• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2017年06月18日 (日) | 編集 |
愛車のワゴンR 、気に入っているけれど、CVTになかなか慣れない。


CVTは無段変速なのでシフトショックは無い筈なのだが、トルクコンバーター+遊星ギアのATのようなシフトショックを感じる。


このCVTには遊星ギアの2段副変速機が付いていたのだ。

これはスズキ、日産、マツダ、三菱車に採用されているという。



副変速機のLo ⇄ Hi で自動変速するので、シフトショックとキックダウンがあったのだ。  
          ( ;´Д`)


小型のCVTユニットではプーリー径をあまり大きくできないので、変速比の幅を広くする為に副変速機を用いるらしい。


要は、巡航時のエンジン回転数を下げて、燃費向上を狙ったものだろう。


カタログ上の燃費が如何に重要かは、データを捏造した某M社の例を見れば明らかだ。



但しこの副変速機、ドライバビリティは良いとは言えない。



CVTは初代 HONDA FIT で慣れていたのだが、こいつには副変速機はなかった。


副変速機付CVTは走り出し時に、MT車の半クラッチのような「滑り」がある。


トルクコンバーターのスリップなのだろうが、エンジン回転は上がるのに、なかなか加速はしない、というタイムラグがある。


トルクコンバーターがロックアップしないような感触だ。



余談だが、昔々の初代 HONDA ACCORDに搭載されていたホンダマチックがこんな感じだった。

ホンダマチックはトルクコンバーターと2段ギアで、自動変速しない「L」と「☆」を用いていたが、ロックアップがないので常に「滑る」感触だった。


副変速機付CVTで特に問題なのは、右左折する際に減速 → 加速する時に思うような加速が得られない事だ。



価格.comのクチコミ掲示板でもこの件が多く寄せられている。


Sモードにすれば違うのかも知れないが、シフトパターンが D ⇄ S ⇄ L なら良いのだが、D ⇄ L でS は横のボタンというのは使い難い。

CVTセレクターS


これが副変速機付CVTの仕様だと云われればそれ迄だが、CVTのプログラムには学習機能があるというから、自分の運転パターンを学習するまで気長に待つか。

        (・∀・)
      


スポンサーサイト
2017年06月10日 (土) | 編集 |
待望のワゴンRが納車された。

Wagon R


あまり走行していないので評価は暫定的だが、概ね満足している。


以前乗っていた初代ミニカ・トッポと比べたら同じ軽自動車とは思えない程の差がある。

着座位置が高いので腰にも楽だし、頭上のスペースも十分余裕がある。


難があるとすれば、速度計がかなり左にオフセットされていて見にくい事だ。

ダッシュボード全景
   

AM/FM/CDプレーヤーの収まるパネルは巨大で、鬼太郎のぬりかべか千と千尋のカオナシのような雰囲気だ w


AM:FM:CD


このアングルだと速度計が見えないが、運転席からは見える。



後部座席は誰かが乗る機会は極めて稀の筈なので、思い切り前に出してトランクスペースを広くしているが、ゴルフのキャディバッグは十分2つ乗りそうだ。


猫が怒っているような顔に見えない事も無い  ^^;


テールゲート開口部
    

Aピラーはかなり立っているので、右前方の視界に不安を感じる事は無い。


運転していて不満を覚えるのは、CVTのセレクターに「S」が無い事だ。


セレクトレバー



つぶ鹿は減速する時は、まずセレクターを「S」にしてエンジンブレーキで減速の後にフットブレーキを踏むのだが、「S」がないのは不便だ。

「L」ではギア比が下がり過ぎてエンジンブレーキが効き過ぎる。


セレクトレバー横のボタンで「S」にすれば良いのだが、このON ⇄ OFF は煩わしい。


3月まで乗っていた初代HONDA Fit はセレクターに「S」があったので使い易かった。


「S」にするとエンジンの回転数が上がり、確実に燃費は悪化するので、敢えて選び難くしている、隠しメニューのようなものと思われる。



セレクトレバーがダッシュボード中央下部にあり、パーキングブレーキがペダルタイプなのは足下を広くするためだろうが、慣れないのでありもしないセレクトレバーを探して左太腿の横に手を出す事が頻発して困った。

         ( ;´Д`)


パワーステアリングのアシストが不自然なのも違和感があるが、これは慣れれば大丈夫だろうか。


いずれにしても、ゴルフ場、法務局、病院へ楽に行けるようになった。

       (・∀・)!




