2013年05月31日 (金) | 編集 |
歯を失う理由には幾つかある。

1. ふやけた鰹節のようにボロボロになっていて、軟化した悪い所を取ったら保存不能な程に固い部分が無くなってしまった場合。

2. 歯周病でグラグラになり、打つ手無しの場合。

3. 根先病巣 (歯根の先端部の膿瘍等) ができて、治らない場合。

4. 歯根破折でボッキリ、抜歯するしかない場合。

1〜3は本人の努力次第では防げるが、4はある程度は避けられない。

以下につぶ鹿が遭遇した歯根破折の例を示す。

ケビン┌6破折

7の破折

薫5┘破折

富岡 5┘破折


高齢になると骨が弱くなって、ちょっとした転倒でも骨折したりするが、歯も40代以降は急激に脆くなるようだ。

脆くなった歯が、自分自身の噛む力で割れてしまうのだ。
上記の例は全て40代以降の方々だ。


「ある程度は避けられない」と書いたのは、「ある程度は避けられる」という事でもある。


歯根ばかりでなく、歯冠 (文字通り歯の頭)から破折しているケースは、大きい充填物が入っている事に注目したい。

こういう治療は絶対にやってはいけないのだ。


では、どうすれば破折を防げるのか?

↓ 樽や桶には箍(たが)がかかっているが、箍が無かったらバラバラになってしまう。

樽

大きい充填物を入れたら、残った歯は薄くなるのだから、破折の危険は格段に増すと考えるべきだ。

噛む面 (咬合面) 全体を覆い被せれば箍をかけたのと同じなので、ボッキリ折れるのを (かなりの程度) 防ぐ事が出来る。


しかし・・・そういった事を理解してくれる人は少ない。


「穴を埋めてくれれば良い」だとか「何でもかんでも被せやがって、この薮が」などと言う輩も少なくない。

こういう手合いは全てお引き取り。。。の結果つぶ鹿の出来上がり w


完全に歯根だけ残った歯は、極めて破折し易い。

歯冠がないので、箍をかける効果がないからだ。

一応治療はできるが、歯として十分に機能するのは無理、と考えるべきだ。




スポンサーサイト
2013年05月26日 (日) | 編集 |
23日に買った日経インバースETF、日経平均の逆を行く値動きをする筈なのだが、株価の上昇局面では本当にそう動くのか確信がなかった。

何度か買ったのだが、下げは速いくせに上げはトロい印象で、だらだら下がる一方なのでさっさと処分していたのだが、23〜24日は急落局面で急騰するのを確認した。
 ↓ 見事に日経平均の逆を行っている。

日経平均
5:24m

日経インバースETF
1571.png

この2日の急降下を見たら到底買い向かえないので、今度急落が始まったら、即こいつを買ってやる。
証拠金不要の空売りのようなものだろう。

反発局面で直ちに売ればそこそこの利益は出せる筈だ。

問題は、売買注文が増えると注文が通らなくなる恐れがある事で、24日も訂正が通るまで10数秒もかかって肝を冷やした。

火に油、にならない事を願う。

2013年05月23日 (木) | 編集 |
このところの株価の上昇は、どう考えても異常だった。

値下がり銘柄の方が多いのに、日経平均株価は200〜300円も上がったり、東京電力やシャープのような破綻するかも知れない銘柄が急騰したり、明らかにおかしな値動きだった。

今日の日経平均株価は↓1143.28円。
リーマンショックの時の2008.10.16 が↓1089.02円
大震災後の2011.03.15が↓1015.34円、
これを上回る下げというのは尋常でない。

メディアは、やれ長期金利が上がったからだ、とか
中国のPMIがどうだとか、
円高進行がどうだとか、後付けの理由を述べているが、
そうではない。

株価をつり上げていた大手機関投資家「大人」が上げるのをやめたのだ。
今日の出来高は史上最高を更新したそうだが、最近株を始めた初心者はこの急落でパニック売りに走ったと思われる。

つぶ鹿も株価急落はいつ来てもおかしくないので、いつでも逃げる準備はしていたのだが、急落を見て注文を取り消そうとしたが、なかなか取り消しが通らなくて買えてしまった。

あっという間に多大な含み損になったが、サブプライムショックやリーマンショックを乗り越えたつぶ鹿は特に動揺もしない。

最近はあちこちの証券会社で、取引ツールが重くなったりフリーズしたり、全く注文が出来なくなったりする事が頻発しているが、史上最高の出来高の今日はかなり輻輳していたのだろう。

ネット上では何十万、何百万も損したという書き込みが多数あったが、幸い元々の資金が少ないつぶ鹿の含み損はたいした額ではない。

最後に、日経平均と逆の値動きをする日経インバースETFを少し買ったので、明日以降持ち株が下がってもこのETFは上がるので、被害を減らす事が出来る筈だ。

日経平均のチャートを見ると、緑の25日移動平均線にサポートされるように見えるので、反発を期待しよう。これまでの上げが異常だったのだ。

5:23 N225

2013年05月12日 (日) | 編集 |
毎日のように「憲法改正」を聞かされて、いい加減うんざりなのだが、なぜ
「改正」なのだろうか。

「改正」とは、不適当なところや、不備な点を改めること。

とされるが、「改正」と言われるとそれが正しいかのような響きがある。
以前に書いた通り、共産党だけは「改定」と言っているが、他党は全て「改正」と称している。

変える事が正しいかのような言い回しはどうかと思う。
各種世論調査も誘導のような気がする。

NHKのインタビューに答えていた幼児連れの主婦が「普段の生活にい〜、憲法は関係ないのでえ〜」と言っているのを聞いて、この手の◯鹿有権者が投票に行ったら大変な事になる、と思うのだ。

法律の条文なぞ、1字変わっただけで意味が変わり得るのだが、◯鹿有権者にそんな事分かるわけもないか。

衆参両院の過半数云々よりも、国民投票で過半数の賛成で「改定」が成立する方が余程危険ではないのか。

50.0001%対49.9999%でも成立だ。
その差は0.0002%、去年の衆院選の有権者数は1億436万193人というから、投票率が50〜70%だとすると、無効票を考えても1.4〜2万人程度の差でしかない。

憲法「改定」のような重大事項が僅か2万人以下の差で決まって良いのだろうか。
非有権者数を考慮すると、国民の半数以上が反対でも憲法「改悪」が成立する可能性すらあるわけだが。

つぶ鹿の小中学校時代、学級会では多数決に依り、理不尽な事が決まっていた。
罰を与える、などというものもあって、校庭でウサギ飛びさせられたりした。
三権分立などという言葉が教えられる傍で、このような理不尽な多数決に依る決議がされていたのだね。

愚か者を含む集団による多数決は極めて危険だ。
国民投票の過半数で成立なんてとんでもない。
国民投票で決議するなら2/3以上の支持くらいにしないと危ない。