• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2018年05月22日 (火) | 編集 |

先週に続いて行って来た


往路 あたご橋国道経由  66分
帰路 味菜畑経由    70分

最高気温  27.2 ℃
最低気温  16 ℃

スタート時刻  10:22
ホールアウト時刻 11:55

使用ボール SRIXON AD333



1H 102Y

180522 1H


[広告] VPS


2H 148Y

180522 2H

[広告] VPS



3H 132Y (ピンまで126Y)

180522 3H


4H 113Y (ピンまで109Y)

180522 4H

[広告] VPS




5H 142Y

180522 5H


6H 231Y

180522 6H


7H 157Y (ピンまで169Y)

180522 7H kyu

180522 7H lod1

180522 7H lod2


[広告] VPS



8H 151Y (ピンまで162Y)

180522 8H



9H 149Y (ピンまで137Y)

180522 9H





36 (18パット) 。。。


先週より2打悪いが、Tee Shot が悪かった割には2打で済んだとも言える。


女性用 6UTがタイミングが全く合わず、大失敗だった。

ついでに女性用 3Wまで打てなくなってしまった (>_<)


昨年11月から使い始めた新アイアンも今ひとつ馴染めない。

良いショットをしてもミスしても、手応えが殆ど同じで、
当たり損ないかと思っていたら、ピンそばに落ちて面食らう事すらある。


梅雨入りするまでにもう2Rくらいはしたいのだが・・・




スポンサーサイト
2018年05月15日 (火) | 編集 |
往路 あたご橋国道経由  63分
帰路 味菜畑経由      66分


最高気温  27.2℃
最低気温  16.6℃

スタート時刻  10:55
ホールアウト時刻 12:57

使用ボール SRIXON AD333



1H 102Y (ピンまで91Y?)

180515 1H

ピンはやや左、やや手前、かなりのアゲインストの風だ。

9鉄で低く打ち出したかったが、高く上がってしまい特設Teeのやや先の、グリーン右手前に落ちた。

2打目、PWで転がしてややトップ気味に出たが、ピンに当たり左奥2m程に止まった。

このパットを入れられず、4 。

[広告] VPS


2H 148Y (ピンまで146Y)

180515 2H

180515 2H マルキュウ


ピンはやや右、かなり奥なので146Yとは思えない。

相当強いアゲインストだ。

7鉄、9鉄、PW、AW、SW、PTしか持って来なかったので、連れ合いの3Wで打つ事にした。

キャロウェイのXR、ロフト15°だ。


女性用クラブはシャフトが柔らかく、速く振ると撓りすぎるので、軽くゆっくり振らないとタイミングが合わないので、そのように振ったつもりだった。


快音を残して低い弾道でグリーンに一直線に向かって行き、最後に風に負けたのか、右にフケて右のエッジに行ったように見えた。


行ってみると、ピンの真右のライのよい所にあった。

PWで転がしてピン先1m程に寄せ、これを入れて Par 。

          \(^o^)/

[広告] VPS



3H 132Y (ピンまで134Y)

180515 3H

ピンはやや左、やや奥、アゲインストだ。

7鉄で打ったが、当たり損ないでコロコロ転がり、FW右の排水溝のやや先に止まった。

2打目、PWでやや引っ掛けてしまい、ピン左手前5m程に乗せた。

ここから2パットの 4 。

[広告] VPS



4H 113Y

180515 4H

ピンはやや左の中央付近、左からの強めのアゲインストだ。

9鉄で低く打ち出したかったのだが、引っ掛けて左の木に当たり、左手前に跳ねてハザード領域に入った。

カート路左にドロップしたが、ピン方向は木々が数本あって狙えない。

やむなく、右方向を狙って3打目をPWでピン右手前8m程につけた。

1stパットを2mくらいオーバーしたが、返しを入れて 4 。

[広告] VPS



5H 142Y

180515 5H

ピンは左奥で、右からの強いアゲインストだ。

7鉄では到底ピンまで届かないので、連れ合いの5Wを使う事にした。

MacGregor のロフト21° だ。


強いアゲインストに負けて吹き上がり、左右に大きく曲がる恐れもあったのだが、低い弾道で矢のようにピンに向かって行った。


ピンの左真横3mくらいに落ちたが、止まらずに左奥エッジにこぼれた。


刈り込まれたFWのようなライだが、左下がりでトップし易い。

PWで柔らかく打とうとしたが、ハーフトップして8mくらいオーバーしてしまった。    (--;) 


しかし、1stパットをカップ左50cm程に寄せてこれを入れ、 4 。

[広告] VPS



6H 231Y

180515 6H

ピンはやや右、やや手前で、左からの強いフォローの風だ。


女性用3Wで打ち、糸を引くような低い弾道で、164Yの赤旗の先のFW中央やや右に行った。


ピンまで59Y、つぶ鹿の得意な50〜70Yのアプローチが残った。

180515 6H 球


強いフォローでは簡単には止まらないとみて、PWで頭を残して軽く打ち、ピン手前に落ちてから転がってカップ左手前50cm程につけた。


前の組のヘンリク・ステンソン風の御老人に拍手を戴いた。


これを入れて、このホールでは一度はゴルフをやめた1996年の5月16日以来の Par 。

        キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ !!!!!