2017年05月25日 (木) | 編集 |
開かないのではないかと危惧された金庫が無事に開き、全ての預貯金通帳を手にして手続きを終えたつぶ鹿、肩の荷が下りたと一安心・・・


しかし、現実は甘くなかった  ( ̄◇ ̄;)


無いと思われていた◯△証券からの郵便が届いて、休眠口座があった事が判明した。

残高、38円!!!

     ガ ━━━━ (゜Д゜;) ━━━━ ン !!!! 
 

この38円の日本株MRF (投資信託) の為に、大変な苦労をする事になる。


なにしろ「休眠口座」だから、当然遺言書には書いていない。


遺言書、戸籍の全部事項証明書、印鑑証明、住民票etc. いろいろな書類を提示して、つぶ鹿名義の◯△証券口座を作り、そこに日本株MRF38円也を移管してから解約と言うアホのような手続きが必要だった。


やっとの事で、自分の銀行口座に38円が振り込まれたのを見て、その38円のために何百倍もの労力をつぎ込んだ空しさに目眩がした。


今度こそ終わりだろうな?


しばらく休養したい、と思っていたその時
まさかと思う二の矢が飛んで来た  Σ (゜Д゜;)


父親宛に、「期末配当のお知らせ」なる葉書が!


      (((( ;゜Д゜ ))))  ガクガクブルブル


あらかじめ、こんな事があっては堪らん
と思い、生前の父親には

まさか、「タンス株」はないじゃろうな??

と念を押してあった。



「ない!」

という言葉を信じた自分が迂闊だった。  ◯| ̄| _


郵便物を調べても、◯△証券以外の証券会社のものは見つからない。


証券口座が無いのに、配当の知らせが来る。。。


考えられるのは一つだ。


現在は紙の株券は廃止されて電子化されているのだが、電子化手続きをしていないタンス株は証券会社ではなく信託銀行の「特別口座」に入っている筈だ。


信託銀行に、心当たりの無い株の配当の知らせが来た、これは特別口座のタンス株なのか?
と、問い合わせたところ、案の定タンス株だった  ( ;´Д`)


特別口座のタンス株を相続するには、大変な手間と手続きが必要だ。

つぶ鹿は証券口座を4つ (5つだったかも知れん w) 持っているが、何れも「特定口座」の源泉徴収あり、というものだ。


「特別口座」のタンス株を移管できるのは「一般口座」で、「特定口座」に移す事は出来ない。


相続者全員が証券会社に「一般口座」を作って、そこに分配して移管しなければならないのだ。


いずれ信託銀行からタンス株相続手続きの書類が送られて来る。


これまで何もしない、何も出来ない、情報弱者のプータロー次男が証券会社の手続きをするとも思えない。


それを見て、わが心臓君が駄々をこねないと良いのだが。。。w

       ;y=ー( ゜д゜)・∵.



