• 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
2015年03月16日 (月) | 編集 |
Blu-ray プレーヤー 体験記に書いた通り、つぶ鹿はSACDを聴いた事が無かった。

かつてオーディオ雑誌にも載った、マニアを自負するつぶ鹿としては、SACDは知りません、では面白くないので、折角Blu-ray プレーヤーで聴ける訳なので購入してみた。

SACDといっても何の事か分からない人が大多数だろうが、CDより遥かに高音質な (筈の) 規格の音楽ディスクだ。

具体的にCDとどう異なるかは、以下の通りだが、今は亡き?DVD-Audioも含めて比較してみる。

CD     サンプリング周波数 44.1kHz 16bitのPCM録音
DVD-Audio サンプリング周波数 192kHz  24bitのPCM録音
SACD    サンプリング周波数 2.8224MHz 1bitのDSD録音

マニアでなければ見ても分からないだろうが、CDより遥かに高音質の規格、とされておる。

購入したディスクは以下の2枚。

SACD.jpg

SACDは高価だが、CDなら2枚組になるものが1枚で済んでしまうので、場合によってはCDと余り変わらない価格になる。
左のディスクはHMVでCD 3,000円、SACD 3,669円。

音の差は、最初の音が出た瞬間に明らかだった。
音場 (音の鳴っている空間) の3次元的な広さがCDと歴然と違う。
特にホールの高さと奥行きが実在感をもって感じられる。

各楽器の配置や、CDではなかなか聴こえてこない第2ヴァイオリンやヴィオラの動きが良く分かる。

音楽以外で例えると、大勢がそれぞれ勝手に話したり叫んでいる状況で、各自が何を言っているのか聴き分けられるようなイメージだ。

実は、同じような経験は手持ちのICレコーダーでもあった。

DR-05.jpg

つぶ鹿愛用のICレコーダー、mp3やCDと同じサンプリング周波数 44.1kHz、16bitのPCM録音以外に、高音質な48kHzと96kHz、更に24bitのPCM録音もできる。

これで44.1kHz / 16bitと44.1kHz / 24bit録音を比較した事がある。

公園や林の蝉や鳥の声では大きな差は感じなかったが、スーパー店内の雑踏は明らかに差が出た。

レジのPOSが商品を読み取る音、電子マネー支払の際の電子音、駄々をこねた餓鬼が泣き叫ぶ声、通路の真ん中にカートを停めて話し込むオババ、店頭販売のおねーちゃんの声、店内放送のアナウンスの絶叫 etc.が渾然一体となった録音。

16bitでは混沌として何が何だか分からなかったが、24bitでは餓鬼の喚きの向うに店頭販売のおねーちゃんの声が明瞭に分離して聴こえた。

SACDを一聴して感じた3次元的空間の差と良く似た経験だった。

16bitだの24bitだのと言われてもピンと来ないだろうが、デジタルデータで何桁まで扱うか、という差だ、といえば分かるだろうか。

1bitだと0か1、
2bitだと00か01か10か11、
3bitだと000、001、010、011、・・・

16bitと24bitの差は、円周率を3.14とするか3.145926535とするか位の差があるだろう。
要はPCM録音ではbit数が多い程、データが細かいという事だ。

もっとも、その差が分かる耳を持っていない人々には殆ど意味がない事も確かで、スマホにイヤホンで聴く、というスタイルには無用の長物だろう。

SONYはSACDと同じDSD音源を聴けるウォークマンなぞ売り出したが、こういう製品に需要があるのだろうか?
SONYは4Kの家庭用ビデオカメラまで出したが・・・誰が買うの?

確かにSACDは高音質だが、つぶ鹿の¥10kのBlu-rayプレーヤーではその高音質を生かせないことも明らかだった。

薄型軽量級ゆえの重量感や厚み不足はSACDの真価を発揮するにはまだまだ力不足だ。

スポンサーサイト
2015年03月11日 (水) | 編集 |
そろそろ冬眠から覚めようと、素振りのフォームをチェックした。

最後にゴルフしたのが昨年11/13だったから4ヶ月怠けてしまった。
これまでのデジカメ動画からビデオカメラに変更。

[広告] VPS

以前も書いたが、つぶ鹿はどれほどいい球が出ても、カッコ悪いのはダメ!という主義なので、トップで左肘が曲がったり、フィニッシュで右足体重になったり、左足が動いたりしたら絶対に嫌なのだ (`・ω・´) シャキーン

細かい事を言えば、バックスイングで伸び上がり、ダウンスイングで沈み込んでいるとか、インパクト以後左脇が開いているとか、ケチのつけどころはあるのだが、還暦過ぎのジジイにしてはまずまず良いスイングだと思っている。

実際球を打ったら酷いかも知れないが、カッコ悪いおっさんスイングでなければ良しとしよう    ^^;