[広告] VPS



7H 157Y (ピンまで156Y)

180515 7H

ピンはやや左、やや手前、右からの強いフォローだ。

7鉄では届かないので、女性用5Wを持つ。

バンカー越えになるので、ドロー気味に打ちたいという事で、アドレスでややトウ寄りにセットして打った。


インパクト直後はやや右に出て、思惑通りだったのだが、低く出て狙い以上のドローがかかり、グリーン左手前のバンカーに転がり込んだ。


砂が湿っていたが、SWでピン左手前1.2m程についた。


これを沈めて Par 。   \(^o^)/

[広告] VPS


[広告] VPS


8H 151Y (ピンまで162Y)

180515 8H

ピンは右奥で、右の林すれすれに見える。

風は強いフォローの筈だ。

女性用 5Wでトップしたが、グリーン遥か手前から転がって、左奥エッジにこぼれた。

ここからは上りのスライスの筈だが、3m程もショートしてしまい、1stパットも入れられず 4 。

[広告] VPS


9H 149Y (ピンまで156Y)

180515 9H

ピンはやや左のかなり奥、やや左からの強いフォローだ。

7鉄で高い球を打てば、風に乗ってピンまで届くのでは、と考えた。


しかし、当たりが薄くてバンカーに入った。


ただでさえも砂が少ないバンカーなのだが、前日未明までの雨でかなり濡れて固く締まっている。

おまけに、ボール手前が少し盛り上がっていて、アゴに近い。


う〜む、トップしそうな嫌なライだ。。。 ( ;´Д`)


ピンまで距離があるのでSWかAWか迷ったが、AWだとザックリが怖いのでSWを選ぶ。


案の定、手前の盛り上がりでソールが跳ねてアゴに当たったが、そのままバンカーから出て転がり、ピン左手前5mくらいについた。

1stパットを60cmくらいオーバーしたが、返しを入れて 4 。

[広告] VPS



2013年に17年振りにゴルフ再開して以来、自己ベストタイの34 (15パット)!

         \(^o^)/  


何が良かったのか?

これまでと異なる点は


1 . UTと6鉄から上のアイアンをはずした

2 . 替わりに女性用3W、5Wを使った

3 . スパイクレスシューズからソフトスパイクに替えた

4 . ブルーライト&UVカットの眼鏡を使用

5 . amazonで3ダース5,980円で入手したSRIXON AD333を使用


女性用3W、5Wはつぶ鹿好みの低く強い弾道が出て良かった

以前使っていた女性用7Wは弾道が高すぎて駄目だったのだ

ソフトスパイクは、インパクト〜フィニッシュで足が滑り難くなった

ブルーライト&UVカットの眼鏡は、
以前は見えない事が多かった球の落ち際が見易くなった

AD333はインパクトの感触が良く、コントロールし易い印象だった



1〜5の相乗効果という事だろうか?



6H以外のアプローチはもう一つ良くなかったが、パットは安定して良かった。

難しい2H、6H、7Hで1パットの Parをとれたのが大きかった。


これが続いてくれれば、1996年にゴルフをやめる直前に出した
自己ベスト31に迫れそうなのだが。。。






2018年03月03日 (土) | 編集 |

昨年暮れに父親の没後手続きが終わったばかりだというのに

2月下旬に母親が逝き、父親の命日に火葬する羽目になった。



12年前から廃人同様だったので、今更悲しみも無いが

直系尊属が居なくなり、子孫も居ない自分は

唯一人取り残された気分だ。




何もしない父親の次男との間で

遺産分割協議が成り立つとは思えない。



最初から家庭裁判所の調停又は審判を受ける事になりそうだ。。。

        ( ;´Д`)




2018年02月01日 (木) | 編集 |


昨年9月半ばに、50年来の友人とTELで話した。


その人とは7年前に会ったきりだったのだが、

つぶ鹿は声がおかしい事に気付いた。



上気道炎で喉をやられた、という声ではなく、

喉に何かがつかえたような声だった。



つぶ鹿にはすぐにある病気が思い浮かんだ。


「声の異常 ヶ月」でGoogle先生に聞けば、たちまち出て来るものだ。



まさか、と思いながらも1ヶ月後、その人にTELしてみたら

更に声が悪化していた。


声の異常が1ヶ月以上続いたら、その病気の可能性があり、

直ちに専門医を受診する必要があった。


しかし、つぶ鹿が異常に気づいてから1ヶ月、そうと疑うには早かった。



更に1ヶ月後、再びTELしてみたが

その時はいくらかはマシのような気もした。


折悪しく、その頃つぶ鹿は相続税の申告で青息吐息

人の心配ばかりしてもいられなかった。



その人がまずい病気でない事を祈るだけだった。



11月の終わりに自分と母親の申告書は提出したが、

父親の次男が「自分に申告させるのは虐待だ!」

などと訳の分からん事を騒いだものだから

その人への心配は宙に浮いたままになってしまった。



12月27日の申告期限が過ぎて、ようやくつぶ鹿は一息入れる事が出来た。

父親の次男が申告したかどうかは知らない。



疫病神という奴は

一旦取り憑いた相手からは、なかなか離れてはくれないものだが

1月の初めに施設にいる母親が肺炎を起こして入院、危険な状態になった。



何度か病院に通ううちに、友人がどうなったのか不安になった。


TELしてみたが、出ない。 (-_-;)