2017年05月23日 (火) | 編集 |
マイカーがなくて困る事、これまではゴルフ場に行く手段だった。


ゴルフ場といっても、本コースに行ったのはこの4年で僅か3回、もっぱらショートコースだった。

家から22km程のそこへ行く手段、ママチャリで2度行ったけれど、クラブ6〜7本積んで行くのは大変だった。

ゴルフママチャリ01

ゴルフ場は行かない、という選択肢もあるのだが、もっと困ったのは遺言執行者の職務である不動産の名義変更手続きにあった。


法務局まで行くにはターミナル駅からのバスがあるのだが、何と午前中は7時05分と11時10分の2本しか無い。

        (´;ω;`) ブワッ


行ったが最後、今度は帰路のバスも12時台1本、13時台1本、14時台なしだ。

法務局の手続きが1度で終わるとは考えられないので、とてもバスで行く雰囲気ではない。




・・・というわけで、スズキの販売店に行った。


スズキなら候補はスペーシアとワゴンRの2車に絞られていた。



出迎えた前歯の可愛いM咲さんの案内でワゴンRから見る。


以前乗っていたミニカトッポやスペーシア程のトールボーイではないが、室内高は十分に感じられた。

足下やダッシュボード周辺も広々している。


スペーシアも見たが、室内高がある分上下には広いが、足下はワゴンRよりも狭く左右も狭く感じる、ダッシュボードも圧迫感があってワゴンR程の開放感は無い。


もっとも、これはスペーシアが傾斜地に停めてあった事も関係しているだろう。

左側が低く傾斜しているので、運転席右窓が迫っているように感じられたのだと思う。


スペーシアはワゴンRよりかなり高価なのだが、M咲さんはワゴンR推しのようだった。


2015年の暮れにつぶ鹿が書いた「単細胞物体との衝突」では、
父親が別の販売店に騙されてアルトの4WDを掴まされそうになった話を書いたが、M咲さんとは大違いだ。 



どこのメーカーの車種も同じなのだが、昔から欲しい装備はセットオプションになっている事が多く、欲しいものだけをつけられる事は稀だ。


つぶ鹿が欲しいものは、全方位モニターだのナビではなく、FM/AM付きCDプレーヤーだけなので、これを選べるワゴンRに決定した。


ワゴンRに決めたもう一つの理由は、アイドリングストップ機能がないのはワゴンRの最低グレードだけだ、という事もあった。


つぶ鹿はアイドリングストップ機能を嫌っている。


信号が青になる度にスターターが回るのは耳障りだし、バッテリーの負担も大きく、大容量のバッテリーが搭載されている筈だ。


バッテリー交換になった際に、大容量のバッテリーは高価で重く、交換が楽でないという事情があるのだ。



こうして車種は決まったのだが

しかし。。。。


問題は、駐車場にあった。


昔、ルノー5やアコードエアロデッキに乗っていた頃は、駐車場を次々と追い出され、最後は駐車場まで行くのに車が欲しいくらいだった。



近所の不動産屋を回っても、月極駐車場の空きは殆ど無い。


あったとしても、アパートを借りられそうなくらい高かったり、徒歩8〜10分とかの遥か彼方ばかりだ。


ミニカトッポはつぶクリの車庫に無届けw で置いていたのだが、
家から2km以内ではないし、販売店を共犯にもできない。



合法的につぶクリの車庫に保管する手はないかと思案した結果、県警に問い合わせてみた。


車庫の所有者は亡父で不動産の名義変更は済んでいないのだが、つぶ鹿の相続人代表名で保管場所の自認書を出せる事が分かった。

          \(^o^)/


というわけで、現在は納車待ち。


取説をダウンロードして読んでいるが、昨今の車は取説無しではとても運転出来そうも無いわ。

       
年寄りの証拠だろうか 。。。  m9(^Д^) ぷぎゃー!



2017年05月09日 (火) | 編集 |
つぶ鹿は現在はマイカーを所有していない。


高校時代は自動車クラブで、ギアボックスの分解とか平気でやっていたのだが、排気ガス対策以後はわけの分からんパーツが増えて、自分で手入れをしなくなった。


最初に持った車はルノー5。

Renault5.jpg

CAR GRAPHIC の長期テストで、矢鱈と壊れるけれども魅力的なモデルと感じたので、当時の自分としては大枚はたいて購入した。


乗り心地の良さ、快適なシート、乳母車の幌のように開閉出来るサンルーフ、ステアリングのレスポンスの良さ、etc. 実に魅力的な車だった。


しかし。。。



最初に遠乗りした時に、突然のオーバーヒートに襲われた。 

       ( ;´Д`)

何と!


冷却ファンが外れていた!!


