸まって、トップで左手甲が折れてループするのも悪い。

まあ、冬のゴルフなんぞこんなものなのかも知れないが、年内にもう一度行ければ良いのだが。  
         (´・ω・`)ショボーン


2015年12月10日 (木) | 編集 |
前回10/20は絶不調で46も叩いてしまい、当面の目標である35を切る、は遥か夢の彼方かと思われた。

昔の録画をじっくりと見直した結果、良いショットをした時は軽く、ゆっくり振っていた事に気付いた。
昨日、それを心掛けて素振りして、感覚を掴めたような気がした。

ショートコースに行くのは50日振りだ。

何度か行くチャンスはあったのだが、天候不順だったり、コケて側頭部を打撲したり、腰痛発作を起こしたり、心臓発作 www に襲われたりで行けなかったのだ。


いつもより30分程遅く出たが、心配された渋滞も無く70分弱で到着。


1H 102Y

151210 1H

ピンは左やや奥、僅かにアゲインストか。

ボールは20年前の糸巻きバラタ、Royal Maxfli 。

かつて一世を風靡したボールだが、打感の柔らかさと強烈なスピンでつぶ鹿のフィーリングにぴったりだ。

当然、経年変化でゴムが劣化している筈なので、いつまで使えるものか危惧されてきた。

9鉄でピンに向かって行ったが、僅かにグリーンに届かなかった。

2打目から新たに入手したWilsonのDX2 Softを使ってみた。
世界一柔らかいというコンプレッション29 。

Royal Maxfli の赤がコンプレッション90なので、とてつもなく柔らかいボールだそうだ。
パットの練習では糸巻きバラタのような感触だったので気に入っていた。

9鉄で転がしたが2.5m程ショート。

しかし、ここからのパットを沈めて Par 。 \(^o^)/


2H 100Y?

151210 2H

ピンは左奥で、グリーン左手前の樹々の後ろのように見える。

葉は落ちているのでスタイミーという程ではないが、昔から何度も枝に当てている。

8鉄で打った瞬間、打球が高いのに驚かされた。
糸巻きバラタのスピンの効いた低い球とは明らかに違う高さだ。

辛うじてグリーンの中央手前に乗ったが、ピンまでは8m程ありそうだ。

上りの1stパットをかなりオーバーしてしまい、返しの下りを外して 4 。
Wilson DX2の球足がやけに長く感じた。

[広告] VPS


3H 132Y

151210 3H

ピンは右やや手前。

7鉄で打ったが、上体が起き上がってしまい右に押し出し。

右の斜面を転がり落ちてピンの右やや手前に乗った。

ここから2パットの Par 。


4H 113Y

151210 4H

ピンはやや右の奥。

8鉄の高〜い球で、ピン左やや手前2m弱にナイスオンした。

このホールでは2回バーディを獲っているのだが、23年振りのバーディチャンスに (`・ω・´) シャキーン となった。

上りのほぼストレート、狙った通りに打ったがカップ際に左にそれて、惜しくもバーディを逃し Par 。

[広告] VPS


5H 142Y
151210 5H

10日前の夜中に心臓発作 www が7時間続いたので、高台にあるTeeに上がる長い階段を恐る恐る上がった。 (;´Д`)

これまでゴムマットと小さな人工芝だったのが、天然芝になっていた。

尤も、芝の下は明らかに砂で余り感触は良くない。

ピンは中央手前で、ややアゲインスト。

手前からのアプローチは困難なので、ピンをオーバーしても奥に打ちたいところだ。

7鉄で低めに打ち出そうと思ったのだが、ボールの10cmくらい前をダフってしまい、球の行方を見失った。  ( ̄◇ ̄;)

行ってみると、かなり右手前のすり鉢のラフに少し入ったところにあった。

ラフといっても殆ど枯れているので、SWで軽く上げようとしたがグリーン手前エッジにショートした。

ここからパターでピン左50cm程につけ 4 。

[広告] VPS


6H 231Y

151210 6H

右からの横風、ピンは右のかなり奥。

3UTで打ち、右に押し出してOBかと思われたが、思った程は曲がらずにカート路に止まった。

ドロップして、爪先上がりの枯れたラフから9鉄で抑えて打ったが、右手前バンカーの左手前までしか行かなかった。

ここから9鉄で転がそうとしたのだが、グリーン手前に張り巡らされたロープに当たりそうな雰囲気もある。

上を越そうとして球が上がり過ぎ、辛うじてぎりぎりグリーン手前に乗っただけ。。。    _| ̄|◯ ガックシ

ピンまでは12mくらいで、最後はだらだらと上っている。

いかにもショートしそうな状況で、案の定1stパットを2.5m程ショートしてしまった。 (--;)

大ピンチだったが、これを沈めて 5 。


7H 157Y

151210 7H

ピンは中央のかなり手前、左手前バンカーが効いた位置にある。

女性用7Wで打ったが、もろにトップ。

しかし、打球は失速してお辞儀するどころか加速上昇するように伸びて行き、ピンに向かって一直線に手前エッジまで行った。

     キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ !!!!! 

マルキュウによれば、まるでプロのような球筋だったそうだが、録画を見るとミサイルのような弾道だった。

これには驚いた。

当たり損ないがこんな力強い打球になるとは、最近のボールの進化を思い知らされた。

2打目はエッジからAWでピン左50cm程につけ、楽々 Par 。

[広告] VPS


8H 151Y

151210 8H

151210 8Hの紅葉?

