• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2014年11月17日 (月) | 編集 |
かつて昭和30年代の初めには「一億総白痴化」と言われたものだが、現在は「一億総幼稚語」の時代ではあるまいか。

「幼稚語」といっても「〜でちゅ」とか「バブーン」といった幼児語ではなく、「大人のボキャブラリーが欠落した言葉」という意味だ。
小学校中学年程度の語彙しか使えない人物が多い。

この「幼稚語症候群」に罹患した人々には以下のような症状がある。

1. 会話の中にしばしば「すごい〜」というフレーズが使われる。
大抵は「すごく〜」というべきなのだが、「すごい」の次ぎに来るのは名詞だという事が分からない。

「すごいうれしい」「すごいおいしい」「すごい歩いた」・・・etc.
まさに小学校中学年並みだ。

2. 「〜わあ、〜なのでえ」という典型的小学生レベルの言い方をする。 
幼児をもつ母親のほぼ100%にこの症状がある。
この手の主婦にはフレーズの終わりで声が裏返る、という随伴症状も多い。

3. 「〜みたいな」とか「〜なのかな」といった曖昧な表現を多用する。
これはいざという時に責任逃れをする為の布石か? 幼稚な割にはずる賢さを持ち合わせている。

4. 「〜なあ」というのもしばしば現れる。
老若男女を問わず「〜したいなあ、と思います」などと平気で言う。
「〜したいと思います」とはまず言えない。
これは頭に浮かんだ言葉を推敲せずに口に出す結果だろう。

「言葉を選んで話す」ということがあるが、これは口に出す前に頭の中で推敲しながら話す、という事だろう。
今やそれが出来る人はごくごく僅かになったのか。
友人知人からの mail を見ると、推敲の形跡がないものが殆どだ。
そもそも「推敲」という言葉自体知らないに違いない。

5. 「50音順」を「あいうえお順」と言う。
「ゴジュウオン」を脳内で漢字に変換出来ないのだろう。

これは常用漢字だの何だのと、熟語を表記する際に漢字と平仮名を混在させるマスメディアにも責任がありそうだ。
公共放送のニュースで「腹くう鏡」と字幕が出て、
一瞬だが「はらくうかがみ?」かと思った。  (;´Д`)

最初から「腹腔鏡」とすれば一目瞭然なのだが、表音文字かつ表意文字である漢字を平仮名にしたら意味不明になるのは当然だ。

学校で習った漢字しか使ってはいけない、という教育にも漢字平仮名混在の原因がありそうだ。

6. 最初から「9x8=72」と言えば良いのに
「2x2=4、2x3=6・・・」と延々と続ける如く、何を言いたいのか分からない人物も多い。
小学生時代にあらすじを簡潔にまとめられなかったに違いない。

7. 「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」なんぞ全く知らない。
(自分の身内が)亡くなった、などと平気で言う。
「亡くなる」は尊敬語なので、身内に対しては謙譲語を使う、という事が分からない。
「身罷る」なんて小学校中学年レベルで分かる筈も無いが・・・ww

もっとも、韓国朝鮮では「(私の)父母様はいらっしゃいません」などと平気?で言うから、それよりはマシなのだろうか。


こうしてみると、幼稚語の原因の大半は小学校の国語教育にあるんではないか、と思えてくる。
幼い我が子に英語教育を、と言っている主婦よ、まずまともな日本語を教えたら如何かな?