ある程度の速度で走行していれば冷えるが、渋滞するとたちまち湯気を噴く。



結局、渋滞が収まる深夜まで待って、辛うじて帰宅出来た。


その後もルノー君は壊れ続け、毎月どこか故障で入院する事になった。


それでもこのフランス車の魅力には抗し難く、壊れても壊れても乗り続けたが、修理費用が嵩み、3年後に泣く泣く手放した。



新たにやって来たのが、ホンダのアコードエアロデッキ。

エアロデッキ


これもいい車ではあったが、ルノー君のような魅力はなく、国産車の品質の良さが取り柄ではあった。


こいつの欠点は、最低地上高が妙に低く、腹を擦り易い事にあった。


ちょっとした段差を乗り越えた際にトランスミッションのケースが割れて、盛大にオイル漏れを起こして緊急入院した事があった。


その後、つぶ鹿は車に興味が無くなっていき、山一、拓銀、三洋証券の破綻に始まる経済危機もあり、ゴルフもやめてしまったので車検切れを期に手放した。



何年かは車無しの生活を続けたが、嵩物を運ぶ必要に迫られて、背の高い軽を物色して十数年落ちのミニカトッポを手に入れた。

トッポ


高級?輸入車からボロの4ナンバー軽になるとは、まさに潰れかけの鹿の象徴だった。

       ・゚・(つД`)人(´Д⊂)・゚・。


車はまともに走って、曲がれて、止まれれば良い、という単なる道具に過ぎなくなってしまった。


それでも滅多に乗らないので、車検と車検の間に燃料補給が僅か1回!という状況になってしまった。

           ( ̄◇ ̄;)


それなら不要だ、という事でこれも処分することになった。



数年間、車無しでも特に困る事はなかったのだが、突然にゴルフを再開したものだから、またしても車が必要になった。



そこで父親の車を借りる事にしたのだが、こいつは背が低くて着座位置も低く、腰痛持ちのつぶ鹿には1時間乗るのがやっとだった。



自分の車を持たねばダメだ、と思っていた矢先に父親が昇天してしまった。



車の相続にはかなり面倒な手続きが必要で、しかも4月に入ると自動車税が掛かってしまう。


結局、この車は処分して、自分の車を物色する事になった。



条件は、背の高い軽でAピラーが余り寝ていない事。


最近の車は矢鱈とAピラーが太く、更に昔の三角窓のような梁が入っているのだが、プリウスのようにAピラーが寝ていると右前方の視界に難があるからだ。



そこで目を付けたのが、スペーシアとタント。


家から徒歩で行ける距離にスズキの販売店があるので、行ってみることにした。



           Part 2 に続く  (σ・∀・)σ




2017年05月01日 (月) | 編集 |
父親を亡くしてから、つぶ鹿はひたすら多忙だ。

父親の自動車保険は更新手続きをしたばかりだった。

その保険を解約するのが大変だった。

保険会社がいうには、死亡者には解約出来ないので、家族に名義変更の上で解約するのだと。

しかも、同居家族がいるならその人物だという。

その上、TELによる聞き取り調査があるのだそうだ。

母親は認知症で、まともな会話が出来ないのでダメ。

それでは弟でと思うと、こいつは嫌だと言う。

何度も保険会社と交渉の末、ようやくつぶ鹿に名義変更して解約、という事にしてもらえた。


それにしても、ネットの保険会社というのは保険料は安いが、TELはなかなか繋がらないし、毎回オペレーターが異なるので、同じ話を何度もしなければならなくて始末が悪い。


解約出来るまで1ヶ月程掛かってしまった (-_-;)


父親の自動車も11年落ちで、来年からは自動車税の割り増しになるし、車高も着座位置も低くて長時間乗ると腰にきついので、処分する事にした。


しかし、簡単にはいかない。


父親が生まれてから死ぬまでの全ての戸籍が必要なのだ。


全ての相続人を明らかにするためには、
戸籍法が変わる度に古い戸籍情報は全部事項証明書から抹消されるので、その改製前の原戸籍を全て取得しなければならない。


父親の生誕地の役所に問い合わせた所、他所で生まれて後に転入している、と言われた。

???