まさか既に闘病中ではと思い、ポケベルSMSで

「コエナオッタ?」と送った。


返信が来て、折り返せなくてすまない、

できるだけ話さないようにしている、とあった。

TELにも出たくないようなのだ。



つぶ鹿が異常を感じてからすでに4ヶ月、

もはや放置できる段階ではない、と思ったつぶ鹿は

市立病院の耳鼻咽喉科宛の紹介状を添え、その日のうちに投函した。



危険な病気かどうかは、

喉頭鏡、喉頭ファイバースコープでの検査や

場合によっては生検、CT、MRI等が必要だからだ。



文面は、その人を不安や恐怖に陥れないように配慮しつつ、

随所につぶ鹿が危機感を抱いている表現を混ぜた。



翌日、「想像もしていなかった、検討する」という短いSMSが届いた。



速やかに受診するように書いたのだが、

「検討」という余り危機感が無い文言に当惑したつぶ鹿は

ポケベルSMSで

「カイフクイノル」 と送信した。


祈らなければならない事態だ、と気付いて欲しかった。



その人が市立病院を受診すれば

紹介元のつぶ鹿には病院から報告が来るのだが、

2週間経っても何も無かった。



これは、報告できる段階ではない (各種検査中 → 良くない証) か

受診していないかのどちらかだった。



ポケベルSMSで「?」と送ったら

大丈夫だ、という返信が来た。


何が大丈夫なのか分からないが、迷惑そうなニュアンスが感じられた。



これ以上干渉すると、友人を失くすかも知れないのだが、

黙っていたら友人を亡くすかも知れない。



その人の職業に多いとされる

危険とまでは云えない別の病気かも知れないが、

良からぬ病気だったら、声帯の動きが悪いというのは

もはや初期とは云えないからだ。



つぶ鹿はどうすべきなのか、毎日悶々としている。



自分の推測が大はずれである事を願うしか無い。

      (・A・)



2018年01月22日 (月) | 編集 |

つぶ鹿宅のバルコニーの目の前の街路樹に

毎日、ムクドリの大群が押し寄せる。


ムクドリの街路樹


夕方4〜5時頃から集まり始め、午前1時頃まで啼き続けて、朝は4〜5時頃から騒ぎ始める。


まるでヒチコックの「鳥」か大型魚に追われる鰯の大群の様相だ。


[広告] VPS


非常に耳障りな啼き声で、騒音計で測定すると、室内でも48dBくらいだ。

市の環境基準によると、夜間 (22〜6時) の騒音は45dB以下とされている。



毎朝、4時5時に起こされては堪ったものではない。


カラスが鳴く頃になると静かになるので

ひょっとして、ムクドリの天敵はカラスなのではないか、と思った。


調べてみたら、案の定鷹などの猛禽類やカラスが天敵だと分かった。



それ故、天敵の鳴き声を模した「威嚇音」を流すとか、猛禽の剥製を置く、青色LEDフラッシュといった対策があるらしい。


しかし、奴らも「学習」して、次第に効果がなくなるようだ。


Amazonにもムクドリ対策にフクロウの人形が売られているが、こんなものが一時的でも効果あるんだろうか?

       ( ̄◇ ̄;)


ムクドリは害虫を食べる益鳥とされているが、

全国的に騒音と糞害を起こしている以上は

人間との共生は無理じゃあるまいか。

       (・A・)イクナイ!




2018年01月18日 (木) | 編集 |


手塚治虫の作品としては「鉄腕アトム」や「ブラックジャック」が有名だが、つぶ鹿は未完の大作「火の鳥」こそが最高傑作だと思っている。


「火の鳥」を知らない人はWikipedia を参照されたし。
https://ja.wikipedia.org/wiki/火の鳥_(漫画)


つぶ鹿が「火の鳥」と出会ったのは高校時代だった。


黎明編
未来編
ヤマト編
宇宙編
鳳凰編
復活編
羽衣編
望郷編
乱世編
生命編
異形編
太陽編

と続く壮大なストーリーは、まるで旧約聖書の世界のようだ。


手塚自身が死ぬ所で完結する予定だったらしいが、彼はそこを書けずに他界したため未完という形になっている。


各編について書くと長大になるので避けるが、


最も印象的だったのは未来編だった。



未来編ではAIに頼り切った人類が次第に衰退し、

AIが選んだ精子と卵子の組み合わせで人工授精されていた。



遂にAI同士の対立で核戦争が起きて、人類の殆どが死に絶える。



僅か数人生存した中に、火の鳥の力で永遠の生命を与えられた男がいる。



生き残った生命体を探して世界中を彷徨うが、自分以外の生命はいない。


恋人も、人類も他の生命も絶滅した地球で彼は生き続けた。



絶望した男は、孤独の余り自殺を図るが、永遠の生命ゆえ死ぬ事も出来ずに苦しみ続ける・・・



男は自分の手で生命を創造するしかないと気付き、


CHOの化合物を海に投じて

やがて生まれた原始生命体が進化して

長い長い年月の末に人類が誕生した所で、役目を終えた男は火の鳥の体に取り込まれる、というストーリーだった。


ここが事実上の結末で、

最初の黎明編に続くようになっている。



まさに輪廻転生そのものだ。




これが1967〜1968年に書かれたものだ、という事には驚かされる。


現代人が、「OK Google」 などと言っていると、いずれ核戦争が起きるんじゃあるまいか、と心配になる。


少なくとも、「2001年宇宙の旅」のコンピューターHAL9000のようなものが登場するのも時間の問題だろう。


そして、その次にやって来るのは「ターミネーター」のスカイネットに違いない。


       (((( ;゜Д゜ ))))



