2013年08月30日 (金) | 編集 |
仏英混合のこんな言い回しは可笑しいのだろうが、語学が苦手な無能つぶ鹿のする事、と御容赦願いたい m(__)m

1977年に打ち上げられたヴォイジャー1号と2号は、今や太陽系を飛び出して、前人未到の外宇宙に向かっているという。
1980年代に、ヴォイジャーの撮影した木星や土星の鮮明な写真に胸が躍ったものだ。

2010年に探査機「はやぶさ」が数々の困難を克服して帰還した時、多くのアニメファンは宇宙戦艦ヤマトの帰還になぞらえて感動したものだが、Star Trekファンのつぶ鹿にはヴォイジャーが遥か宇宙の彼方を目指して旅をするというのは深い感慨がある。

1979年の映画「Star Trek」では、使命を終えて宇宙を漂っていたヴォイジャーが、機械生命体?の手で改造されて強大な能力と知能を得て、自分を作ったクリエーターを捜しに地球に戻って来る、というストーリーだった。

しかし、23世紀の地球にはヴォイジャーが発する20世紀の電波信号を理解出来る者はおらず、困惑したヴォイジャーは地球に寄生するCarbon Based Unit (人類)がクリエーターの返信を妨害していると考えて、Carbon Based Unit を抹殺しようとする・・・



ヴォイジャーが機能できるのは今後25年程だそうだが、そんなヴォイジャーの行く末をテーマにしたこの映画、はかなくも悲しい要素があった。

この先、2機のヴォイジャーが新たな発見をして、地球にデータを送信して来るかも知れない。
ヴォイジャーの信号を誰も理解出来ない世の中になっていない事を祈る。

スター・トレック オリジナル・クルー劇場版BOX (7枚組) [DVD]スター・トレック オリジナル・クルー劇場版BOX (7枚組) [DVD]
(2009/05/22)
ウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
2013年08月29日 (木) | 編集 |
この数日、消費増税検討会合が行われているが、増税は既定路線、形だけのセレモニーだろう。

消費税率上げは法律で決まっている、などと言う奴がいるが、法律云々ならば財政法で禁じられている赤字国債を毎年特例法を作って発行してきた事実はどうなる。

財政法
第四条  国の歳出は、公債又は借入金以外の歳入を以て、その財源としなければならない。但し、公共事業費、出資金及び貸付金の財源については、国会の議決を経た金額の範囲内で、公債を発行し又は借入金をなすことができる。
2  前項但書の規定により公債を発行し又は借入金をなす場合においては、その償還の計画を国会に提出しなければならない。
3  第一項に規定する公共事業費の範囲については、毎会計年度、国会の議決を経なければならない。

↑ この条文によると、建設国債以外は赤字国債を発行してはならないのだ。
特例法による赤字国債は建設国債ではないので、償還の計画を国会に提出する必要もないという事か。

家計費が足りないからと、毎月消費者金融から借り続けて、辛うじて利息は払っているものの、元金の返済の目処もない家庭のようなものだ。

1000兆円を超える国の借金を作ってきた国会議員、国会議員OB、赤字国債で得た予算に群がった各省庁の官僚、官僚OBは財政赤字の責任を取るべきなのだが、責任どころか天下りで一生甘い汁を吸い続けている。

そんな事情を知りもしない国民はTVのインタビューで「増税はやむを得ない」などとしたり顔で答えるのだろうな。

増税分は福祉に〜というのも嘘で、IMFは財政再建のためには早期に消費税率15%にしろ、などと言っているのだ。
民主政権の時には、増税分は全て福祉に使う、と大嘘を言っていたが、まさかこれを信じた国民はいないだろう。

増税しなければならない理由を知っている国民がどれだけいるのか、極めて疑問だ。

いみじくも某T氏が名付けた、「バカ発見機」に投稿される「バカなう」な内容を見ると、この国はもう終わった、と思うしかない。

お前こそ「バカ発見機」にかかっているじゃろうが、と言われると返す言葉に困るのだが ^^;

2013年08月14日 (水) | 編集 |
冬場は浄水器を通した水道水でも良いのだが、夏はぬるま湯のように生温いし、マンションの屋上にある貯水タンクの中など何が混入しているか分からん。

大地震で断水するかも知れんので、いざとなったら水道水は当てにならない。

そんなわけで、飲料水はミネラルウォーターをストックしているのだが、どのミネラルウォーターを選ぶかが問題だ。

多くの種類を飲んだが、中には飲用に耐えられず廃棄するものまで出た。

以下に、つぶ鹿が飲んだミネラルウォーターの成分と評価を記すが、これを見るとどんな水を選べば良いのか分かって来る。

成分と硬度は ㎎/ℓ

ミネラル水

× 評価の2つは圧倒的に硬度が高く、CaとMgが多い事が分かる。

つぶ鹿の口にはCaとMgが少なく、硬度が20〜40㎎/ℓのものが合うようだ。
Mgの多いものは、喉を通過する際に異様な雑味と抵抗感があって、とても飲めなかった。

但し、硬度が極端に低く、CaとMgが少ないものは必ずしも高評価でもないので、適切な範囲があるようだ。

Naが塩味、Caが渋味、Kaが酸味、Mgが苦味と考えると、自分の好みの水を選ぶ手がかりになるかも。

2013年08月02日 (金) | 編集 |
「気づいたら、ワイマール憲法がナチス憲法に変わっていた。誰も気づかないで変わった。あの手口に学んだらどうか」という趣旨の麻生発言、ナチスがどうこうと騒がれているが、そういう問題ではないだろう。

この発言の問題点はナチス云々ではなく、中国も韓国北朝鮮も、日本国民すら気付かないように変えてしまえ、という点の筈なのだが。

ナチス云々を取り上げるのは麻生の言う、「誤解を招いた」には違いない。
麻生にとっては本音を叩かれるより、誤解で叩かれる方が余程楽なのでは。

マスメディアの国語力の無さを露呈した出来事だね。 (-_-;)

麻生太郎の発言 (朝日新聞デジタル)
http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201307310772.html

しかし、「喧々諤々(けんけんがくがく)」には呆れた。
この人の頭の悪さが滲み出ている。 (>_<)

※ 喧々諤々 【「けんけんごうごう(喧喧囂囂)」と
「かんかんがくがく(侃侃諤諤)」とが混同された誤用 】

2013年08月01日 (木) | 編集 |
8人組ガールズグループ Afterschool の派生ユニット、Orange Caramelがなかなか面白い。

Afterschool は全くいいとは思わないが、Orange Caramel は完全に別路線で、パッとしないグループの中にマトリョーシカのごとく?別グループを作って、あわよくば「一粒で二度美味しい」狙いか。

某グループのような選挙でセンターを選ぶ手法とは正反対に、目まぐるしくセンターを交代して全員のファンに満足して貰おう、という発想か。

何やら、全員主役の学芸会や全員同時ゴールの運動会的な雰囲気もある。

スタイルとしては同じ3人組の Perfume のパクリかも知れんが、 Perfume 自体を殆ど知らないので Youtube で見てみた。

Perfume / レーザービーム


Perfume /Magic of Love


Orange Caramel / 上海ロマンス


Orange Caramel /Lipstick


我がPerfume、脚の長さで完全に負けている。

背を高くする整形があるそうだが、
奴らは脚を長くする整形でもしているのだろうか?