そんな話は聞いた事もない。

どの自治体から転入したかは教えられない、原戸籍に記載されているからそれを見ろ、と言うのだ。


???

あちこちの親類に問い合わせても、誰も知らない。


ひょっとすると、庶子だったのでは?という疑いが沸き上って来た。


しかし、現在の戸籍の全部事項証明書には問い合わせた◯◯市出生、とあるのだ。



仕方ないので、◯◯市にある原戸籍謄本と除籍謄本を取り寄せた所、◯◯市の生まれと記載されていた。


◯◯市役所の市民課のおねーちゃん、出鱈目を言いやがって!

       ヽ(`Д´)ノ

続いて、現在の本籍地の役所で全ての原戸籍をくれ、と言って出て来た原戸籍謄本を見ると、明らかに間が抜けている。


◯◯市と現在の本籍地の間を何往復かしていたようなので、他にも原戸籍があるようだ。


ネット上の情報では、大正生まれだと原戸籍は4〜5つあるらしい。


戸籍法の改正は昭和23年と平成6年にあったので、昭和23年以前と昭和23年〜平成6年の2つの原戸籍があるのだろうか?


自治体2つ分なら、合計4つなのか  (゚Д゚)?


現在の戸籍の全部事項証明書には、

【改製日】平成26年1月11日
【改製事由】平成6年法務省令第51号附則第2条第1項による改製

とある。


何だか、良く分からん  (´;ω;`) ブワッ


結局、原戸籍集めはガ◯バ◯の行政書士がやってくれたので、車を処分する事が出来た。


行政書士は、自分が取り扱う案件の関係書類を取り寄せられるのだそうだ。



役所の手続きも大変だった。

2回に渡って、延べ4時間くらいかかった  ( ;´Д`)  


年金関係の手続きも一筋縄ではいかなかった。


こういった手続きは、同居家族でないと出来ないものが多く、父親と別居のつぶ鹿には大きな壁になっていた。


父親と同居している (筈の) 弟は、父親の入院中に一度も病院に行かず、退院してからも一切介護をせず、つぶ鹿が3日徹夜で介護しても知らぬ顔で毎日外食していた、というとんでもない奴なのだ。


つぶ鹿が心房細動の発作で父親の火葬に行けなかった時、
こいつは役所の手続きは全て自分がやると宣言して、
葬祭費用の領収証を自分の名前にしてしまった。


おいおい、葬祭費用を出したのはつぶ鹿だというのに。。。

        ( ´゚д゚`)  


翌日、こいつは「俺は何もやらない!」と言い出した。


領収証がこいつの名前なので、後期高齢者の葬祭費用5万円の申請ができず、葬祭業者に頼んでつぶ鹿の名前の領収証に変えて貰うのに1週間かかった。


こいつはいざとなると必ずケツを捲るので、何も任せられないのだ。



結局、全て自分でやるしかないという結論になった。



最大の難関は、預貯金通帳が入っている金庫が開かない (らしい) という事だった。

1回は開くかも知れないが、一旦閉めたが最後、2度と開かないかも知れない、という大問題に直面したつぶ鹿はどうする?


           Part 2 に続く  (`・ω・´)



2017年04月01日 (土) | 編集 |
父親の家の台所の隅に大量に置かれていた牛乳パックはM治の「おいしい牛乳」だった。

近所のスーパーでは税抜248円、つぶ鹿がいつも買っているM永のものは税抜158円だ。

牛乳といっても、我が家で使うのはカフェオレとカボチャのクリーム煮だけなのだ。

税抜158円のもので十分、と思っていたのだが、父親亡き後に冷蔵庫にあった「おいしい牛乳」持ち帰って使ってみたら、安物とは明らかに違う。

M永の158円と比べると、明らかに色が濃く、牛乳と生クリームの差のような違いがある。

カフェオレに使ってみても圧倒的な差がある。

成分を見ると、脂質の量が倍以上違う。

M治おいしい牛乳 成分

M永の牛乳 成分

生クリームでも乳脂肪分の違いで明らかな差があるのだが、牛乳同士でも大差があるのだ。


というわけで、我が家でもM治の「おいしい牛乳」を使うようになった。

父親の形見?が牛乳とは情けないものがあるのだが、これを見る度にしょうもなっかった父親を思い出す事になるのだろうか。



2017年02月18日 (土) | 編集 |
以前見た韓国ドラマで、惚けた爺さんがチョコパイを配って歩く、という場面があった。

業務スーパーで韓国のチョコパイを見つけたので買ってみた。

4個入りで税抜き80円だった。

韓国チョコパイ


これがなかなか美味い! (・∀・)