つぶ鹿自身もまともな言葉遣いができる方ではないのだが、もっと酷い人々が一億人以上いるに違いない。  ( ´゚д゚`)


スポンサーサイト
2014年11月13日 (木) | 編集 |
ゴルフ再開して1年、先月の本コースでは去年よりも7ストロークも悪く、進歩が全くない事を露呈してしまった。

今度こそはと、捲土重来を期してショートコースに行った。
ここの目標は、かつての平均ストローク37.32 。

これまで39は出たのだが、40を超える事が殆どで、目標達成は至難の業と思われた。
今日、今年最後のラウンドに行ったのだが、結末は如何に。


1R目

1H 102Y

ピンは左手前。
かつては6バーディ獲って最も得意にしていたこのホールで、Tee Shotを殆どグリーンに乗せられないでいる (-_-;)

9鉄でフケて、グリーン右の道路の砂利の上へ行った。
右にドロップしてPWで乗せたが、ピン右手前6m 。

右からはグリーンが下っていて寄せは難しい。
2パットで 4 。

[広告] VPS


2H 100Y ?

いつもより前のTeeだが、92Yのティーマークよりは後ろなので100Yくらいか?
距離は無いが、グリーンまでかなり上っているし、ピンが右手前なので意外と攻め難い。

左からのアゲインスト、手前にはずすとアプローチが難しいので、8鉄で抑えて打ったつもりが右手前のエッジにはずした。

SWでピン奥2m程にオーバーしてしまい、2パットの 4 。

1R 2H

[広告] VPS


3H 132Y

ここもかつては得意ホールだったのだが、この1年はフックして左の池に嵌る事が多く、絶対左に行かないように心掛けた。

7鉄でフケて右の斜面に行ったが、右特設Teeの手前に転がり落ちた。

2打目はPWでチョロ、3打目は9鉄の転がしでグリーン奥にこぼれ、4打目はPWでトップしてピンをオーバー、2パットの 6 。 (>_<)

1R 3H

[広告] VPS


4H 113Y

ピンは右手前。
9鉄でトップして、FW?右、右バンカーの左手前。
2打PWでピン手前3m少々につけるが、1st パットを1mオーバーするもこれを入れて 4 。

1R 4H

[広告] VPS


5H 142Y

風は軽いフォロー、ピンは左奥。

6鉄で右手前のエッジから5〜6mの浅いラフ。
2打PWでピン手前9mまでしか行かず、上ってから下る長〜いパットを残してしまったが、1stパットを巧く寄せ 4 。

1R 5H

[広告] VPS


6H 231Y

カールは305Y Par4のTeeから打ったが、つぶ鹿とマルキュウは231Y Par3でプレーした。

風はアゲインスト、ピンは中央手前。
3Uの低いドローで左のマウンド上にある特設Tee手前の左上がりのラフへ。

PWで打ち高〜い球になったが、左上がりの分、距離が出なくてグリーン手前にショートした。
手前のピンに対して、PWで4m程ショートしてしまい、2パットの 5 。

1R 6H

[広告] VPS


7H 157Y

ピンは右奥でアゲインスト、ここは昔から苦手だった。
4鉄でグリーン右手前20Y程のFW右までしか飛ばなかった。

2R目にナイスショットと思われたカールもかなりショートしたので、風の影響が相当あったようだ。

ピンまで40YくらいをAWでピン右横2.5m程につけ、これを沈めてPar 。
    \(^o^)/

1R 7H 01

1R 7H02

[広告] VPS


8H 151Y

ピンは右手前で、かなりのアゲインスト。
パンチショット気味の低い球を打とうとしたら、低い押し出しになって右の林方向に飛び、木に当たる事無くOBへ消えた (らしい)。