未来編以外についても

宇宙編、鳳凰編、復活編など

深い内容のものが多いので、いずれ書きたい。




2018年01月13日 (土) | 編集 |


便利?不便?プリペイド携帯&スマホ」に書いた通り、つぶ鹿の〓プリペイド携帯は他キャリア宛にSMSを送信できない。


docomo、auには送れないのだが、さほど不便でもなかった。

E-mailで送れば良かったからだ。



しかし、最近になって docomo の友人数人からSMSが届き、返信するにもE-mail アドレスは知らない、という事態が生じた。


中学のクラスの名簿が届いたが、E-mail アドレスはなく、電番のみだった。


どうも、同窓会関連の連絡はSMSで行うようなのだ。


こうなると、他キャリア宛にSMSを送信できないつぶ鹿は完全に蚊帳の外、情報弱者に成り下がったらしい。



それでも、決定的に不便でもあるまいと思い静観していたのだが、友人の一人に重大かつ急を要する連絡が生じた。


電話すれば良い、と思われるかも知れんが、電話するのも憚られる事情があるのだ。



何とか他キャリア宛にSMSを送信できないかと思案していたら、

 ↓ これに辿り着いた。
https://www.nttdocomo.co.jp/service/sms/usage/


1. docomo なら 090 - 310 - 1655 にかける

2. 次に相手の携帯番号を入力

3. *2*2 の後に、ポケベル入力でメッセージを入れ、最後に##

文字コードは端末のメーカーによって微妙に異なるので、自分の端末の文字コードに従う。

文字コード表


これで送信できる事を確認した。


但し、携帯に電話するのと同じ通話料がかかる。

入力中も通話中になるので、素早い入力を求められる。


例えば、「元気?」と入力するには

   *2*2 24 04 03 22 67##  となる。


相手のディスプレイには 「ゲンキ?」と表示される筈だが、確認しようがない。



自分の入力した内容をテキストとして見られないので、電報のような短文しか送れないが、通話料の高いプリペイド携帯で短文3通送ったら400円くらいかかった 。


家電からなら1通数十円で済むだろう。


何故、こんな手間をかけてまでSMSを送らなければならないか、は今は書けない。


笑って書ける時が来れば良いのだが・・・

         (´;ω;`)




2018年01月09日 (火) | 編集 |


ビートルズのこの曲の歌詞に

When I get older losing my hair
Many years from now
Will you still be sending me a valentine
Birthday greetings, bottle of wine?

というフレーズがある。


つぶ鹿は歯だけは年不相応にきれいだが、頭部は年相応に薄い。

        ・゚・(つД`)・゚・。


いっその事、スタートレックのピカード艦長のように境界明瞭に禿げてしまえば良いのだが、無くて良い所に離島や半島のように残ったりして、ピカードにはならないでいる。

ピカード艦長


「ジャン=リュック・ピカード」というくらいだからフランス系で、フランス語だと「ジャン=リュック・ピカール」と発音する筈だ w



禿を隠そうとして、後方の髪を長くして前方に持って来るという古典的な手法は良く使われるが、禿バレバレだ。


木は森に隠せ、というから禿は堂々と見せれば良いのではないか?


そう思ったつぶ鹿はスキンヘッドにした事がある。



禿を「見えなくする」には有効な手段だったし、シャンプーは少量で済むし、洗髪?後の乾燥も容易になった。



しかし、これには重大な欠点があった。



保水力を失った禿げ山同様に、頭部の保水力が失われた。

その結果、汗がダラダラと首の後ろに流れて、汗疹だらけになった。


おまけに、頻繁に剃らないといけない。

雑に剃ると、頭部の至る所が剃刀負けになった。

        (゚Д゚) 


艶のある頭皮にするには、革製品同様の手入れも必要だ。

鶏皮のように艶がないとさまにならない。


そんなわけで、スキンヘッドはやめて少し伸びたら電気シェーバーで剃っている。

頭部の照り

 ↑ 20世紀の終り頃は頭部に照りがあったが
その筋のオッサンかテキ屋にしか見えない・・・ orz


ワインは自分で買って呑むが、

Sixty-Four のつぶ鹿にバレンタインをくれる人は居るまい。


中学の時に、下級生が家の郵便受けにチョコを入れてあったのだが、その子に対して冷たくあしらった報いかも知れない。


今思えば、気の毒な事をした。

 
まさに、因果応報か・・・  ( ´゚д゚`)  





2018年01月05日 (金) | 編集 |

昨年8月の初め、左上第1大臼歯と第2大臼歯の間の頬側歯肉が腫れた。


誤嚥性肺炎を防ぐには」 に書いたが、つぶ鹿の口の手入れは完璧だ。


毎食後、間食後に歯ブラシと歯間ブラシ、就寝前は歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシを使っている。


それにも係らず、歯肉の腫れ = 歯周病の急性発作が起きたのだ。


これまでにも、ごく稀に同部の歯肉がやや腫れる事はあったが、翌朝には収まるのが常だった。


しかし。。。


今回は収まるどころか更に腫脹し、抗生剤を服用する羽目になった。



X線撮影をしてみた。

つぶ鹿の└67
       
昔のものと比較すると、骨の無い黒い部分がやや多く見える。

つぶ鹿パンントモ└67

重度の歯周病だと、このように黒い部分が増える。

歯周病のX-ray


抗生剤服用で一旦は緩解したが、その後も時折腫脹して、指先で触診すると歯肉の下に骨が無いのが分かった。


8月初めといえば、心電図の波形も一番酷い頃だった。

8月初めの心電図

      
心拍が2回打って1回休み、という事が多かったので

単純に考えても、血液の拍出量が 2/3 なので、安静にしていても息苦しかった。

脈拍 42/分ということすらあって、脈が飛びまくり、心臓が止まるかと思った。

42.png

 ↑ Androidの脈拍測定アプリ、カーディオグラフで測定


考えてみると、この頃はタンス株と不動産の相続手続きで東奔西走、毎日目の回る忙しさだった。



ところが。。。


11月下旬に入り、税務署への申告も済んだ後はいつの間にか歯肉の腫脹も無くなり、心電図の波形も異常なし、になってしまった。

93.png

 ↑ 11月初めには、かなり良い波形になっている。


触診で骨が無かった第1大臼歯と第2大臼歯の間の骨も再生していた。

        \(^o^)/


ストレスが免疫に影響するのは知られているが、自ら経験する事になるとは思ってもいなかった w




2017年12月31日 (日) | 編集 |


HMVで注文したCD 5セットが届いた。


ロブロ・フォン・マタチッチ指揮 
フランス国立管弦楽団
ブルックナー 交響曲第3番 

マタチッチ No3

マタチッチの第3番は晩年のウィーン交響楽団との海賊盤を持っているが、名演だった。

これより20年近く前の仏国立管弦楽団盤も期待に違わず名演だ。



この曲の楽譜は何と5種類出ている。

第1稿 1873年版 2056小節 ノヴァーク版 1稿
第2稿 1877年版 1815小節 エーザー版
第2稿 1877年版 1858小節 ノヴァーク版 2稿
第3稿 1889年版 1644小節 改訂版
第3稿 1889年版 1644小節 ノヴァーク版 3稿