ロッテのプチチョコパイも食べてみたが、韓国産の方が明らかに旨い。

もっともロッテも韓国系企業だから、韓国産も実はロッテ製かもしれないが。

業務スーパーでは何かにつけて重宝する食品が多い。


この乾燥ミニトマトも気に入っている。

ドライミニトマト

甘酸っぱいのでヨーグルトに混ぜても良いし、安いレトルトのミートソースやカレーに入れると一段旨く変身する。

これで税抜き68円!


我が家ではシリアル、醤油、味醂、炒り白胡麻、春雨スープ、麩、海藻サラダ、etc.が業務スーパーのものだ。

中には怪しい食品も有るが、業務スーパーは何かと便利だ。



2017年01月24日 (火) | 編集 |
昔から朝食はパンと決めている。

これまでは自作パンと山形パンのローテーションだったのだが、自作するにはまだ下腹部の手術創が痛むので、業務スーパーのビール酵母パンを試してみた。

ビール酵母パン

原材料名は

小麦粉、糖類、ショートニング、酵母 (パン酵母、ビール酵母) 、脱脂粉乳、食塩、小麦グルテン、発酵風味料、果汁粉末、デキストリン、澱粉、植物油脂、甘味料 (ソルビトール) 、乳化剤、酢酸Na 、カロチン色素

といった具合に、かなりの添加物が有る。

やはり、自作パンのようにはいかない。


3枚切りの山形パンは更に半分に切って、その日食べる分以外は冷凍していたのだが、切るのに時間もかかるので少しでも楽をしようという狙いだ。

ビール酵母パンは7枚切りで税込91.8円、1枚では足りないので2枚 or1.5枚必要だ。


ついでに業務スーパーの南アフリカ産ドライフルーツも試してみた。

ドライフルーツ

原材料名を見ると
クランベリー、カシューナッツ、レーズン (赤) 、レーズン (白) 、ヨーグルトチップ、落花生、保存料 (亜硫酸塩) 、酸味料、乳化剤 (大豆由来) 、香料

シリアルにトッピングすると、クランベリーの赤が映える。

ドライフルーツトッピング

現在食しているシリアルは苺とアーモンド入りで、今ひとつインパクトが無かったのだが、クランベリーとレーズンの酸味が良いアクセントになった。




2016年12月27日 (火) | 編集 |
フルグラに始まったつぶ鹿のシリアル挑戦、チェコ製に続いてポーランド製を試してみた。

ポーランド製シリアル

350gで198円と、フルグラのほぼ半値だ。

バナナ、シリアル、ヨーグルト、ジャムという組み合わせで、自作パンとコーヒーとともに朝食にしている。

Crunchy.jpg

朝食シリアル.JPG


成分は以下のように表示されている。

オーツ麦フレーク、グルコースシロップ、乾燥果実 (レーズン、パイナップル、ココナッツ、パパイア) 、オーツ麦粉、バナナチップ (バナナ、植物油脂、砂糖、はちみつ) 、植物油脂、大麦粉、とうもろこし粉、食塩 / 乳化剤 (大豆由来) 、香料、pH調整材、塩化Ca、保存料 (亜硫酸塩)

ワインのような保存料が入っているのが気になる。


フルグラは甘くて閉口したが、これもかなり甘い。

しかし、嫌な甘さではなく、蜂蜜の甘みのようだ。


そこそこの噛み応えもあり、なかなか宜しい。


暫くはチェコ製とポーランド製を交互に食してみるか。