前回はトリプルパーの 9 を叩いたこのホール、最近は完全に苦手ホールになってしまった。

ピンは左奥で、グリーンは右から左に下っているので、相当難しい位置だ。

Teeに立つと、右の林がせり出してかなりの圧迫感がある。

右林に打ち込む事が少なくないので、3UTでトップ気味に打って転がって行けば、と企んだ。

しかし、トップどころか酷いチョロで右サイドの枯れたラフへ。。。。

        m9(^Д^) ぷぎゃー!

小細工をするとろくな事が無い。

2打目、8鉄で確実にグリーンに乗せようと打ち、ピン右やや奥3m少々につけた。

しかし。。。ここからはかなりの下りだ。 (;゚д゚)

無理せずに寄せに行ったつもりが、2m以上オーバーしてしまった。

カップを過ぎてからフックしていったので、返しのラインは上りスライスの筈だが、スライスに狙った筈の2ndパットがストレートのラインに出てしまった。  (>_<)


これは右に切れてダメ、と思った瞬間、曲がらずにスルスルと転がって入ってしまい、4 。


9H 149Y

151210 9H

ピンはやや左のやや手前でバンカー越え、軽いフォローの風だ。

7鉄でTee upを高くして高い球を狙ったが、フケて出たうえに風に乗れずグリーン右手前にショートした。

ピン方向に打つにはバンカーの右端がかかるので、バンカーを避けて確実にグリーンの何処かに乗れば良い、と考えた。

AWで低めに打ち出そうとしたがピン方向に出てしまい、バンカーの縁近くにキャリーして、キックも悪くバンカーに転がり落ちた。

しかもバンカーのアゴが深い場所で、やや左下がりだ。 ^^;

いやな状況だが、バンカーは得意なのだ、と言い聞かせてSWを振った。

狙い通りの所に落ちてピンそば1mくらいについた、と思ったのだが、ダラダラと転がって5mくらいオーバーしてしまった。

糸巻きバラタなら考えられない転がりだ。 ( ´゚д゚`)

下りの1stパットを60cm程オーバーしたが、返しを入れて 5 。




終わってみれば、ゴルフ再開後ベストの34 。

当面の目標だった35以下をクリアして、スコアの上ではどうにか昔のレベルに追いついた。

相変わらずインパクトでグリップが体から離れてハンドアップになった結果、フェイスが右を向いて押し出しを連発したが、「ゆっくりバックスイングする」が出来つつある。

今回から使い始めたWilsonのDX2というボールの力も大きいように思う。

Wilson DX2

糸巻きバラタ亡き今、バラタのような感触のボールを追い求めてきたが、インパクトの感触に関してはバラタに近い、極めて柔らかい打感だ。

スピンが少なく、打球の高さには面食らったが、何度か右OBかと思われたショットがOBを免れたので、曲がりも少ないようだ。

パットですら曲がりが少なく、球足が長く、トロトロと転がって入ってしまうのには感心させられた。

但し良い事ばかりではなく、ピンそばに寄ったと思われた9Hのバンカーショットが止まらずに5mもオーバーしたのを見ると、アプローチのスピンはかなり少ないようだ。

これは慣れれば何とかなるかも知れない。

次の目標は自己ベストの31を更新する事だ。

あと4ストローク減らすのは容易ではないが、ショットとパットが噛み合えば不可能な数字では無いと思う。

20年前の自分を越えられたら、もはや思い残す事はない?



2015年12月01日 (火) | 編集 |
一昔前、電車の中やコンビニの前でウンコ座りする若け〜連中が多かった。

最近は見かけなくなったが、連中のマナーが向上したから、というわけでも無さそうだ。

近頃の小学生には体育座りすると後ろに倒れてしまう児童が少なくない、という。
筋力とバランス感覚不足で出来ないらしい。

和式トイレでウンコ座りしたらそのまま便器に尻を落としてしまいそうだ。 (;´Д`)
      


今時の小学生は体育座りどころか、鉛筆もまともに持てない。

小学生に限らず、若い者も中高年でさえも鉛筆やペンの持ち方がおかしい。

指先の力が無いので指で持つ事が出来ず、親指と人差し指の付け根で巻き込むように「握る」しかないように見える。

そればかりか、筆圧が弱い為にHBでは硬過ぎて薄い字しか書けず、2B〜6Bの柔らかい芯でないと読める字にならないという。
    ( ̄◇ ̄;)

つぶ鹿が小学生の頃は、HBどころかFやH〜3Hを使っていたものだが。

鉛筆も箸も持てず、ウンコ座りも出来ない世代は座る事すら出来なくなりつつある。

少し前までは、電車内で寝そべるような座り方をする若け〜者を良く見た。

「少し前」というが、つぶ鹿は滅多に電車に乗らないので見る機会が減っただけなのかも知れない。

当初はだらしない座り方、と受け止めていたのだが実はそうではなく、座る筋力も無いのではあるまいか?

座るだけでもある程度は背中や腰の筋力が必要だからだ。


体育座りが出来ない小学生を目の当たりにした整形外科医は、将来は親が寝たきりの子を介護する時代が来るのではないか、と危惧していた。


あべ心臓は介護離職ゼロを目指す、と言っているが、たとえ親の介護が無くなったとしても子の介護の為に離職する、という時代が来るのではあるまいか?

      (((( ;゜Д゜ )))) ガクガクブルブル