これはブルックナー自身が書き直したり、弟子その他が「書き換えた」ものが5種類あるという事なのだが、第2稿と第3稿がそれぞれ 2種類あるという訳の分からん事態になっている。

        ( ;´Д`)

マタチッチの使用楽譜は1877年の第2稿エーザー版「らしい」が、楽譜を持っていないので事実関係は不明だ。


つぶ鹿も「つぶクリ島漂流記」をしばしば加筆 / 改訂しているが、初稿から26年も経って改訂した第3稿ノヴァーク版が「交響曲第3番」と言えるのだろうか?




カール・シューリヒト指揮
ベートーヴェン交響曲全集 パリ音楽院管弦楽団
ブルックナー 交響曲第3番、第8番、第9番 ウィーンフィル

シューリヒト ブル&ベト

これが何と1,390円! 殆どタダ同然だ。

       \(^o^)/


ブルックナーの3曲は持っているが、リマスタリングされているので、音は違う筈だ。

悪くなっているかも知れんが。。。 w


ベートーヴェンでは第6番「田園」のレコードを持っているが、この曲の演奏では一番気に入っている。

モノラル録音なのが惜しい。




オイゲン・ヨッフム指揮
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
ブルックナー 交響曲第5番 (1964)

ヨッフム No5

廃盤で手に入らないかと思っていたが、HMVの中古で入手、583円だった。

中古と言っても、ディスクもケースも新品同様、タダ同然だ。


ヨッフムのブルックナー第5番は4種類あるが、一長一短だ。

バイエルン放送交響楽団 1958年
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 1964年
ドレスデン国立管弦楽団 1980年
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 1986年


この1964年盤が最もメリハリがある。

それが良いかどうかは別だが・・・





オットー・クレンペラー指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
ブルックナー 交響曲第5番

クレンペラー No5

これも廃盤、中古で1,166円。


クレンペラーのブルックナーは余り良くはないが、YouTube で視聴して終楽章が良かったので欲しくなった。


フーガ主題冒頭の巨大なスケールと重量感は「凄い」の一言に尽きる。





ロリン・マゼール指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
ブルックナー 交響曲第5番

マゼール No5

こちらも廃盤、中古で1,069円。

クレンペラー同様に、YouTube で視聴して終楽章が良かった。


ウィーンフィルの金管の音色が魅力だ。

特に最後のコラール (賛美歌と訳して良いやら) が美しく、感動的だ。


クレンペラーにしてもマゼールにしても、他は良くないけれども第5番の終楽章だけは良い、という演奏が少なからず存在するのが不思議だ。






2017年12月25日 (月) | 編集 |

第5番が Part4 + 最終回?まで続いたものだから、なかなか本命の第8番について書けないでいた。


この交響曲を知ったのは大学に入って暫くの事だった。


つぶ鹿は元々はロックの人だったのだが、
ピンクフロイド、ムーディーブルース、イエスのようなクラシカルな響きのグループを聴くうちに、いつの間にかクラシックの人になっていた。


ブルックナーの音楽に最初に興味を持ったのは、

ワルター指揮コロンビア交響楽団の第4番のスケルツォで、

2回目はフルトヴェングラー指揮の第7番のアダージョだった。


某評論家によると、ブルックナーの最高傑作は交響曲第8番で、

カール・シューリヒト指揮ウィーンフィルの演奏が良いというので、

これを購入。



当時のつぶ鹿は、八ヶ岳方面にドライブに行くのが好きだった。


国道141号線の須玉あたりから上り始め、山々が見えて来ると頭の中で第8番のスケルツォやフィナーレが鳴り出した。


第2楽章スケルツォの主題は楽譜上では山形をしていて、八ヶ岳連峰を見上げながら聴くと胸がわくわくするものだった。

八ヶ岳とつぶ鹿

↑ この茶色のパンツ、今でもはけるのだ w


清里の美し森山から見る、八ヶ岳の主峰である赤岳の威容はいつ見ても壮大だった。


赤岳


しかし。。。


当時跋扈し始めたアンノン族が清里に押し寄せ、
清里駅前は原宿のような店舗が増殖、
同じようなファッションとメイクのおね〜ちゃん達に占領されてしまった。

        (--;)

こうなると、もっと先の野辺山から松原湖まで足を伸ばさないと「自然の孤独」を味わえなくなって来た。


そこでつぶ鹿は一転、上高地日帰りに挑戦する事にした。



5月12日、連休も終わって上高地にはいる道路のマイカー規制もなくなっていた。


大正池に着いてみると、見渡す限り誰一人いない。


つい一週間前には大勢の観光客が押し寄せた筈だが、人影が全くないのだ。


そこから穂高の山々を見上げると、

その自然の壮大さと威容は

交響曲第8番の終楽章の結尾部そのものだ、と思ったものだ。


大正池


シューリヒト指揮ウィーンフィルの演奏は第3楽章までは素晴らしいものだったが、つぶ鹿には終楽章の終わり方が物足りなかった。


速いテンポであっさりと締めくくる、というのはこの指揮者のいつもの手法だが、つぶ鹿には不満が残った。



20数年を経て、チェリビダッケ指揮ミュンヘンフィルの1994年リスボンライブという海賊盤を聴いて仰天した。


とてつもなくテンポが遅いので、全曲聴くのは苦痛でさえあるのだが、終楽章のスケールの巨大さには圧倒される。


余りにも凄まじいので、これはブルックナーなのだろうか?と思う事すらあるのだが、比類の無い巨大な演奏である事は確かだ。



チェリビダッケには1990年の来日公演と1993年の録音もあるが、リスボンライブのような鬼気迫るものはない。




この海賊版、楽章間のチューニングの音や客席の咳払い等のノイズも入っていて臨場感は抜群だ。


つぶ鹿は「ブルックナー 交響曲第5番」 の項で、9つの交響曲を山脈にたとえて、中央の第5番と奥から2番目の第8番が両主峰だと書いた。


聴く度に深い感銘を受けるのは第5番だが、聴いていて胸が踊るのは第8番だ。



今日もHMVでブルックナーのCDを5セット注文した。

これで年末年始の時間はいくらでもつぶせる。

       (・∀・)