暫定球をTeeから打ったが、これも同様な球筋だったが、OB手前の斜面に止まった。

しかし、前方は樹々が多く、しかも小枝の上にあってまともには打てない。
やむを得ず9鉄で左前方に出すだけ。

ピンまで40Y程の4打目をAWでピン奥3.5m+につけたが、このパットを入れられず 7 。
       _| ̄|◯ ガックシ

[広告] VPS

[広告] VPS


9H 149Y

ピンは右手前。
3Uの低いスライスで右のエッジ。
8鉄で転がしたらピン奥3mまで行ってしまい、2パットの 4 。

[広告] VPS
 
トータル41で、アプローチ好調で40のマルキュウに負けた orz
8Hの大崩れが痛かった。。。。・゜・(ノД`)・゜・。



2R目

1H 102Y

左からのアゲインスト、8鉄で抑えて打とうとしたがフケて1R目よりも更に右、道路の右に行ってしまった。

インパクトで上体が起き上がり、トウに当たった結果のようだ。

グリーン面までは下っていて、ピンに向かっても下りなので嫌な状況だ。

ショートするのは嫌だ、と思いつつ打ったらPWの歯に当たってトップ、グリーンの向うの斜面を転がり落ちた。

そこにはクリーク (水路?)があるが、金網があるので止まったと思いきや、金網の下が一部裂けていて水路に落ちていた。  (;´Д`)

元の場所に戻ってドロップ、PWの4打目が乗らず、PWの5打目を1m+につけ、これを沈めて 6 。

[広告] VPS


2H 100Y?

8鉄でトップしたが、ピン左奥10mくらいに乗ってしまった。

下りの1stパットを1.5mもショートしたが、これを入れて Par ^^;

[広告] VPS


3H 132Y

6鉄で思い切りフケて右のOBから斜面を転がり落ちて、グリーンエッジまで15Yくらいの右ラフに止まった。

ここからAWで右奥のピンを狙ったが、グリーンオーバー。
   
左下がりの嫌なライに行ってしまった。 ( ̄◇ ̄;)

ここからSWで打つも、ピンを5mオーバー、これを入れられず 5 。

[広告] VPS


4H 113Y

9鉄のトップでピン左奥10m程に乗った。
しかし、下りの1stパットが大ショートで3パットしてしまい、 4 。

[広告] VPS


5H 142Y

6鉄でワッグルしながら力が抜けるタイミングを待って打った。

「バキッ!」といういい音のインパクトで軽いドローになってピンに向かって行った。

落ち際が見えなかったのだが、手応えからするとグリーンの手前に乗ったように思われた。

行ってみると、ピン右奥6mくらいに乗っていた。
思い返せば、昨年12月にも同じようなピン位置で同じようにドローになってピン奥4mにつけたのだった。

楽々2パットでPar 。

カールはつぶ鹿よりも更に近く、右手前5mくらいにつけていたのだが、3パットしてしまったのが誠に惜しい。

2R 5H

[広告] VPS

[広告] VPS


6H 231Y

3Uで右に押し出したが、ドローになって右斜面に落ち、FW右へ行った。
特設Teeの少し先だったので、1R目よりもやや飛んでいた。

9鉄の2打目をザックリしてしまったが、AWの3打目をピン左1.2〜1.3mにつけ、これを入れて 4 。

[広告] VPS


7H 157Y

3Uのドローで右手前のエッジに行った。

8鉄?で転がしてピン左1mにつけたのだが、これをはずしてしまい 4 。
いいアプローチを生かせなかった。 ヽ(`Д´)ノ 

2R 7H

[広告] VPS


8H 151Y

3Uの低い球でグリーン手前に落ち、コロコロと転がってピン奥10m程に乗ったが、下りの長いパットを残した。

1stパット大ショートで3パットの 4 。

[広告] VPS


9H 149Y

3Uのトップチョロで、前方のティグラウンドの少し先に止まった。

ここから9鉄でピン右手前7m程に乗せ、2パットの 4 。

[広告] VPS


2R目は37 。
1年かかったが、昔の平均ストローク 37.32 を切る事が出来た。

悪いなりに大崩れが少なく、アプローチとパットでどうにかまとめられたのが良かったのだろう。

初秋篇では持って来なかったAWが40〜50Yのアプローチでよく働いてくれた。
つぶ鹿は昔からSWのアプローチは得意ではないので、AWは必須だ。

20年前の感覚では、35以下なら良し、36〜37は可もなし不可もなし、38〜は×だったので、次は35以下を目指したい。

当面の目標を達成出来たのはマルキュウ、カールのサポートあればこそなので、お2人に深く感謝申し上げる次第です。  m(__)m