2017年12月12日 (火) | 編集 |


案の定、というべきだが、父親の次男がケツを捲った。


父親の次男については「あの人の生涯は何だったのか?」に書いた通りだ。

http://ittebattari.blog.fc2.com/blog-entry-289.html


相続税の申告期限まで2週間となった今日、「自分には出来ない!」と言い出した。


いずれ、こいつとは血で血を洗う争いになるのは分かっていたが、いよいよその時が来たようだ。

         ヽ(`Д´)ノ


あらゆる動物の親の役目は、子供に餌の穫り方を教える事だ。


しかし、父親は寄生虫プータローに餌をやり続けたので、こいつは自分では何も出来ない。

全て人がやってくれるのが当たり前、と思っているようなのだ。



こいつがパソコンを使えないらしいのは父親の話で知ってはいたが、
こいつの言い分では

「自分がパソコンをやらない ( ≠ できない ) のは、親父が勝手に電源プラグを抜くから」

だった。



そこでつぶ鹿は、申告書のデータをLibre Officeで作り、こいつの所有するWindowsに付属するExcel 97/2000 の形式のファイルで渡した。


新しいMS Officeでこれが開けるかどうかは知らない。


申告書の第何表のどの欄に何と書くか、を全て入力してあるので、中高生でさえも申告書を書ける筈だった。


CD-Rにして渡したが、奴の持つ2台のWindowsのうち、新しい方の無印XPは電源が入らなかった。

古い方はMillennlumで、MS Office互換のLibre Office が動かないので問題外だろう。



そこで奴はつぶ鹿と同じMacBook Air を買った。


1週間経っても、奴はMacBook Airの電源すら入れられないでいると分かったので、流石に助けてやる事にした。



電源を入れ、初期設定をして、Libre Office をインストール、申告用のファイルがLibre Office で開ける事を確認した。


国税の納付書の書き方のファイルもMacBook Airに入れ、あとはこの通りに申告書に書けば良いのだ、と云って帰宅した。




・・・僅か3日後、こいつは何ひとつやらないまま

「俺には何も出来ない、パソコンは一切出来ないと云った筈だ」

と言い張って全て放り出した  ( ̄◇ ̄;)



こいつは無申告加算税と延滞税が幾らかかるか、は知らないに違いない。

金額を知ったら卒倒するぞ w


こいつといい、父親といい、つぶ鹿には頭がおかしい遺伝子を持っているとしか思えない。



つぶ鹿が子を持たなかった最大の理由は、

この親子のような子供が出来たら、自分だけでなく社会にとって大変な災いだと思うからだ。



おかしな遺伝子は自分の代で絶やさなければならない。



これまでにも、父親の次男が認知症の母親を虐待したり、父親を侮辱した際につぶ鹿と取っ組み合いになりかかった事は何度もあり、いつ刃物が出て来てもおかしくない状況だった。


どこぞの宮司の座を巡る争いに似ていなくもない w



近々つぶ鹿が変死したら、犯人は間違いなくこいつだ。


     (((( ;゜Д゜ )))) ガクガクブルブル 





2017年12月11日 (月) | 編集 |

往路 とんでん国道経由  64分
帰路 味菜畑経由      ?分

最高気温  16.6℃
最低気温  13.0℃

スタート時刻    10:39
ホールアウト時刻  12:23



前夜予約状況を確認して、18Hの予約が1組しかないので安心していたら、フリーの来場が多かったらしく、4組待ち程だった。



1H 102Y (ピンまで92Y)

171211 1H

ピンはやや右手前、風は特に感じない。

9鉄でフケて出て、右カート路の更に右に行った。

カート路からグリーンまでは下っているし、ピンがエッジから近いのでかなり難しいアプローチを残した。

しかし、PWで上手く落としてピンに当たり、ピンの先50cmくらいに止まって、楽々 Par 。

          \(^o^)/




2H 148Y (ピンまで140Y)

171211 2H

ピンはやや左の中程、風は感じない。

6鉄で打ち、そこそこの当たりをしてピンに向かって行ったと思ったのだが、左手前の切り株より5Yくらいの所にショートした。

PWの2打目が大ショートでグリーンに乗らず、3打目のPWでピンを2m弱オーバーして、1stパットが僅かにショートして、 5 。

[広告] VPS




3H 132Y (ピンまで144Y)

171211 3H

ピンは右奥、風は特にないようだ。

6鉄でチョロしてしまい、特設Tee手前の排水溝より更に手前の枯れたラフに止まった。

距離を測らずに9鉄で打ったら、ハーフトップのスライスでグリーン右奥の左下がりの薄いラフに行ってしまった。

トップだけはしないようにと注意しつつPWで打ったが、ピンを3m程オーバー。

1stパットがカップの左ヘリにとまってしまい、 5 。

[広告] VPS



4H 113Y (ピンまで101Y)

171211 4H

ピンは中央僅かに右の手前、無風のようだ。

9鉄で上体を起こさずに抑えて打ち、低い球でピン左奥8mくらいに乗せた。

抑えて打った事で、右肩が上がらなかったのが良かったようだ。

嫌な下りの1stパットを、ピン左手前50cmくらいにつけて Par 。

[広告] VPS




5H 142Y

171211 5H暫定球

ピンはほぼ中央の一番奥、アゲインストの風だ。

6鉄で打って吹き上がってしまい、右にフケてOB方向に行ったように見えた。

念のために6鉄で暫定球を打ち、これは良いショットでグリーン中央やや奥のピン右手前の好位置に乗った。

最初の球はグリーン右手前の左下がりの枯れたラフにあったが、9鉄のアプローチが10m以上もショートしてしまい、1stパットを1.5m弱オーバーしてしまい、これを入れられずに3パットの 5 。

[広告] VPS




6H 231Y (ピンまで254??Y)

171211 6H

ピンはやや右手前、明らかなアゲインストだ。

レーザー距離計がうまく働かない。
ピンの奥の木に照準が合ってしまうらしい。


いつも3UTで打つのだが、右にも左にも行くので、今回は3UTをはずして5鉄を持って来た。


ロフトは旧アイアンの4鉄並みでシャフト長は3鉄と同じなので、実質旧アイアンの3.5番という感じか。


しかし、満を持して登場の5鉄で当たり損ない、手前の赤旗 (122Y地点) より5Yくらい先のFW中央付近に行った。


ピンまで94Y、9鉄で低く抑えて打つつもりが、トップして低いスライスでグリーン右奥の、ピンまで12m程の下りのラインに乗ってしまった。


慎重に打った1stパットをダフってしまい、ピン右手前に2m少々残し、これを入れられず 5 。

[広告] VPS



7H 157Y (ピンまで173Y)

171211 7H

ピンはやや左の奥一杯、風はアゲインストのようだ。

173Yでアゲインストなら、6鉄では到底届かないので、6Hに続いて5鉄で打った。


まずまずの当たりをしたと思ったが、ピンに向かったものの風に負けてバンカーぎりぎり手前の枯れたラフに落ちた。


芝が無いので、いかにもトップし易いライだが、SWで上手く上げてピン手前7m程につけた。

ピンが奥なので、これ以上突っ込むのは危険だった。

1stパットを50cm程ショートしたが、これを入れて 4 。

[広告] VPS



8H 151Y (ピンまで142Y)

171211 8H

Teeで12時のチャイムを聞いた。

前回は7Hで聞いたので、少しは進行が速い事になる。


ピンは左手前、風は良く分からん。

6鉄でトップして、右にすっぽ抜けた感じだったが、転がってピン右奥10m程に乗ってしまった。

しかし、ここからはかなり下りのスライスライン。


1stパットが大きくスライスしてピン右に2mくらいオーバーして、2ndパットも入れられず、3パットの 4 。

[広告] VPS



9H 149Y (ピンまで166Y)

171211 9H

ピンはほぼ中央の一番奥、フォローの風だ。

グリーン奥は重く、長いパットを残すと大変なのは分かっていたので、大きめの5鉄を選んだ。

しかし、フィニッシュで右肩が上がってしまい、押し出してグリーン右手前にショートした。

2打目を8鉄で転がしたが、思った程転がらずにピン手前に5〜6mを残した。

1stパットを1m程もショートしてしまったが、これを入れて 4 。

[広告] VPS




38 (20パット)。。。


このところ腰に張りがあって、パットのアドレスが苦しいので、いつものPING PALからシャフトの長いPING PAL4に替えたのだが、これが裏目に出た。

タッチが合わなくなってしまったのだ  ( ;´Д`)


3UTをはずして5鉄にしたのは、まあまあ効果があったか?


新アイアンは今の所は酷い引っ掛けが出ないので、当面はユーティリティなしで行くつもりだ。

        (・∀・)
       


2017年12月07日 (木) | 編集 |

前々回の自己ワーストから、前回は19ストローク縮めて、当面の目標であるボギーペースの36まであと1ストロークとなった。


今年最後かも知れないので、寒さをおして行ってみた  ^^;


往路 とんでん国道経由  64分
帰路 味菜畑経由    70分

最高気温 12.7℃
最低気温  3.5℃

スタート時刻  10:33
ホールアウト時刻 11:56



前回と違って閑散としていた。

使用ボールは終始Wilson DX2。



1H 102Y

171207 1H


ピンは右手前、軽いフォローの風だ。

9鉄で軽く振り、ピン左奥7m程に乗る。

ここから下りの1stパットを1m程ショートしたが、ここから入れて Par 。

[広告] VPS



2H 148Y

171207 2H

ピンは左やや手前で、一番大きい木の後方に見える。

風はややフォローだ。

6鉄で打ち、左の木に当たって斜面を落ち、カート路の左に転がり落ちた。

幸い、一番奥の木も邪魔にならず、 ピンの根元は見えないが、SWでピン手前3m程につけて2パットの 4 。



3H 132Y

171207 3H

ピンはやや右のかなり奥、フォローの風だ。

7鉄で右にすっぽ抜けて斜面を落ち、右の排水溝の手前のラフへ。

ピンまで69Y、PWでピン手前5mくらいにつけるも、1stパットを1m程オーバーしてしまった。

しかし、ここから入れて 4 。



4H 113Y

171207 4H

ピンは中央やや右の手前、風はフォローだ。

PWで引っ掛けてしまい、左手前の木に当たってピンの左奥10m少々の所に乗った。

しかし、ここからは下りのパットで、1stパットを3m程もショートしてしまい、2ndパットも入れられずに 4 。



5H 142Y

171207 5H

ピンはほぼ中央の一番奥、風は定かでない。

7鉄で酷くダフってしまい、辛うじて擂り鉢を越えたかと思ったが、行ってみたらグリーン右の、ピン右手前10〜12mくらいに乗っていた。

1stパットをピン左に2mくらい残してしまい、これを入れられずに3パットの 4 。



6H 231Y

171207 6H

ピンは右手前、明らかにアゲインストだ。

6鉄で打ったが、大きく右にフケて122Yの赤旗より20Yくらい手前の、カート路左の枯れたラフに行った。

2打目は7鉄でFW中央の、バンカー手前の階段の横に行った。

ここからPWでアプローチしたが、ピンを2m少々オーバー、2パットの 5 。




7H 157Y

171207 7H

ピンはほぼ中央の一番奥、風はアゲインストの筈だ。

6鉄ではとても届かないので3UTをやや被せて打ったが、左に出てハザードは明らかに越えたのだが、ボールは発見できない。

ロストボールとして、バンカー左手前からSWで上げ、ピン左手前6m程につけたが、2パットの 5 。




8H 151Y

171207 8H

ピンはやや右の手前、アゲインストの筈だ。

6鉄のハーフトップという感じで、FW中央のバンカー横に転がった。

PWのピッチ&ランでピン左奥2mくらいにつけたが、これを入れられず 4 。




9H 149Y

171207 9H

ピンは左奥、明らかにアゲインストだ。

6鉄で引っ掛け、バンカー左の枯れたラフへ。

9鉄で転がすも、ピン手前3m弱に止まってしまった。

ここから2パットの 4 。




前回と同じ 37 (20パット)。。。


トリプルボギー以上を叩かなかったのが良かった。


1989〜1996年の平均ストロークが 37.32 なので、それ以下なら良しとしよう。








2017年11月24日 (金) | 編集 |

第1章 つぶ鹿の挑戦

11月21日、自分と母親の相続税の申告と納税を済ませた。

申告期限まで1ヶ月少々で、薄氷を踏む思いだった  ( ;´Д`)



父親が他界した2月の終わりから、つぶ鹿は全てを犠牲にして全手続きを自力でやって来た。


2年前に、このまま相続が発生したら大変な事になる、と気付き勉強して来たので、分からない事に直面して往生する、という事はなかった。


当初は、不動産の手続きと相続税の申告は到底素人の自分には出来そうも無いので、専門家に頼もうと思っていた。


だからといって、自分の知らない所で物事が進むのは嫌だ。


多少なりとも理解しておかねば、と調べて行くうちに、

「自分で出来るんじゃあるまいか?」と思い始めた。


情報は全てネットから入手できた。




第2章 つぶ鹿の選択

7月の終わり、土地と家屋の名義を母親に変える手続きに忙殺されていた頃、10月半ばの恩師の祝いの会の誘いがあった。


会いたい人も居て、その人からの

「会えるのを楽しみにしている」

というSMSだった。



つぶ鹿は4年前の会に行かなかったので


「会えるのを楽しみにしている」というのは

「会いたいから来て欲しい」とも受け取れるが、ただの社交辞令のようにも見える。

        ( ´゚д゚`)


心房細動を抱えるつぶ鹿はアルコールの出る場所に行くのは危険だし、発作を起こしたら周囲に迷惑をかける。


お調子者のM沢A彦は、「俺たちに看取られて死ぬのなら w ( 略 」などと言う。


しかし、その場でなくとも命を落としたら大変な事になる。

        (-_-;)


相続人が相続税の申告前に死亡した場合、「相続人の相続人」が最初の相続の申告期限までに申告と納税をしなければならない。

申告期限は祝いの会の2ヶ月後に迫っていた。

それに続いて次の相続の申告も控えている事になる。


つぶ鹿の相続人は連れ合いだけだが、日頃から「自分には何も分からない」と他人事のように云っていて、何も出来ない事は明らかだった。


全ての情報と金融資産はつぶ鹿が預かっていたので、他の誰もこれを持ち出せない事も確かだった。


つぶ鹿とほぼ同年齢だった伯父が出先で心筋梗塞を起こして他界していた事もあり、無事に申告を済ませるまでは間違っても死ぬわけにはいかないのだ。



祝いの会に行かなければ、会いたい人にも永久に会えないであろう事は分かっていたが、つぶ鹿は行かない事にした。




「行かない」ではなくて、「行けない」なのだ 

        (´;ω;`) ブワッ




祝いの会の4日後、つぶ鹿はその人にTELして

「2次会に来るかと思った」と聞いた時

あのSMSは社交辞令などではなかった、と悟ったが

もう手遅れだった。。。 (T_T) 




携帯の時代になって、昔の真知子と春樹のようなすれ違いは

最早なくなるかと思われたが、

これも一種のすれ違いだったのか・・・



    보고싶었어!






第3章 つぶ鹿、泥沼に踏み込む?

8月10日に複雑極まる法務局の手続きを終えた時、
つぶ鹿は妙な自信を持ってしまった。


これなら相続税の申告も出来るのではないか?


期限までに申告を済ませないと、無申告加算税と延滞税で少なくとも22.8%かかってしまう。


たとえ誤りがあったとしても、申告と納税を済ませないといけないのだ。


税務署から指摘されて修正申告した場合は、隠し財産があるわけではないので不足分の延滞税2.8〜3%程度で済むようだ。


実際に申告書を書いてみると、頭の中を数字が飛び交って、時々訳が分からなくなるが、どうにか書き上げて無事提出した。

         (・∀・)




第4章 つぶ鹿、燃え尽きたか?

今は何もやる気がしない。


鏡に写るムンクの「叫び」のようにやつれた自分の姿を見るにつけ、

我ながら良くやったものだ、と思う。


あのバイタリティが他のところで発揮できない、というのは
いかにもヘタレなつぶ鹿らしい